ニュース

キヤノン、10枚ADF付きのポータブルドキュメントスキャナ

〜オプションでバッテリ駆動、Android/iOS対応可能

imageFORMULA DR-P208
12月中旬 発売
価格:オープンプライス

imageFORMULA DR-P208

 キヤノンは、10枚ADF付きのポータブルドキュメントスキャナ「imageFORMULA DR-P208」を12月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円台半ばの見込み。対応OSはWindowsおよびMac OS X。

 本体サイズが312×55.5×40mm(幅×奥行き×高さ)、重量が約600gと小型軽量で持ち運びが可能ながら、1パスで両面のスキャン、および10枚のADF機能を備えたドキュメントスキャナ。少量のスキャンを行なう家庭向けとしている。

 スキャンは付属の「Capture OnTouch」ソフトウェアを通して行ない、カラー/白黒自動検知、白紙スキップ、文字強調、エッジ強調、モアレ除去、裏写り/地色除去、文字向き検知、影消し機能などの機能が利用できる。従来から新たに斜行補正機能(中身または外形で補正)と、階調をできるだけ維持し、黒つぶれや白飛びを抑える「写真モード」が追加された。

 またユニークな独自機能として、本体のスイッチで切り替えることで、スキャナ内蔵メモリから起動する「Capture OnTouch Lite」を利用したスキャンが可能。スキャン領域設定などの一部機能が制限されるものの、PCにドライバとソフトウェアをインストールすることなくスキャンできる。

 主な仕様は、センサーがCIS、最大解像度が600dpi、光源がLED、スキャン速度がモノクロ/カラーともに8ppm/16ipm(200dpi時)、対応用紙が最大A4。インターフェイスはUSB 2.0で、ドライバはISISおよびTWAINに対応する。

WU10接続時

 オプションで、バッテリを内蔵したWi-Fi対応のスキャナデバイスサーバー「WU10」を用意。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前半の見込み。

 同ユニットを接続することでバッテリによる駆動に加え、無線LAN接続によるAndroid/iOS端末の利用も可能となる。Android/iOS向けには専用スキャンアプリ「CaptureOnTouch Mobile」を無償で提供。コクヨのスマートフォン専用アプリ「CamiApp」と連携し、手書きメモやルーズリーフの取り込み、各種クラウドサービスへのアップロードなどが行なえる。

 無線LANはIEEE 802.11b/g/nで、通信速度は最大300Mbps。簡易セキュリティ設定のWPSをサポートし、アクセスポイントとして動作するモードと、既存ネットワークに参加するモードを備える。旧機種の「DR-150/P-150」、「DR-P215/P-215」でも利用可能。

 Windows/Mac用の無線接続ユーティリティが付属。本体サイズは125×71×31.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約125g。連続駆動時間は約50分。バッテリはキヤノン製デジタルカメラでも利用されている「LP-E10」を利用する。

(劉 尭)