バッファロー、CPUを高速化した4ドライブ「リンクステーション」

LS-QVL/R5シリーズ

11月下旬 発売

価格:38,850円〜142,800円



 株式会社バッファローは、4ドライブのネットワーク接続HDD「LS-QVL/R5」シリーズを11月下旬より発売する。価格は、容量8TBの「LS-QV8.0TL/R5」が142,800円、4TBの「LS-QV4.0TL/R5」が89,250円、2TBの「LS-QV2.0TL/R5」が66,780円。

 出荷時1ドライブのみで3ベイが空きになったモデル「LS-QVL/D1」シリーズも同時期に発売する。価格は容量2TBの「LS-QV2.0TL/1D」が44,415円、1TBの「LS-QV1.0TL/1D」が38,850円。

 個人向けNAS「リンクステーション」のRAID対応4ベイモデルの新製品。CPUを高速化したことにより、従来機種「LS-QL/R5」シリーズよりもデータ転送速度が3.3倍に向上し、同社の測定によると、71.9MB/secを記録したという。

本体背面 前面のパネルを外してHDDを交換できる

 保存したデータに対して外出先からWebブラウザでアクセスできる「Webアクセス機能」を踏襲するほか、NTTドコモの携帯電話でアクセスできる「ポケットU」サービスに対応。また、iPhone/iPad/iPod touch用の専用アプリケーション「Web Access i」も提供される。

 また、指定フォルダの写真をFlickrにアップロードする機能、Eye-Fiから写真を自動で保存する機能が追加された。さらにDTCP-IPを新たにサポート。録画番組を本製品にムーブして、ネットワークに接続されたほかのDTCP-IP対応機器で番組を再生できる。

 従来からの機能として、DLNAサーバー、Webサーバー、iTunesサーバー、BitTorrentクライアント、Macの「Time Machine」、デジタルカメラからのダイレクトコピー、プリンタ共有などをサポートする。

【11月11日訂正】記事初出時、従来モデルからDTCP-IPのサポート を受け継ぐとありましたが、DTCP-IPは旧モデルでは対応しておらず、LS-QVL/R5からのサポートとなります。お詫びして訂正します。

 RAIDは0/1/5/10をサポート。ネットワーク接続はGigabit Ethernet。対応OSはWindows XP/Vista/7、Server 2003/2008、Mac OS X 10.3.9以降。Windows用のユーティリティ「ターボPC」、「ターボコピー」などを利用できる。

 本体サイズは149×233×154mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約5.5kg。1ドライブのLS-QVL/D1シリーズは約3.5kg。

(2010年 11月 10日)

[Reported by 山田 幸治]