パナソニック、モバイルノート「Let'snote」秋冬モデル
〜S10ブラックに18時間駆動のSSD搭載15周年記念モデル

Let'snote S10 ブラック

9月9日より順次発売

価格:オープンプライス



 パナソニックは、モバイルノートPC「Let'snote」シリーズの2011年秋冬モデルを9月9日より順次発売する。価格はオープンプライス。

 今回の秋冬モデルは、CPUやメモリを強化。また、Let'snoteシリーズ15周年記念として、「S10」シリーズにSSDを標準搭載するモデルを用意した。

 周辺のネットワーク環境や、ユーザーが設定したプロファイルに従って自動的にネットワーク接続するユーティリティ「ネットセレクター3」を、9月29日より提供予定。有線/無線LAN、ワイヤレスWAN、WiMAXなどの接続先の優先順や、会社のIPアドレス/プロキシ/VPN/標準プリンタの設定などを管理できる。

●Let'snote S10
Let'snote S10 ブラック
Let'snote S10 シルバー

 12.1型/光学ドライブ搭載の「S10」シリーズは、夏モデルからCPUをCore i5-2540M vPro(2.60GHz、ビデオ機能内蔵)に強化した。

 15周年記念の「CF-S10EYTDR」は10月14日発売。店頭予想価格は23万円前後の見込み。

 128GBのSSDを標準搭載し、高速化や軽量化、長時間バッテリ駆動を実現。OSの起動は約12秒、重量はHDDの通常モデルより約40g軽い1.3kg、バッテリ駆動時間は通常モデルよりも約1.5時間長い約18時間となる。

 主な仕様は、Core i5-2540M vPro、メモリ4GB、SSD 128GB、Intel QM67 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,280×800ドット(WXGA)表示対応12.1型ワイド液晶、OSにWindows 7 Professional(64bit)を搭載。

 通常モデルは、シルバー/ブラックの2色と、Officeの有無で計4モデルを9月9日に発売。店頭予想価格は通常モデルが20万円前後、Office Home and Business 2010モデルが22.5万円前後の見込み。

 仕様はCF-S10EYTDRのSSDを、640GBのHDDにした構成。重量は約1.34kg。バッテリ駆動時間は約16.5時間。

 インターフェイスはUSB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Type2 PCカードスロット、SDXCカードスロット、音声入出力などを装備。TPMセキュリティチップを内蔵する。

 本体サイズは282.8×209.6×23.4〜38.7mm(幅×奥行き×高さ)。

 直販のマイレッツ倶楽部モデルは、Core i7-2620M vPro(2.70GHz)を搭載し、Bluetoothを標準装備。発売は9月22日予定(以下同)。プレミアムモデルはIntel未発表の上位CPU、メモリ8GB、Bluetoothを搭載するほか、ワイヤレスWANモデル、SSD 256GBモデルなどが用意される。Intel未発表CPU搭載モデルの発売は9月30日予定。

●Let'snote N10
Let'snote N10

 12.1型/光学ドライブ無しの「N10」シリーズは、S10と同様にCore i5-2540M vProに強化した。店頭モデル「CF-N10EYADR」の店頭予想価格は19万円前後の見込み。Officeモデルは無い。

 主な仕様は、Core i5-2540M vPro、メモリ4GB、HDD 640GB、Intel QM67 Expressチップセット、12.1型WXGA液晶、OSにWindows 7 Professional(64bit)を搭載。

 インターフェイスはUSB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Type2 PCカードスロット、SDXCカードスロット、音声入出力などを装備。TPMセキュリティチップを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は約16.5時間。本体サイズは282.8×209.6×23.4〜38.7mm(同)、重量は約1.28kg。

 直販モデルは、Core i7-2620M vPro、Bluetoothを搭載。プレミアムモデルでは、Intel未発表CPU、メモリ8GB、SSD 256GB、ワイヤレスWANを搭載する。

●Let'snote B10
Let'snote B10

 15.6型の「B10」シリーズは、CPUをCore i5-2540M vProに強化したほか、新たにUSB 3.0ポートを追加した。

 店頭予想価格は、通常モデル「CF-B10EWADR」が17.5万円前後、Office Home and Business 2010搭載モデル「CF-B10EWHDR」が20万円前後の見込み。

 主な仕様は、Core i5-2540M vPro、メモリ4GB、HDD 640GB、Intel QM67 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応15.6型ワイド液晶、Windows 7 Professional(SP1、64bit)を搭載。

 インターフェイスはUSB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDXCカードスロット、音声入出力などを装備。TPMセキュリティチップを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は約6時間。本体サイズは370.8×229×31.4〜43.2mm(同)、重量は約1.88kg。

 直販モデルは、Blu-ray Discドライブ、Bluetoothを搭載。プレミアムモデルでは、BDドライブ/Bluetoothに加え、Intel未発表CPU、メモリ8GB、SSD 256GBを搭載する。

●Let'snote J10
Let'snote J10 ハイパフォーマンスモデル
Let'snote J10 スタンダードモデル

 10.1型の「J10」シリーズは、標準メモリを2GBから4GB(最大8GB)に、スタンダードモデルのCPUをCore i3-2330M(2.20GHz、ビデオ機能内蔵)に強化した。

 ハイパフォーマンスモデルは、Core i5-2410M(2.30GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、SSD 128GB、Intel HM65 Expressチップセット、1,366×768ドット表示対応10.1型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、64bit)を搭載。約12.5時間駆動のバッテリーパック(L)が付属する。

 店頭予想価格は18万円前後、Officeモデルが20.5万円前後の見込み。重量は約990g、ジャケット装着時が約1.205kg。

 スタンダードモデルは、Core i3-2330M、HDD 250GB、約7.5時間駆動のバッテリーパック(S)に変更した構成。店頭予想価格は12万円前後、Officeモデルが14.5万円前後の見込み。重量は約970g、ジャケット装着時が約1.185kg。

 インターフェイスは共通で、USB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、WiMAX、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、SDXCカードスロット、音声入出力などを備える。

 本体サイズは251.9×171.7×27.3〜35.1mm(同)、ジャケット装着時は259×185×39〜48mm(同)。

 直販モデルは、Core i5-2520M(2.50GHz、ビデオ機能内蔵)、HDD 750GB、Bluetoothを搭載。プレミアムモデルはSSD 256GBを搭載し、Intel未発表CPU、メモリ8GB、ExpressCard/34スロット付きモデル、Core i5-2520Mとメモリ4GBモデルを用意する。

(2011年 8月 24日)

[Reported by 山田 幸治]