イー・モバイル、Android 3.2搭載7型タブレット「GALAPAGOS A01SH」
〜Tegra2搭載シャープ製端末

8月下旬 発売



 イー・アクセス株式会社は、Android 3.2を搭載したシャープ製タブレット「GALAPAGOS A01SH」をイー・モバイルから8月下旬より発売する。

 国内で正式発表されるタブレットとして、7型でAndroid 3.2を搭載する初の製品。主な仕様はCPUがNVIDIA Tegra2(1GHz)、メモリ1GB、ストレージ8GB、1,024×600ドット表示対応7型TFT液晶ディスプレイを搭載。本体サイズは約195×122×11.9〜12.6mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約389g。バッテリ容量は約1,620mAhで、駆動時間は書籍閲覧時約7.5時間、動画再生時約6時間、サスペンド時約10日。通信機能は、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDRに対応し、3G通信には対応しない。

 インターフェイスは、microSDカードスロット、ヘッドフォン出力、microHDMI、内側約200万画素カメラ、外側約500万画素カメラ(LEDフラッシュ付き)、センサーは、GPS、ジャイロ、方位、加速度、照度を備える。

「GALAPAGOS A01SH」。左側に前面カメラ 読書端末としても訴求しており、縦持ちでは片手で把持できる 本体背面にもカメラを装備
右側面にはmicroSDカードスロット、マイク、microUSB、microHDMI、ACアダプタ 左側面にはヘッドフォンジャック、音量ボタン、電源ボタン 長端側は薄く搾られており…、
端子類はない ケースなどのオプションも用意される

イー・アクセスの阿部基成氏

 2日に行なわれた発表会ではイー・アクセス執行役員副社長の阿部基成氏が製品の狙いについて説明した。

 阿部氏はまず、タブレットの使われ方として、電子書籍、フォトアルバム、情報収集/メモ、Web閲覧、ゲーム、ビジネス文章作成など、大きなサイズを活かしスマートフォンとは異なっていると指摘。

 そのような中、タブレットに求められる要素としては、軽量・コンパクト、短い起動時間、高性能、デザイン、片手で持てる携帯性、長時間バッテリ、ビジネスにも使えるアプリといったものが具体化してきているという。

 中でもサイズについては、10型や5型ではなく、半数以上が7型が欲しいと答えたという国内のアンケート結果を例示し、今回の新製品がそういったニーズに応えるためのものであるとした。

 本製品は3G通信に対応せず、Wi-Fiのみとなるが、この点については、タブレット専用の回線のニーズが大きくないと判断し、既存のPocket WiFiなどと組み合わせた運用を想定しており、単体でも販売するが、セットの料金プランも用意する。価格については未定だが、既存の競合製品と同程度になる見込み。

 また、阿部氏は、AppleのiOS製品と違って、Android製品はクラウドを活用した端末間の同期ができるので、テザリングに対応したスマートフォンとの組み合わせでの利用も考えられるだろうとした。

タブレットに対するニーズ サイズでは7型を希望する声が過半数 単体でも販売するが、Pocket WiFiとの組み合わせを訴求する

シャープの新井優司氏

 続いて、シャープ通信システム事業本部副本部長の新井優司氏が製品コンセプトについて説明した。

 製品のキャッチコピーは「オンも、オフも、これ一台 瞬速 手のひらタブレット」。

 「オンも、オフも」というのは、仕事も遊びもという意味合い。標準で、電子書籍サービスはTSUTAYA GALAPAGOSに対応。7型1,024×600ドットという液晶により、コミックを実寸大でまるまる1ページを表示できるのが強み。また、動画についても大画面は迫力が増し、長時間見ても疲れにくいという。AQUOSシリーズのTVやレコーダと無線で連携できるリモコンアプリ「AQUOSリモート」も搭載し、通常のリモコン機能に加え、音声入力で番組検索する機能も搭載する。

 ビジネス向けには「Documents To Go」アプリの完全版を標準搭載し、Microsoft Officeドキュメントの閲覧に加え、編集もできる。

 また、新井氏は「最新鋭」にもこだわって開発したことを明かした。実際、国内に投入される端末でAndroid 3.2を搭載するのはこれが初。プロセッサについては、最新ではないが、Android 3.x機としては事実上の標準と言えるTegra2を採用。FlashやHTML5に最適化され、GeForce GPUコアの搭載により、ゲームもストレスなく楽しめるとした。また、デュアルコア化により、シングルコアより4割低い電圧で同じ性能を実現できるため、7.5時間という長時間駆動が可能になったとした。

 なお、既存のGALAPAGOSブランドの製品は継続販売される。今回の新製品の3Gモデルについては、現時点では言明を避けた。

キャッチコピー スマートフォンと違い、大画面によりコミックを実寸大で1ページ丸々表示できる AQUOSリモートを標準搭載
デュアルコアにより性能と省電力を両立 microHDMIでTVにも出力できる Documents To GoでExcelを編集しているところ

【動画1】液晶TVにつないでゲームをプレイしている様子
【動画2】前面カメラを使ったTV電話
【動画3】Pocket WiFi経由でサイト上からAKB48の板野友美さんからのビデオメッセージを再生
【動画4】こちらはHD動画を再生しているところ

(2011年 8月 3日)

[Reported by 若杉 紀彦]