ビック有楽町店Windows 7発売カウントダウンレポート

10月22日 開催



特別ゲストの南明奈さん

 Windows 7が発売となる10月22日午前9時にあわせて、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店では、カウントダウン発売が行なわれた。会場は本館1階店頭ピロティ。

 マイクロソフトの樋口泰行社長のほか、NECパーソナルプロダクツの高須英世社長、ソニーマーケティングの執行役員ITビジネス部門部門長の松原昭博氏、東芝執行役上席常務 PC&ネットワーク社の深串方彦社長、デル執行役員コンシューマー事業本部本部長のジョージ・ケラマン氏、日本ヒューレット・パッカードパーソナルシステムズ事業統括取締役副社長執行役員の岡隆史氏、富士通パーソナルビジネス本部本部長の齋藤邦彰氏、レノボ・ジャパンの執行役員SMB/コンシューマ事業担当のデイヴィッド・ニコル氏が来店。さらに特別ゲストとして、アッキーナの名前で親しまれる南明奈さんがトークショーを行ない、発売を祝った。

 午前8時からイベントを開始し、ディスプレイを利用しながらWindows 7の特徴や新機能を紹介。8時30分からは出席者が挨拶した。

 ビックカメラの宮嶋宏幸社長は、「Windows 7は、Vistaの発売から3年を経過し、すべての課題をクリアした画期的なOSであり、簡単、軽快、操作性が高く、あらゆるユーザーに満足してもらえるものになっている。ビックカメラとソフマップでは、専門のトレーニングを積んだWindows 7 エキスパートゴールド取得者が450人おり、取得人数としては日本一となる。PCはここ数年、厳しい状況にあったが、Windows 7は年末商戦に向けて、大いに盛り上がると期待している」と挨拶。

 マイクロソフトの樋口泰行社長は、「今日は晴れ晴れとした天気、気分も希望に満ちて晴れやか。Windows 7は出来のいいOSであり、メーカーの論理ではなく、ユーザーの視点で開発したもの。軽快性、安定性、互換性の面で優れている。また、マルチタッチによって、これまでのキーボード、マウスだけの操作から、広がりを見せた大きな転換点になる。将棋もチェスも指でさすことができる。年末商戦を盛り上げるきっかけとしたい」とした。

ビックカメラの宮嶋宏幸社長 マイクロソフトの樋口泰行社長 カウンドダウンイベントに参加した各社幹部

 また、NECパーソナルプロダクツの高須英世社長は、「NECは8機種48モデルのWindows 7搭載PCを発売した。快適な操作性を実現しており、ぜひ店内で、Windows 7を搭載したNECのPCの良さを見ていっていただきたい」とした。

 ソニーマーケティングの執行役員ITビジネス部門部門長の松原昭博氏は、「Windows 7は業界にとって活性化の起爆剤となる。11型液晶を搭載した最軽量のVAIO Xシリーズは、Windows 7が持つ軽快感とスタミナがなければ実現しなかったものといえる。VAIOならではの違いがわかるビックカメラの展示を見てほしい」と語った。

 デル執行役員コンシューマー事業本部本部長のジョージ・ケラマン氏は、「私自身もWindows 7を使ってみたが、起動やシャットダウンが早く実用性が高い。デルは、Windows 7搭載PCを多数用意して、年末商戦に臨む」と述べた。

 東芝執行役上席常務 PC&ネットワーク社の深串方彦社長は、「東芝はネットブックに加えて、ネットノートという新たな名称で展開し、さらに、32bitと64bitのWindows 7を選択できる機種も用意した。また、山ピー(山下智久さん)を使ったTV CMもバンバン行なう。店頭で東芝のPCの良さを体感してほしい」とした。

 さらに、日本ヒューレット・パッカードパーソナルシステムズ事業統括取締役副社長執行役員の岡隆史氏は、「Windows 7の発売に向けて尖った製品を投入しようと、準備を進めてきた。Windows 7の特徴であるタッチ機能を活用した提案を行なうことができた。新たなOSによる機能を体感してもらいたい」とコメント。

 富士通パーソナルビジネス本部本部長の齋藤邦彰氏は、「富士通のWindows 7の良さは、使ってもらってよくわかるという点に主眼を置いた。早い段階からマイクロソフトと共同でチューニングをしており、タッチ機能についても、デスクトップだけでなく、ノートPCにも、さらに、らくらくパソコンにも広げた。ぜひ体験してほしい」と語った。

 レノボ・ジャパンの執行役員SMB/コンシューマ事業担当のデイヴィッド・ニコル氏は、「Windows 7を活用できるPCをいち早く投入できたことは、うれしく思う」と語った。

NECパーソナルプロダクツの高須英世社長 ソニーマーケティングの執行役員ITビジネス部門部門長の松原昭博氏 東芝執行役上席常務 PC&ネットワーク社の深串方彦社長
デル執行役員コンシューマー事業本部本部長のジョージ・ケラマン氏 日本ヒューレット・パッカードパーソナルシステムズ事業統括取締役副社長執行役員の岡隆史氏 富士通パーソナルビジネス本部本部長の齋藤邦彰氏
レノボ・ジャパンの執行役員SMB/コンシューマ事業担当のデイヴィッド・ニコル氏

 8時40分から行なわれたトークショーで南明奈さんは、「タッチ機能が気になる、使いやすい。ブログはほとんど携帯電話からアップしており、一日に2〜3回更新している。パソコンは、2日に1時間程度、ブログを見たりするのに使っているが、Windows 7には大変興味があり、これからは、ブログの更新を、Windows 7搭載のパソコンから行なう可能性があるかもしれない」とした。

 その後、Windows 7の名前にあわせて、7秒前からカウントダウンが開始され、9時と同時に発売を記念して、くす玉が割られた。

特別ゲストの南明奈さん 7秒前からカウントダウンを行ない、くす玉を割って発売を祝った

くす玉割りの様子
 

 ビックカメラ有楽町店の小峰浩一店長は、「大変強い手応えを感じている。店員の間でも評判が高く、これは売れるという声が相次いでいる。これまでにないほどの事前予約数となっており、年末商戦の起爆剤になるものと期待している。ソフマップと一緒になってからは初めての新Windows。PCの販売は駅前量販店のほうが強く、ソフマップとの連携が生かせる、当社の強みが発揮できる製品が登場した。まずは、発売日の今日、そして、土日までの4日間の売れ行きが、今後の普及を左右することになるのではないか」などとした。

 同店では、10月22日から、Windows 7の新機能を紹介する店頭デモストレーションのほか、グッズが当たる抽選会を行なう「発売記念イベント」を実施。さらに、Windows7のパッケージおよびWindows7搭載パソコンの購入者を対象に、7にちなんで7大特典を用意。7人に対して、7万ポイントのプレゼントや、データ移行、インストールなどの7つのサービスを特別料金で提供するなどのサービスを行なう。

ビックカメラ有楽町店の小峰浩一店長 Windows 7のパッケージ Windows 7が遂に発売へ
ビックカメラ有楽町店はWindows 7に売り場を一新。Windows 7のポップが踊る 発売された新型のVAIO

(2009年 10月 22日)

[Reported by 大河原 克行]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.