東芝、最大容量3TBの3.5インチHDD

DT01ACAシリーズ

8月下旬 量産開始



 株式会社東芝は、最大容量3TBを実現した3.5インチHDD「DT01A」シリーズ12機種を8月下旬より量産開始する。

 米国Western Digitalから買収した製造設備などの資産を活用して製品化したもの。容量は1.5TB/2TB/3TBの3種類を用意し、回転速度は7,200rpm(1.5TB/2TB/3TB)および5,700rpm(1.5TB/2TB)/5,940rpm(3TB)の3モデル、それぞれデスクトップPC向けとHDDレコーダ向けの2ラインナップで展開される。各モデルの仕様は下表の通り。

【表】各モデルの仕様

用途 回転数 バッファ容量 容量 読み書き時消費電力 アイドル時消費電力 シーク時騒音 アイドル時騒音
DT01ACA300 デスクトップ 7,200rpm 64MiB 3TB 6.4W 5.2W 28dB 27dB
DT01ACA200 2TB
DT01ACA150 1.5TB 5.8W 4.4W 26dB 25dB
DT01ABA300 5,940rpm 32MiB 3TB 5.4W 4.2W 25dB 24dB
DT01ABA200 5,700rpm 2TB 4.7W 3.3W 24dB 22dB
DT01ABA150 1.5TB
DT01ACA300V HDDレコーダ 7,200rpm 64MiB 3TB 6.4W 5.2W 28dB 27dB
DT01ACA200V 2TB
DT01ACA150V 1.5TB 5.8W 4.4W 26dB 25dB
DT01ABA300V 5,940rpm 32MiB 3TB 5.4W 4.2W - 24dB
DT01ABA200V 5,700rpm 2TB 4.7W 3.3W - 22dB
DT01ABA150V 1.5TB -

 このうち7,200rpm回転モデルでは、より静かにシークを行なう「静音シークモード」を搭載。3TBモデルでは約1dB、1.5TB/2TBモデルでは約2dB通常モードより騒音を低減できる。また、待機時に自動的に回転数を落とす機能をオプションで設定でき、一例としてDT01ACA300では消費電力を通常回転時の5.2Wから2.4Wまで約54%低減できる。

 インターフェイスはSATA 6Gbps。本体サイズは101.6×147×26.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は最大680g。

(2012年 8月 8日)

[Reported by 劉 尭]