ナナオ、裸眼立体視に対応する23型フルHD液晶を開発
〜レンズを用いない独自の時差式表示を採用

「DuraVision FDF2301-3D」

11月30日 発表
価格:オープンプライス



 株式会社ナナオは30日、独自方式による裸眼立体視に対応した23型フルHD液晶ディスプレイ「DuraVision FDF2301-3D」を開発し、2011年度上半期に発売すると発表した。価格はオープンプライス。

 立体視の方式は、独自に開発したDirectional Backlight(指向性光源)方式を採用。同方式は、1つの画素から右目用と左目用の画像を時差で表示し、それぞれの目に届く光の方向をLEDバックライトで制御する。これにより、一般的な裸眼立体視対応液晶ディスプレイで用いられるバリアやレンズによるモアレや縞目、一定角度で表示画像が反転してしまう「逆視」が発生しないほか、パネルがもつ1,920×1,080ドットの解像感を維持できる。卓上型裸眼立体視液晶で、23型フルHDという仕様は本製品が世界初としている。

 用途は走査電子顕微鏡や半導体検査装置への搭載などを想定しており、Blu-ray 3Dや3D Visionといったコンシューマ技術には対応しない。また、価格も数百万円程度になる見込み。

 製品の性格上、解像度を除き、応答速度などの仕様は公開されていない。立体視可能裕度(左右方向)は65mm。最適立体視距離は890mm。インターフェイスはDVI-D×2とVESA Stereo Sync 3ピンで、120Hzの入出力が可能。

 本体サイズは650×261.7×566.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約16kg(予定)。

 12月1日から3日に福岡国際展示場で行なわれる、ディスプレイ国際ワークショップにてデモ機の展示が行なわれる。

(2010年 11月 30日)

[Reported by 若杉 紀彦]