マッドキャッツ、15ボタンのハイエンドマウスなど

Cyborg M.M.O. 7 Gaming Mouse

3月9日 発売
価格:12,800円〜14,800円



 マッドキャッツ株式会社は、ハイエンドの有線ゲーミングマウス「Cyborg M.M.O. 7 Gaming Mouse」と、無線ゲーミングマウス「Cyborg R.A.T 9 Gaming Mouse」を3月9日に発売する。価格は前者が12,800、後者が14,800円。対応OSはWindows XP/Vista/7、およびMac OS X。

●Cyborg M.M.O. 7 Gaming Mouse

 Cyborg M.M.O. 7 Gaming Mouseは、MMO(Massively Multiplayer Online)ゲームに特化したゲーミングマウスで、13個のカスタマイズ可能なボタンを搭載する。6つのモードにより、最大78個の機能を割り当てられる。新搭載の「5Dボタン」は、上下左右の押し込み操作により、5つの機能割り当てが可能。

 本体の長さや高さはネジにより、重さは付属のウェイト(6g×5)により調節可能。また、左右ボタンの長押しを簡略化する2つのアクションロックボタンを備える。センサーは“ツイン アイ”レーザーセンサーを採用し、最大6m/secの対スピード性能を備える。解像度は25dpiから6,400dpiの間で25dpiずつ調節可能となっている。

 そのほかの仕様は、加速度が最大50G、ポーリングレートが最大1,000Hz。総ボタン数は15。PCとの接続インターフェイスはUSB。本体サイズは88.9×118.3×37.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は168g。ケーブル長は170cm。

●Cyborg R.A.T 9 Gaming Mouse
Cyborg R.A.T 9 Gaming Mouse

 Cyborg R.A.T 9 Gaming Mouseは2.4GHz帯無線を利用したワイヤレスゲーミングマウス。遅延がなく、ポーリングレート1,000Hzを実現する。専用バッテリが2個付属し、1つ使用中にワイヤレスレシーバでもう1つのバッテリを充電できる。

 センサーはM.M.O. 7と同様“ツイン アイ”レーザーセンサーを採用するが、対スピード性能は最大5.4mとなる。また省電力機能を搭載する。また、ボタン数が8個(カスタマイズ可能なボタンは6個)となり、モード数は3つまでとなっている。5Dボタンとアクションロックボタンの代わりに精密ターゲットボタンを備える。

 そのほかの仕様は、加速度が最大50G、解像度が25dpiから6,400dpiの間で25dpiずつ調節可能。レシーバのインターフェイスはUSB。本体サイズは88.9×118.3×37.5mm(同)、重量は166g。

 レシーバの本体サイズは68.2×60.7×64.5mm(同)、重量は87g。ケーブル長は150cm。充電後の最大連続使用時間はゲーム時で9時間、通常使用時で4日間。


(2012年 2月 24日)

[Reported by 劉 尭]