2014年10月2日

2014年10月1日

2014年9月30日

マイクロソフト、ネットブック向けのOffice 2年間ライセンス版

4月15日 発表



 マイクロソフト株式会社は、ネットブック向けに、「Office Personal 2007 2年間ライセンス版」の提供をPCメーカー向けに開始した。搭載ネットブックは4月以降、PCメーカーより順次出荷される。

 主に2台目としての需要が高いネットブックで、家庭や職場のPCと同様にOffice文書を作成/編集したいというユーザーのニーズに応えたというもの。2年間の有効期限を設定する代わりに、通常版よりも低価格で提供する。

 2年間の有効期限が経過した際には、Officeビューアーと同等の機能制限モードになり、作成済みの文書の参照と印刷は可能だが、新規の文書作成/保存はできなくなる。また、ライセンス期間の延長はできず、別途通常版のパッケージを購入し、プロダクトキーを入力する必要がある。

 2年間ライセンス版も通用版のOffice Personal 2007と同様、Word、Excel、OutlookおよびOffice IMEを含んでいる。

 現時点でプリインストールを表明しているPCメーカーは、ASUSTeK、NEC、エプソンダイレクト、デル、東芝、日本エイサー、日本ヒューレット・パッカード、富士通、レノボ・ジャパンの9社。

 なお、具体的なライセンス価格については明らかにされていないが、現時点ではOffice Personal 2007通常ライセンス付きのネットブックが、Office無しモデルより約1万円高に設定されているため、これらよりは安い価格で提供するとしている。

(2009415日)

[Reported by 劉 尭]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2014 Impress Corporation. All rights reserved.