ニュース

NVIDIA、GPU Boostに対応したノート向けGPU「GeForce 700M」シリーズ

〜前世代から最大で2倍の性能向上

GeForce GT 750M
4月1日 発表

 米NVIDIAは1日(現地時間)、ノート向けGPU「GeForce 700M」シリーズを発表した。

各製品の性能比較

 今回の発表に先立ち、GeForce 710MとGT 730MについてはGame Developers Conference 2013で情報が公開されているが、これも含めると、GeForce 700Mシリーズは、710M、GT 720M、GT 730M、GT 735M、GT 740M、GT 745M、GT 750Mの7製品がある。このうち、710Mと720Mは28nmプロセスのFermiアーキテクチャで、730Mより上の製品はすべて28nm Keplerアーキテクチャとなる。

 700Mシリーズ全てに共通する特徴は、GPU Boost 2.0に対応した点で、ノート向けにもBoost機能が初めて搭載された。機能はデスクトップ向けとほぼ同じで、筐体のTDP/温度に余裕がある場合は、GPUをオーバークロックする。ノートPCの熱設計は製品毎に異なるため、NVIDIAでは各メーカーと協業し、製品毎にBoostの最適化を行なっている。Boostによる性能向上は最大で15%程度という。また、Optimusにも対応する。

 前世代の同クラス製品との性能比較は、750Mが650Mに対して50%、745Mが645Mに対して75%、740Mが640Mに対して40%、735Mと730Mは635Mと630Mに対して100%、720Mは620Mに対して25%高速化されているという。

 なお、スペック上はGT 740MがGT 750Mが上回っているが、GT 740Mは基本的に64bitのメモリを搭載し、128bitについては低速なメモリと組み合わされるため、総合的にはGT 750Mの方がGT 740Mよりも高性能になるという。

 搭載製品については、740M搭載機がASUS、Lenovoからワールドワイドで即日出荷開始される。

各製品の主な仕様
GeForce GT 750M GT 745M GT 740M GT 735M GT 730M GT 720M 710M
アーキテクチャ Kepler Kepler Kepler Kepler Kepler Fermi Fermi
SP数 384 384 384 384 384 96 96
最大ベースクロック 967MHz 837MHz 980MHz 889MHz 719MHz 938MHz 800MHz
メモリ 2GB DDR3/GDDR5 2GB DDR3/GDDR5 2GB DDR3/GDDR5 2GB DDR3 2GB DDR3 2GB DDR3 2GB DDR3
メモリクロック 2,500MHz 2,500MHz 2,500MHz 1,000MHz 1,000MHz 900MHz 900MHz
メモリ幅 128bit 128bit 128bit 64bit 64bit 64bit 64bit

【お詫びと訂正】初出時にGT 740Mのメモリ幅を64bitとしておりましたが、128bitに対応いたします。お詫びして訂正させて頂きます

(若杉 紀彦)