レノボ、第3世代Core対応の「ThinkPad」新モデル

ThinkPad T430

6月5日 発表



 レノボ・ジャパン株式会社は5日、ノートPC「ThinkPad」シリーズの新モデルを発表した。いずれもIntelの第3世代Coreプロセッサー・ファミリーに対応する。

 大きなトピックとして、全シリーズが6列キーボードを搭載。キートップが従来よりも約3割広く、隣のキーとの隙間は約5倍というアイソレーションタイプの採用でタイプミスを低減するという。このほか、空流を約3割増やしつつ埃の侵入を最小限に減らしたという第6世代フクロウファンや、高速起動技術の新版などの新機能が多数盛り込まれている。詳細は笠原氏のコラムに詳しいので参照いただきたい。

●ThinkPad T430/530

 2スピンドルプレミアムのThinkPad Tシリーズは、14型の「T430」、15.6型の「T530」を発売。チップセットはIntel QM77 Expressになり、第3世代Coreプロセッサー・ファミリーに対応。型番末尾に「i」の付くモデルは第2世代を搭載する。

 T430の一例として、Core i5-3320M(2.60GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、HDD 320GB、DVDスーパーマルチドライブ、1,366×768ドット表示対応14型ワイド液晶、Windows 7 Professional(SP1、64bit)の構成の価格は145,000円前後。

 T530の価格は、Core i5-3320M、メモリ2GB、HDD 320GB、DVDスーパーマルチドライブ、1,600×900ドット表示対応15.6型ワイド液晶、Windows 7 Professional(SP1、64bit)などの構成で、156,000円前後。

●ThinkPad X230/同 Tablet

 12.5型モバイルのThinkPad Xシリーズは、「X230」、「X230 Tablet」を発売。チップセットはIntel QM77 Expressになり、第3世代Coreプロセッサー・ファミリーに対応。型番末尾に「i」の付くモデルは第2世代を搭載する。

 X230の一例として、Core i5-3320M、メモリ2GB、HDD 320GB、1,366×768ドット表示対応12.5型ワイド液晶、Windows 7 Professionalの構成の価格は170,000円前後。

 X230 Tabletは、Core i5-3320M、メモリ4GB、HDD 320GB、1,366×768ドット表示対応マルチタッチ12.5型ワイド液晶、Windows 7 Professionalの構成で、191,000円前後。

ThinkPad X230 ThinkPad X230 Tablet

●ThinkPad W530
ThinkPad W530

 モバイルワークステーションのThinkPad Wシリーズは、「W530」を発売。

 Core i7-3610QM(2.30GHz)、メモリ4GB、SSD 180GB、Intel QM77 Expressチップセット、Quadro K2000M(2GB、NVIDIA Optimus対応)、DVDスーパーマルチドライブ、1,600×900ドット表示対応15.6型ワイド液晶、Windows 7 Professionalを搭載し、価格は305,000円前後。

●ThinkPad L430/530

 メインストリームのThinkPad Lシリーズは、14型の「L430」、15.6型の「L530」を発売。こちらはvPro非対応のIntel HM76 Expressチップセットを採用。CPUはCeleronとCoreシリーズで、上位モデルが第3世代を搭載する。

 L430のIvy Bridge搭載モデルは、一例としてCore i5-3320M、メモリ2GB、HDD 320GB、DVDスーパーマルチドライブ、1,366×768ドット表示対応14型ワイド液晶、Windows 7 Professionalを搭載し、価格は107,000円前後。

 L530は、Core i5-3210M(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、HDD 320GB、DVDスーパーマルチドライブ、1,366×768ドット表示対応15.6型ワイド液晶、Windows 7 Professionalなどの構成で、価格は98,000円前後。

ThinkPad L430 ThinkPad L530

(2012年 6月 5日)

[Reported by 山田 幸治]