富士通、液晶着脱式のWindowsハイブリッドタブレット
〜タブレット部はペンと指タッチの両対応

「STYLISTIC Q702/F」

7月10日 発表



 富士通株式会社は、Windows 7を搭載する液晶着脱式の11.6型ハイブリッドタブレット「STYLISTIC Q702/F」を9月より発売する。

 一般のクラムシェルノートPC形式と、液晶部を取り外してのタブレット形式の両方で使えるモバイル製品。法人向けとなっており、セールスや、在庫管理、医療現場などでタブレットとして用い、社内などではノートPCスタイルで利用するといった用途を想定している。液晶には静電容量方式タッチパネルと電磁誘導式センサーを内蔵し、指とペンのいずれでも操作できる。また、標準で指紋センサーを内蔵し、BTOでセキュリティチップや暗号化対応フラッシュストレージも搭載可能。

 主な仕様は、Core i5-3427U(1.8GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、SSD 64/128GB、1,366×768ドット表示対応11.6型液晶ディスプレイ、Intel QM77 Expressチップセット、Windows 7 Professional(32/64bit選択)を搭載。

 インターフェイスは、USB 3.0、USB 2.0×3(うち2つはキーボード側)、SDカードスロット、Gigabit Ethernet(キーボード側)、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、指紋センサー、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン(キーボード側)、92万画素前面カメラ、500万画素背面カメラ、音声入出力などを装備。

 バッテリ駆動時間は、タブレット単体で約4.2時間、キーボード装着時で約9.5時間。本体サイズは302×195×12.7mm(タブレット部のみ)、重量はタブレットのみが約850g、キーボード込みが約1.75kg。

タブレット部 ドッキング時 閉じたところ

(2012年 7月 10日)

[Reported by 若杉 紀彦]