Windows 7 Starterの3アプリ制限/地域限定を撤廃

5月29日(現地時間) 発表



 米Microsoftは5月29日(現地時間)、Windows 7 Starterにおけるアプリケーション3つまでの同時起動と販売地域の制限を撤廃する、とWindows 7 Team Blogで明らかにした。

 Windows XP/Vista Starterでは、アプリケーションの同時起動が3つまでに制限され、また一部地域でのみ販売されてきた。当初は、Windows 7でもその制限を踏襲するとしていたが、これを撤廃する。パートナーやユーザーのフィードバックを受けて変更したという。

 その結果、Windows 7 Starterはワールドワイドで小型のノートPCに搭載可能となり、ユーザーは自由にアプリケーションを起動できるようになるという。

 ただし、上位のEditionで搭載される機能はこれまで同様に搭載しない。一例として、Aero Glassやマルチディスプレイのサポート、TV視聴などのMedia Center機能、企業ユーザー向けのドメインサポート、XPモードなどが挙げられている。

(2009年 6月 1日)

[Reported by 松山 靖之]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.