ニュース

2012年上半期のタブレット出荷台数は過去最高の193万台、MM総研調べ

〜今後は8型未満のタブレットが市場底上げと予測

12月5日発表

 株式会社MM総研は5日、2012年度上半期(2012年4月〜9月)の国内タブレット端末の出荷状況を発表した。これによると、出荷台数は前年同期比82.1%増の193万台となった。

 OS別出荷台数ではiOSが118万台/シェア61.1%、Androidが75万台/シェア38.9%。Androidのメーカー別内訳は、富士通が22.2万台/シェア11.5%、NECが14.1万台/シェア7.3%、日本エイサーが6.6万台/シェア3.4%、ソニーが6.3万台/シェア3.3%。

 ちなみに、今回の調査ではiOSやAndroidを搭載したタブレット端末を調査対象としており、Windowsを搭載したスレートPCなどは対象となっていないが、Windows 8の登場を受け、2012年下半期の調査からは出荷台数調査に含めるとしている。

2012年度上半期タブレット端末のメーカー別出荷シェア(出典:MM総研)

 インターネットへの接続別の調査では、Wi-Fi接続が102万台/シェア52.8%、3GやLTEなどのキャリア通信回線接続が91万台/シェア47.2%となった。

 画面サイズ別では、8型以上が172万台/シェア89.1%、8型未満が21万台/シェア10.9%。

 MM総研では、「Nexus 7」、「iPad mini」、「Kindle Fire」、「Kindle Fire HD」といった製品の影響で、2012年度下半期からは8型未満が今後のタブレット市場の底上げに貢献すると予測。さらに、2012年通期のタブレット端末出荷台数を前年比61.9%増の450万台になると予測している。

(多和田 新也)