パナソニック、実売15万円の低価格版「Let'snote R8」
〜リード220MB/secのSSD搭載の直販モデルも

Let'snote R8 LIGHTモデル

6月26日 発売

価格:オープンプライス



 パナソニックは、10.4型モバイルノートPC「Let'snote R8」のスペックを抑えた“LIGHTモデル”を6月26日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15万円前後の見込み。

 標準モデルからビジネス向け機能を削り、CPUにシングルコアのCore 2 Solo SU3500(1.40GHz)を搭載することで低価格化したバリエーションモデル。標準モデルとの違いはCPUのほか、vPro非対応、モデム/ミニポートリプリケーター端子/TPMセキュリティチップを搭載しない、Office搭載モデルがないこと。そのほかの軽量、長時間駆動、堅牢性などの特徴は継承する。

 OSも標準モデルと同じWindows Vista Businessで、XPダウングレードDVDが同梱される。

 主な仕様は、Core 2 Solo SU3500、メモリ2GB(オンボード、最大4GB)、HDD 160GB、Intel GS45 Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、1,024×768ドット(XGA)表示対応10.4型液晶、IEEE 802.11a/b/g/n無線LANなどを搭載。バッテリ駆動時間は約8時間。本体サイズは229×187×29.4〜42.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約0.94kg。

 直販サイト「マイレッツ倶楽部」では、店頭モデルのHDDを64GBのSSDに変更したモデルも用意される。直販価格は169,700円。SSDはリード最大220MB/secの高速タイプを採用する。重量はHDD搭載モデルよりも軽く、約0.91kg。

(2009年 6月 4日)

[Reported by 山田 幸治]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.