アップル、デュアルコアA5/iOS 5搭載の「iPhone 4S」を10月14日発売
〜キャリアはソフトバンクとKDDI

iPhone 4S

10月14日 発売



 アップルは、新OS「iOS 5」を搭載するスマートフォン「iPhone 4S」を10月7日より予約開始、10月14日より発売する。キャリアはこれまでソフトバンクモバイルのみだったが、今回はKDDI版も用意され、両社の販売店およびアップルストアで購入できる。ストレージ容量は16/32/64GBの3種類。

 基本的な外観は、製品名が示しているようにiPhone 4からほとんど変わっていないが、CPUがiPad 2で採用されたデュアルコアのA5になった。これにより、iPhone 4と比べ、CPU性能は2倍、グラフィック性能は7倍に向上したという。一方で、バッテリ駆動時間は従来とほぼ同じ性能を維持している。

 ハードウェア面でほかに大きく変わったのはカメラで、画素数が500万画素から800万画素に向上。また、画像エンジンも独自のものを新たに開発し、1.1秒での起動、0.5秒での撮影といった高速化を実現。動画についても1080pのフルHD撮影が可能となり、手ぶれ補正やノイズ削減機能を搭載する。前面カメラは従来と同じ30万画素。

 iOS 5の新機能としては、最新情報を一元的にチェックできる通知センター、iOS端末同士でインスタントメッセージングを行なうiMessage、PC不要の設定、Twitterとの統合などが挙げられる。なお、iOS 5は、第3/第4世代iPod touch、iPad、iPad 2、iPhone 3GS/4に対して無償アップデート提供される。

 また、iCloudにより、iTunesで購入した曲、撮影した写真、AppStoreで購入したアプリ、作成したドキュメント、連絡先やカレンダー情報などがクラウドに保存され、全てのiOS端末(写真はPC含む)で同期ができる。また、データのバックアップ機能も提供される。

 3GはUMTS/HSDPA/HSUPA(850/900/1,900/2,100MHz)、GSM/EDGE(850/900/1,800/1,900MHz)、CDMA EV-DO Rev. A(800/2,100MHz)に対応し、下りの最大速度はこれまでの7.2Mbpsから14.4Mbpsに向上した。

 本体サイズは58.6×9.3×115.2mm(幅×奥行き×高さ)と、iPhone 4と同じだが、重量は3g重くなり140gとなっている。本体色はブラックとホワイト。液晶は640×960ドット表示対応3.5型。

 このほか、IEEE 802.11b/g/n無線LANおよびBluetooth 4.0に対応。センサーは、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサーを装備。

 バッテリ駆動時間は、3G通話で最大8時間、3G Webブラウズで最大6時間、Wi-Fi Webブラウズで最大9時間、動画再生で最大10時間、音楽再生で最大40時間。

(2011年 10月 5日)

[Reported by 若杉 紀彦]