ニュース

ジャストシステム、書き手に発想のヒントを与えるツール”感太”を搭載した「一太郎2013 玄」

〜Windows 8対応のATOK 2013プレビュー版を本日公開

ジャストシステム代表取締役社長の福良伴昭氏と一太郎2013 玄、ATOK 2013 for Windows
2013年2月8日 発売
価格:オープンプライス

 株式会社ジャストシステムは、日本語ワープロの一太郎および日本語入力システムのATOKの新製品として、「一太郎2013 玄(げん)」および「ATOK 2013 for Windows」を、2013年2月8日に発売する。

一太郎2013玄およびATOK 2013 for Windows
ジャストシステム コンシューマ事業部企画部の大野統己氏

 ジャストシステム コンシューマ事業部企画部の大野統己氏は、「一太郎2013 玄は、文書コンテンツを1人で制作し、発信していくにはなにが求められるのか。そこから開発をしたソフトウェア。電子書籍の立ち上がりにあわせて、一太郎は形を変えていくことになる。日本語ワープロの域を出て、より多くの電子著書の出版を支援するツールになる」と位置づけた。

 一太郎2013 玄では、新たなツールとして「感太」を搭載しているのが特徴だ。

 感太は、ジャストシステム独自の日本語形態素解析技術により、文章の内容を判断し、一太郎の画面上に、約2,000種類の季節や時間帯に応じた言葉と、写真、イラストを組み合わせたカードを一定の周期で切り替えて自動提示。これにより、書き手が、文書作成におけるヒントや、新たな発想を得ることを支援できるという。さらに、感太で表示される写真は、文書に挿入でき、電子書籍の表紙や挿絵としても利用できるという。

 また、電子書籍フォーマット「EPUB 3」のリフロー型出力に加えて、固定レイアウト型の保存にも対応。「2種類の出力方法を選べるようにしたことで、電子書籍を製作する多くのユーザーをカバーできる。個人向け電子書籍作成環境のデファクトスタンダードを目指す」(同)とした。

 新たな一太郎では、KindleのKDPにも対応。さらに、2013年春には、Kindle向けの新機能を提供する予定だという。

 そのほか、複数の写真を選んで、レイアウトパターンを選択するだけで写真を一括配置する「写真まとめてレイアウト」機能や、マウス操作による写真のトリミング機能などを搭載。また、校正結果を色分けして表示したり、指摘内容を一覧できる機能を搭載するなど、用途にあった校正機能の設定を行なえるように文書校正機能を強化している。

一太郎2013 玄の開発コンセプト
入力、編集、出力といった点でさまざまなツールを活用する
感太は画面の右上に表示。約2,000種類の季節や時間帯に応じた言葉と写真などが表示される
秀英体フォントを採用しており見やすさを向上させた
校正支援機能を強化している
現行の一太郎からの電子書籍対応で新たなユーザー層が増えたという
固定レイアウトによるEPUB出力に対応
一太郎2013 玄で製作した電子書籍の例

 なお、「玄」の名称については、「優れた作品は、言葉では言い尽くせない情緒や趣を持つとして幽玄の境地と表されるが、一太郎2013 玄では、書き手の発想を支援し、感性を刺激する機能を搭載しており、新鮮な気持ちで言葉に向かい合い、言葉の背景に思いを馳せることで、より洗練された文書作成が行なえるようにするという狙いからネーミングしたもの」としている。

 一太郎2013 玄は、標準版(希望小売価格21,000円)のほか、統合グラフィックソフト「花子2013」、読み上げソフト「詠太3」、国語辞書「デジタル大辞泉 for ATOK」、活字書体「秀英体」を搭載した「プレミアム」(同26,500円)と、音声認識ソフト「ドラゴンスピーチ11J」を同梱した「スーパープレミアム」(同34,650円)を用意している。

 また、「花子2013」の希望小売価格は10,290円、「JUST PDF 3[作成・高度編集]」と「JUST PDF 3[作成・データ変換]」の希望小売価格は11,580円。

 なお、一太郎2013 玄の発売記念キャンペーンを実施。購入者を対象に抽選で1,000人に「四季を感じる一太郎グッズ」をプレゼントする。

一太郎2013 玄のラインアップ
一太郎2013 玄のプレミアムモデルに搭載される電子辞書
一太郎2013 玄の発売記念キャンペーン

SNS向けにも最適化しWindows 8対応となったATOK 2013

ジャストシステム コンシューマ事業部企画部の井内有美氏

 一方、ATOK 2013 for Windowsは、Windows 8に完全対応し、Windowsストアアプリ上でも、快適に入力できるようにした点が特徴だとする。

 デスクップ上で動作するアプリケーションと、Windowsストアアプリのアプリケーションにおいて、学習履歴やユーザー辞書、環境設定が共有できるほか、Windows 8のタッチキーボードでの入力にも対応。「キーボードと候補の表示部分を近くし、候補を選びやすくするとともに、スマートフォンでの操作のようにテンポよく入力できるように工夫した」(ジャストシステム コンシューマ事業部企画部の井内有美氏)という。

 また、SNSの広がりにあわせて、これまで重視してきた複数文節での入力支援だけでなく、キーワード単位や、単文節単位での入力や、「見たぁ?」といったような身近な友人宛や、書き込みなどに使用する言葉の入力にも最適化するといった変換機能を強化。確定した同音語の誤りについても訂正候補を表示するフィードバック変換といった操作性の向上や、変換エンジンの強化も図っているという。

 さらにタッチキーボード入力、音声入力機能にも対応した。

 「ATOKは、スマートフォン向けの販売が好調で、2011年度はPC向けの1.6倍の販売本数となっている。Android版、iOS版向けで培ってきたタッチ入力のノウハウを活用し、どんなデバイスでも違和感なく操作できるユーザビリティを実現した」(同)という。

 また、ATOK向けのクラウドサービスとして、複数環境のユーザー辞書を同期する「ATOK Sync アドバンス」、日々生まれる新たな言葉をタイムリーに候補として配信する「ATOKキーワードExpress」に加えて、新たにクラウド上にある最新の大型辞書を利用できる「ATOKクラウド辞典サービス」を提供する。

 ATOK 2013 for Windowsは、標準版となるベーシック通常版(希望小売価格8,400円)、ATOK登録ユーザーを対象としたベーシックAAA優待版およびベーシックアカデミック版(いずれも希望小売価格は5,250円)のほか、変換中の言葉をリアルタイム翻訳できる8カ国語クラウド翻訳変換 for ATOKなどを利用できるプレミアム通常版(同12,600円)、プレミアムAAA優待版(9,450円)、プレミアム優待版(同9,870円)を用意。また、ATOK連携電子辞書・辞典機能を強化したオールインワンパックAAA優待版(同18,900円)や、ドラゴンスピーチ11JとセットにしたATOK音声入力セット 2013[ベーシック] AAA優待版(同16,590円)、同プレミアムAAA優待版(同20,790円)もラインアップする。

 また、ATOK 2013 for Windowsの発売に先駆けて、同製品のプレビュー版を今日から公開する。ATOK.comにおいて、無償でダウンロードでき、2013年2月7日まで利用が可能となっている。

 さらにプレビュー版をダウンロードしたユーザーを対象に、その後製品版を購入し、ユーザー登録すると、抽選で333人に3,000円分のギフトカードをプレゼントする「想像以上にタッチな日本語入力キャンペーン」も実施する。また、製品版購入者の中からタッチPCが当たる発売記念キャンペーンも行なう。

ATOK 2013 for WindowsはWindows 8に完全対応
キーボードと候補の表示部分を近くし、候補を選びやすくする
「見たぁ?」といったような身近な友人宛や、書き込みなどに使用する言葉の入力にも最適化
短いテキスト入力にも対応。入力効率を下げる打鍵ミスをカバーする
入力確定後の補正を行なう機能も搭載
単文節ごとの入力時にも校正支援を行なう
ATOK 2013 for Windowsはプレビュー版を無償公開する
ATOK 2013 for Windowsの発売記念キャンペーン

 ジャストシステムの福良伴昭社長は、「一太郎2013 玄は、新たな体験によって、新鮮な驚きを感じてもらえる製品。実際に使ってもらうことで、これまでに経験したことがない感覚を味わってもらえる。きっと喜んでもらえる、強力で魅力的な製品を提供できるだろう。また、ATOK 2013は、日本語入力が必要されるあらゆる場面において、誰でも使えて、最も身近で、最善の環境を提供できるものになる」としたほか、「ジャストシステムは、2012年度上期業績において、上場以来最高の営業利益、経常利益、当期純利益を達成した。今後も新たな製品、サービスによって事業を拡大していく」とした。

 なお、Windows 8環境において、サードパーティー製IMEの機能において、自由度が制限させていることに関しても言及。「Windows 8に関するガイドラインが厳しく、Android版に比べて提案しきれていない部分がある。もっと自由にやりたいと考えていた。マイクロソフトと情報を交換し、今後の対応を期待している」(井内有美氏)と語った。

 また、Windows RTへの対応については、「Windows RTでは、サードパーティーのIMEへの切り替えを認めていないこともあり、ATOKは動作しない。ジャストシステムとしては提供していきたいと考えている」(井内有美氏)などとした。

(大河原 克行)