日本エイサー、日本初のWUXGA対応10.1型Androidタブレット

「ICONIA TAB A700」

7月20日 発売
価格:オープンプライス



 日本エイサー株式会社は、日本初となる1,920×1,200ドット(WUXGA)表示に対応する10.1型液晶を装備したAndroidタブレット「ICONIA TAB A700」を7月20日より発売する。

 10.1型ながらWUXGA対応という高精細な液晶を搭載するAndroidタブレット。タブレットとしてドルビーデジタルプラスに対応する点でも日本初であり、同社では、持ち運べるホームシアターと銘打っている。ストレージ容量の違いで2モデル用意され、店頭予想価格は16GBモデル(本体色シルバー)が44,800円前後、32GBモデル(同ブラック)が47,800円前後。

 そのほかの主な仕様は、Tegra 3(クアッドコア1.3GHz)、メモリ1GB、Android 4.0を搭載。インターフェイスは、MicroUSB、MicroHDMI、microSDカードスロット、100万画素前面カメラ、500万画素背面カメラ、ヘッドフォン端子、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDRなどを装備。センサー類は、照度センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス、GPSを備える。

 バッテリ容量は9,800mAhで、バッテリ駆動時間は動画再生時が約11時間、Web閲覧時が約8時間。本体サイズは約260×175×10.95mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約665g。

シルバー(16GB)背面 ブラック(32GB)背面 上面
下面 右側面 左側面

(2012年 7月 11日)

[Reported by 若杉 紀彦]