三菱、LEDバックライトで薄型化した23型IPS液晶

RDT233WX-S(BK)、RDT233WX(BK)

5月30日 発売

価格:オープンプライス



 三菱電機株式会社は、IPS方式パネルの23型ワイド液晶ディスプレイ2製品を5月30日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、グレアパネルの「RDT233WX-S(BK)」が42,800円前後、ノングレアパネルの「RDT233WX(BK)」が39,800円前後の見込み。本体色はいずれもブラック。

 2010年5月に発売した「RDT232WX」シリーズの後継。業界最速のIPS方式パネルを継承し、白色LEDバックライトの採用により、画面部分の厚さを電源回路を内蔵しながら39mmに薄型化、重量をRDT232WXの約6.3kgから約4.4kgに軽量化。加えて、最大コントラスト比が5,000:1から8,000:1に向上し、消費電力も標準49Wに低減されている。

 また、映像処理エンジンを「ギガクリア・エンジンII」に強化。ちらつきが発生しやすい箇所を自動検出してちらつきを抑える超解像技術、解像度を判別して超解像レベルやブロックノイズリダクションの自動設定、肌色部分の超解像コントロール、専用のユーティリティ「ギガクリア・ウインドウ」(Windows Vista/7用)による範囲を指定した超解像適用などが行なえる。

 主な仕様は、解像度1,920×1,080ドット(フルHD)、表示色数約1,677万色(約10億6,433万色中)、応答速度3.8ms(中間色)、コントラスト比1,000:1(最大8,000:1)、輝度250cd/平方m、視野角が上下/左右ともに178度。

 インターフェイスはDVI-D、ミニD-Sub15ピン、HDMI×2、D5端子を装備。2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵する。

 スタンドはブロックネック(15mm×3段)による高さ調節、上20度/下5度のチルトに対応。本体サイズは545×170×349〜394mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4.4kg。専用リモコンが付属する。

(2011年 5月 19日)

[Reported by 山田 幸治]