三菱、120Hz駆動IPSパネルの23型液晶「RDT233WX-Z」

RDT233WX-Z(BK)

6月29日 発売

価格:オープンプライス



 三菱電機株式会社は、120Hz駆動のIPSパネルを採用した23型ワイド液晶ディスプレイ「RDT233WX-Z(BK)」(ブラック)を6月29日より発売する。価格はオープンプライス、店頭予想価格は54,800円前後の見込み。

 120Hz駆動のパネルにより、秒間60コマの映像を秒間120コマに補完し、滑らかに表示させる「倍速クリアピクチャー」を搭載する液晶ディスプレイ。Diamondcrysta WIDEシリーズの倍速モデルはTNパネルの「RDT232WM-Z」だったが、RDT233WX-Z(BK)はIPSパネルを採用した。120Hz/IPSの製品はVISEOシリーズの「MDT231WG」が発売中。

 また、120Hzの特徴として「シネマモード」を搭載。フィルム、なめらか、オフの3つを用意し、フィルムでは毎秒24コマの映画、毎秒30コマに合わせて表示する。なめらかでは前後のコマから予測した新しい映像を補完し、毎秒24コマ時は4コマ、毎秒30コマ時は3コマを作り出す。

 超解像機能やノイズリダクションなどを行なう画像処理LSI「ギガクリア・エンジンII」を搭載。また、遅延を抑える「スルーモード」や、省エネ機能「ECO Professional」などを備える。

 拡大表示はドットバイドット(リアル)、アスペクト比固定拡大、縦横のドットをそれぞれ2倍にする「2×ズーム」、ポータブルゲーム機のフル画面「ポータブル」などを搭載。子画面機能はDVI-DとHDMIのPinPなどに対応(HDMIとHDMI、アナログRGBとD端子は不可)。子画面のみに超解像を適用できる。

 インターフェイスはDVI-D、ミニD-Sub15ピン、HDMI×2、D5端子。インターレース信号でちらつかないよう、3次元I/P変換回路を内蔵する。3W+3Wのステレオスピーカーを内蔵し、歪みを抑える「DIATONEリニアフェイズ技術」を盛り込んだ。

 主な仕様は、解像度1,920×1,080ドット(フルHD)、表示色数約1,677万色(約10億6,433万色中)、応答速度5ms(中間色)、コントラスト比900:1(最大5,000:1)、輝度350cd/平方m、視野角が上下/左右ともに178度。表面処理はノングレア、バックライトは白色LED。

 本体サイズは546×230×363〜453mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約5.2kg。スタンドは30mm×3のブロックネックによる高さ調節、上20度/下5度のチルトに対応。リモコンが付属する。

(2011年 6月 16日)

[Reported by 山田 幸治]