最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Microsoft、Windows 7のSKUを6つに決定
〜ネットブックに最適化

Windows 7βのデスクトップ

2月3日(現地時間) 発表



 米Microsoftは3日(現地時間)、次期OS「Windows 7」のSKU(Stock Keeping Unit、製品構成)を6つに決定したと発表した。

 最下位はStarter edition。主にネットブック向けに設計され、利用できるハードウェアなどに制限を設けている。日本を含むワールドワイドのOEM向けにのみ出荷される。

 新興市場向けにはHome Basicを用意。フルサイズのコンシューマ向け低価格PC用に設計される。新興国や発展途上国向けに出荷され、日本などでは提供されない。

 一般コンシューマ向けにはHome Premiumを用意。リッチなGUIを提供するとともに、さまざまなデバイスとの接続性を確保するとしていることから、Media CenterやDLNAなどを搭載すると思われる。

 ビジネスユーザー向けにはProfessionalを用意。ドメインへのログイン機能などのを備えるが、Windows Vista Businessとは異なり、Home Premiumの上位製品と位置づけられ、Media CenterなどのHome Premiumの機能を内包する。ホームワークをするユーザーにも最適としている。

 最上位にはWindows 7 EnterpriseとUltimate。Enterpriseは大企業向けのみにライセンスされるため一般には入手できないが、BitLockerによる暗号化機能をサポート。一方、Ultimateは一般小売りもされ、すべてのSKUの機能をサポートする。

 なお、ネットブックに関しては上記の通りStarter editionがメインとなるが、Windows 7自体、OSフットプリントの縮小やユーザーインターフェイスの改良、ブートやシャットダウン速度の向上、省電力機能、信頼性の強化などを図っており、いずれのエディションもネットブックで快適に動くとしている。


Windows Vista Windows 7
新興市場向け Starter Home Basic
低価格PC向け Home Basic Starter
コンシューマ向け Home Premium Home Premium
ビジネス向け→コンシューマ上位 Business Professional
大企業向け Enterprise Enterprise
すべての機能を搭載 Ultimate Ultimate

□Microsoftのホームページ(英文)
http://www.microsoft.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.microsoft.com/presspass/features/2009/feb09/02-03Win7SKU-QA.mspx
□関連記事
【2月4日】【元麻布】Windows 7のラインナップが明らかに、実質値上げか
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0204/hot596.htm

(2009年2月4日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.