ニュース

パナソニック、4K対応の20型IPS液晶搭載Windowsタブレット

〜アスペクト比3:2の3,840×2,560ドット表示

「4K Tablet」
1月8日(現地時間) 発表

 パナソニック株式会社は、米ラスベガスで開催中の2013 International CESにおいて、20型4K IPSα液晶を搭載したタブレット「4K Tablet」の開発を発表した。

 液晶ディスプレイの解像度は3,840×2,560ドットで、画素密度は230dpi。アスペクト比は15:10(3:2)とすることで、A3サイズの紙面をほぼそのままのサイズで表示できるほか、新聞/雑誌、写真などのコンテンツの表示に適しているとしている。視野角は176度。sRGB色域を100%カバーする。

 10点マルチタッチに対応するほか、画面解像度と同等の入力解像度を持つペン入力も可能。高精細デジタルペンにより、“手書きと同じような感覚で画面上にデータを書き込むことが可能”としている。

 主な仕様は、CPUがCore i5-3427U(1.8GHz)、メモリ4GB、SSD 128GB、Windows 8 Pro。発表資料に型番の記載はないが、NVIDIAのGPUも搭載している。インターフェイスはUSB 2.0、microSDカードスロット、1,280×720ドット対応Webカメラ、IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0。

 バッテリ駆動時間は約2時間。本体サイズは474.5×334×10.8mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約2.4kg。

 2013 International CESではパナソニックの基調講演が行なわれており、本製品についての詳細も追ってお伝えする。

(多和田 新也)