マウスコンピューター、名古屋ダイレクトショップをプレオープン
〜「2年以上かけて探した好立地に出店」と小松社長

大須の新天地通り沿いの立地。近くにはツクモやドスパラも出店。斜め向かいが第一アメ横ビル

12月17日 開店



 マウスコンピューターは、2011年12月17日午前10時に、名古屋市大須に、「マウスコンピューター名古屋ダイレクトショップ」をオープンする。

 それに先駆け、オープン前日となる16日午後2時〜午後6時までは店舗をプレオープン。マウスコンピューターの小松永門社長も店頭に立ち、スタッフとともに来店客を迎えた。

 マウスコンピューターのダイレクトショップは、これまで東京・秋葉原、大阪・日本橋、福岡・博多、埼玉・春日部に出店しており、今回の名古屋・大須への出店は5店舗目となる。

16日にプレオープンしたマウスコンピューター名古屋ダイレクトショップ マウスコンピューター名古屋ダイレクトショップの店内
マウスコンピューターの小松永門社長 マウスコンピューター名古屋ダイレクトショップの佐野友紀店長

 マウスコンピューターの小松永門社長は、「2年以上前から名古屋への出店を検討し、物件を探してきた。待った甲斐があり、すばらしい立地に出店することができた」と語る。

 名古屋ダイレクトショップは、名古屋・大須の新天地通り沿いの1階に位置し、斜め向かいには第一アメ横ビルがある。ツクモやドスパラといった店舗も近隣に出店しており、雨の日でも、アーケードを移動するだけでお互いの店舗を移動することもできる立地だ。お互いに相乗効果を出しやすい立地だともいえる。

 マウスコンピューター 店舗事業統括部の内田典之部長は、「当社サイトの地域別アクセス数では、東京、大阪に次いで名古屋が3番目に多い。名古屋のユーザーの方々から、ダイレクトショップを名古屋にも出店してほしいという声をずいぶんいただいていた」と語る。

 小松社長も「名古屋の方々に、直接、商品に触れていただく場ができたこと、近くに直営店があるということで、より安心してご購入いだたける環境ができる」と期待する。

 名古屋ダイレクトショップの売り場面積は72.6平方m。スタッフは5人体制とし、元日以外は営業。通常は午前11時〜午後8時までの営業としているが、オープン記念セールを行なう12月17、18日は午前10時〜午後7時までの営業となる。

 店内には、同社のノートPC、デクストップPC、タブレット端末などを展示。店頭BTOにも対応するほか、iiyamaブランドのディスプレイも展示している。また一部アクセサリーも展示しているが、「パーツなどについては近隣に多くの専門ショップがあるので、そこを利用してもらいたい」(小松社長)と、他のショップとの連携を図る姿勢もみせる。

ノートPC製品は全製品を展示している デスクトップPCは、店舗を入って右側に展示 G-TUNES MASTERPIECEシリーズも展示
Windows搭載版およびAndroid搭載版のLuvPadも触れる状態で展示されてある iiyamaコーナーではディスプレイを展示販売 アクセサリーも展示販売している
展示台の下にはカタログコーナー。下のポスターは前日入りした小松社長が自ら貼ったという 店の一番奥にあるレジコーナー。マウスコンピューターのロゴが入る

 店内は白を基調とした内装としているのもこれまでの同社ダイレクトショップにはないものだ。また展示台には奥行き90cmのものを採用し、縦長の店舗構成でありながらも、来店客が店内を動きやすいようにしながら、多くの製品を展示することができるようにした。これらは、社内に設置した名古屋ダイレクトショップ出店プロジェクトチームが中心になって考案したものだ。

 マウスコンピューター名古屋ダイレクトショップの佐野友紀店長は、「PCに詳しいユーザーやクリエイターなどに加え、女性や初心者、シニア層にも安心して来ていただける店づくりを目指す」と語り、「他のダレイクトショップでの女性比率は1割程度。その比率を上回る店舗にしたい。また、立地の良さを武器にして、大阪ダレイクトショップの売り上げを上回ることを目標にしたい」と意気込む。

 店内を明るい雰囲気にするとともに、ゆっくりとみてもらえる売り場を目指し、さらに、専門用語を使わないといった工夫を凝らすほか、今後は女性スタッフの増員も図っていきたいという。

 大須は、PCショップのほか、ファッション、グルメなどのショップが相次ぎ出店しており、大須商店街やOSU301、万松寺などを中心に、老若男女が集まる街となっているのが特徴。こうした大須ならではの特性を捉えて、女性やシニア層などの新たなPCユーザー層にもアプローチしていきたい考えだ。

 さらに、修理受付も同店舗で行なっており、1週間以内での修理が可能だという。

 佐野店長は、「PCに関してわからないことがあれば、いつでも気軽に来ていただける店舗にしていきたい。地元に受け入れられる店舗に育てたい」とする。

 また小松社長は、「PCの購入を検討している人は、ぜひ一度は来店していただきたい。マウスコンピューターでは、さまざまな用途にあわせた最適なPCを用意しており、それを国内で生産している。自分にぴったりのPCがきっと見つかるはず」と、東海地域のユーザーにメッセージを寄せた。

 なお、12月17日、18日の2日間は、新規オープンを記念して、セールを実施。17日には、Core i7-2670QMプロセッサを搭載したノートPCの「LB-D7042-EX」と、Core i7-960を搭載したデスクトップPCのLm-i908B-EXを、いずれも69,930円で、それぞれ10台限定で用意。18日には、マウスコンピューターオールインワンモデルを89,800円で、NEXTGEAR i550GA4-EXを99,750円で、それぞれ10台限定で用意する。

 そのほか、アウトレット再生品も限定で用意し、特価で販売する。

 また、オープンセール期間中のPC購入者には、先着でデジタルオーディオプレイヤーやマウスコンピューターオリジナルグッズのプレゼントを用意。来店プレゼントも先着で用意する。

オープン記念の特価商品を紹介したチラシ。アウトレットのお買い得も用意されている 12月17、18日は開店記念祭として特価品を用意
開店記念の目玉商品であるLB-D704S2-EX。限定10台を用意 店内にも開店記念の特価商品の価格を掲示

(2011年 12月 16日)

[Reported by 大河原 克行]