日本エイサー、LAN経由でPCにリモートアクセスできるプロジェクタ
〜USBディスプレイ機能も搭載

P1100C/P1200B

8月4日 発売
価格:オープンプライス



 日本エイサーは株式会社は、USBディスプレイ機能などを搭載したビジネス向けプロジェクタ「P1100C」および「P1200B」を8月4日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は前者が6万円前後、後者が8万円前後。

 上位モデルのP1200Bは、EthernetとUSBポートを装備。ネットワーク経由でPCにアクセスでき、専用ソフトをインストールすることで、USBキーボードとマウスを使って、PCの画面をそのまま表示/操作することができる。

本体上面

 また、両機種共通で、PCにUSB接続することでUSBディスプレイとして機能するほか、USBメモリを装着すると、中に保存されたJPEG/BMP画像を単体で投影できる。このほか、電源投入から15秒で利用可能になるクイック・スタート機能や、誤って電源を落としても1分以内なら何度でも電源オン/オフできる機能を搭載する。

 P1200Bは、最大表示解像度が1,024×768ドット、コントラスト比が3,700:1、入力インターフェイスがミニD-Sub15ピン、コンポジット、Sビデオ、HDMI、ステレオミニジャック、USB×3。

 P1100Cは、最大表示解像度が800×600ドット、コントラスト比が4,000:1、入力インターフェイスがミニD-Sub15ピン、コンポジット、Sビデオ、ステレオミニジャック、USB×3。

 共通の仕様として、投射方式はDLP、色再現性が約10億7千万色、輝度が標準2,600 ANSI lm/エコモード2,080ANSI lm、投射距離が1〜11.9m、投射画面サイズが23型〜300型、ランプ交換時間が標準4千時間/エコモード5千時間、動作音が標準28dBA/エコモード25dBA。出力端子としてミニD-Sub15ピン、制御入出力端子としてUSBとRS-232Cを装備。

 本体サイズは269×206×84mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.45kg。リモコンが付属する。

(2010年 7月 26日)

[Reported by 若杉 紀彦]