ニュース

シャープ、Qualcommと資本提携

〜次世代ディスプレイ技術開発契約を締結

 シャープ株式会社は4日、米Qualcommとの資本提携を行なったと発表した。この提携により、Qualcommを割当先とした第三者割当による新株式発行を実施する。

 また、これに基づき、Qualcommの子会社であるPixtronixと、MEMSディスプレイの共同開発を行なう。MEMSディスプレイは、微細な加工技術を利用したディスプレイで、色再現性に優れ、低消費電力が低く、既存の生産インフラを効率的に活用できる。シャープのIGZO技術を組み合わせることで、MEMSディスプレイの実用化を目指す。

 共同開発推進のため、シャープはQualcommから最大約99億円の出資を受け入れる。

 なお、この資本提携の話は、4日午前にいくつかの報道がなされていたが、シャープでは「当社が公表したものではない」との声明を出していた。

(若杉 紀彦)