ソニー「VAIO Duo 11」
〜タブレットモードとキーボードモードで利用できる11.6型Ultrabook



ソニー「VAIO Duo 11」

発売中

価格:オープンプライス



 ソニーからWindows 8搭載秋冬モデルが発表されたが、その中でも注目を集めているのが、独自の「Surf Slider」機構を搭載した11.6型液晶搭載Ultrabook「VAIO Duo 11」である。VAIO Duo 11は、タブレット形状から液晶をスライドさせることで、キーボードが現れ、ノートPCとして使えることが特徴だ。ソニーは、VAIO Duo 11をスライダーハイブリッドPCと呼んでおり、シチュエーションに応じてタブレットモードとキーボードモードを使い分けられることが魅力だ。

 今回は、VAIO Duo 11を試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。なお、今回試用したのは試作機であり、製品版とは細部や性能などが異なる可能性がある。

●変形は小気味よいが、液晶の角度は変更できない

 まずは、ボディの外観から見ていこう。VAIO Duo 11は、タブレットモードとキーボードモードという2つのスタイルを持つ。タブレットモードでのサイズは、319.9×199×17.85mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約1.305kgである。ピュアタブレットとしてはやや厚くて重いが、11.6型液晶搭載Ultrabookとしては、標準的なサイズと重さである。

 Windows 8搭載Ultrabookでは、パナソニックの「Let'snote AX2」やレノボ・ジャパンの「IdeaPad Yoga 13」のように、液晶を360度回転させることでタブレットとノートPCの2スタイルで使える製品も登場しているが、こうした製品では、タブレット形態で使う場合、キーボードが裏側にきてしまうので、持った時にやや違和感がある。それに対し、VAIO Duo 11は、キーボードの上に液晶部分が重なってタブレットモードになるので、裏側が1枚板となり、持ったときに違和感がないという利点がある。液晶の奥側を持ち、上に持ち上げることで、タブレットモードからキーボードモードに変形させることができる。ヒンジにはバネとダンパーが組み込まれており、適度な力で小気味よく動くようになっている。ただし、通常のノートPCとして使えるキーボードモードでは、液晶の角度を変更できないことに注意が必要だ。

 背面には、ASSISTボタンやローテーションロックボタン、音量調節ボタンのほか、オプションのシートバッテリを接続するためのコネクタが用意されている。このコネクタカバーは、外した後、シートバッテリに装着できるようになっているので、紛失する恐れはない。

タブレットモードでは、通常のタブレットと同じ感覚で使える。液晶を360度回転させるタイプとは異なり、裏側にキーボードがこないので違和感がない キーボードモードでは、ノートPCと似た感覚で使えるが、液晶の角度を変更することはできない
【動画】キーボードモードからタブレットモードへの変形の様子。バネとダンパーの採用により、カシャッと小気味よく動く
VAIO Duo 11の背面。左側には、NFCが用意されている。手前右側には、ASSISTボタンやローテーションロックボタン、音量調節ボタンが用意されている 背面中央には、オプションのシートバッテリを装着するためのコネクタが用意されている。コネクタカバーは外した後、シートバッテリに装着できるので紛失する心配はない 試用機の重量は実測で1,283gと、公称より軽かった

●11.6型フルHD液晶を搭載

 次にPCとしての基本スペックを見ていこう。今回試用したVAIO Duo 11は、店頭モデルの「SVD11219CJB」であり、CPUとしてCore i5-3317U(1.7GHz)を搭載し、メモリは4GBを標準搭載している。Ultrabookでは背面のカバーが開かず、メモリ増設ができない製品が多いが、VAIO Duo 11もユーザーによるメモリ増設はできない。

 ストレージとして、128GBのSSDを搭載する。容量はやや少ない感もあるが、Ultrabookとしては標準的な仕様である。なお、直販モデルのVAIOオーナメードモデルでは、CPUやメモリ、ストレージのカスタマイズが可能であり、CPUは最高Core i7-3667U(2GHz)を、メモリは最大8GB、SSDは最大256GBを選択できる。

 液晶は11.6型で、解像度は1,920×1,080ドットのフルHD対応である。Ultrabookの多くが、1,366×768ドット液晶か1,600×900ドット液晶を搭載しているのに対し、VAIO Duo 11では、より解像度の高い液晶を搭載していることは高く評価できる。ドットピッチはかなり狭くなるが、液晶の角度が固定で、いわゆるパームレスト部分がないため、自然と目と液晶の距離が狭くなるため、それほど気にならない。光沢タイプの液晶で、コントラストや発色は良好だが、外光の映り込みが気になることがある。10点同時認識対応のタッチパネルを搭載しており、タッチパネルの反応も良好である。液晶はフルフラットになっているので、エッジからのスワイプ操作もやりやすい。

 液晶下部には、Windowsキーが搭載されており、押すことでいつでもスタート画面に切り替わる。また、液晶上部には、フロントカメラとして有効画素数207万画素の「Exmor R for PC」CMOSセンサーが搭載されているほか、背面にもリアカメラとして、同じ有効画素数207万画素の「Exmor R for PC」CMOSセンサーが搭載されている。

 PCとしての基本スペックは、Windows 8搭載Ultrabookとしては標準的だが、動作は軽快であり、快適に利用できる。OSとしては、Windows 8 64bitが搭載されている。

【動画】タブレットモードでの操作の様子。動作は軽快であり、快適に利用できる
液晶は11.6型で、解像度は1,920×1,080ドットのフルHDである。光沢タイプの液晶なので、発色は鮮やかだが、外光の映り込みが気になることがある 液晶下部にWindowsキーを搭載。押すことで、スタート画面が表示される
液晶上部にはフロントカメラとして、有効画素数207万画素の「Exmor R for PC」CMOSセンサーを搭載 背面のリアカメラも、フロントカメラと同じく、有効画素数207万画素の「Exmor R for PC」CMOSセンサーが搭載されている

●電磁誘導式のペンが付属し、筆圧検知にも対応

 キーボードはアイソレーションタイプで、キーピッチは約18mm、キーストロークは約1.2mmである。キーストロークはやや浅いが、配列は標準的で、キータッチは良好だ。また、バックライトが搭載されているので、暗い場所でもタイプミスを防げる。ポインティングデバイスとしては、オプティカル・トラックパッドと呼ばれる光学式のデバイスが搭載されている。オプティカル・トラックパッドは、光学式マウスを裏返したようなデバイスであり、上に置いた指を滑らせることで、ポインティング操作を行なえる。ホームポジションから指をあまり動かすことなく、ポインティング操作できるのは便利だが、細かな操作と長い移動の両立が難しく、細かな操作ができる感度で、端から端までポインタを動かすには、指を何度か置き直す必要がある。

 VAIO Duo 11は、電磁誘導式のペンが付属しており、ペン入力に対応していることも魅力だ。タブレットとノートPCの両方のスタイルで使える製品でも、ペン入力までサポートしているものは少ない。ペンには2つのボタンがついており、右クリックなどの動作を割り当てることができる。本体にはペンを収納するスペースは用意されていないが、キャップにはストラップを取り付けるための穴が空いているので、首からぶら下げておくなどすれば、紛失を防げるだろう。ペンは、256段階の筆圧検知にも対応しているので、筆圧対応アプリを利用すれば、本物の筆やクレヨンのような感覚で絵を描くことができる。PCでお絵描きをしたいという人にもお勧めしたい製品だ。また、固さが異なる2種類のペン先が付属しており、好みに応じて選べるのも嬉しい。

 ペンには電池が必要であり、通称、単6形電池と呼ばれている細いアルカリ電池が使われている。やや特殊な電池であるが、最近は、大きなカメラ屋や電気店では売られているようだ。

 ペンを活かすアプリケーションとして、認識精度の高い手書き対応日本語IME「mazec-T for Windows」や、独自の画像切り抜きツール「Active Clip」がプリインストールされている。Active Clipは、ペンのサイドボタンで起動することができ、画面に表示されている画像を、ペンによる操作で自由に切り抜くことができるツールだ。四角や楕円、自由形状での切り抜きが可能なだけでなく、エッジ自動検出による切り抜きもできるので、必要な情報や映像をスクラップするのに便利だ。

キーピッチは約18mm、キーストロークは約1.2mm。配列も標準的で、キータッチも良好だ キーボードにはバックライトが搭載されており、暗い場所でも快適にタイピングが可能だ ポインティングデバイスとして、オプティカル・トラックパッドと呼ばれる光学式のデバイスが搭載されている。上に置いた指を滑らせることで、ポインティング操作が可能
ユーティリティで、ポインティングデバイスのON/OFFやキーボードバックライトの設定が可能 付属のペン(デジタイザースタイラス)。側面に2つのボタンが用意されている キャップも付属しており、先端を保護できる。キャップにはストラップを取り付けるための穴も用意されている
固さが異なる2種類のペン先が付属しており、好みに応じて選べる ペンは通称単6形電池と呼ばれる、細いアルカリ乾電池1本で動作する 単6形電池は単4形電池に似ているが、より細い
【動画】ペンは電磁誘導方式なので、画面に触れなくても、近づけるだけで反応する
【動画】256段階の筆圧感知対応で、対応アプリなら線の太さも自由に変えることができる
【動画】手書き対応の日本語IME「mazec-T for Windows」を搭載しており、快適な手書き入力が可能だ
mazec-T for Windowsでは、マス目が表示されず、自由に文字を書いていくことができる Active Clipでは、自由形状での切り抜きのほか、エッジ検出での切り抜きも可能だ
【動画】ペンで囲むだけの簡単操作で画像を切り抜ける「Active Clip」がプリインストールされている

●NFCに対応するなどインターフェイスやセンサー類も充実

 インターフェイスとしては、USB 3.0×2と有線LAN、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、ヘッドフォン出力、メモリースティックデュオ/SDメモリーカードスロットを備えており、Ultrabookとしてはインターフェイスも充実している方だ。USB 3.0の1つは、本体の電源がオフでも給電が可能になっており、スマートフォンなどの充電に便利だ。

 ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANとWiMAX、Bluetooth 4.0をサポートするほか、NFCにもいち早く対応している。NFCは、FeliCaの規格も包含しているのだが、現時点ではどのように使われるかは未定とのことだ。また、ノイズキャンセリングヘッドフォンも付属しており、ノイズキャンセリング機能を利用できる。サウンドにもこだわっており、高音質化技術の「CLEAR PHASE」や「xLOUD」「Dolby Home Theater V4」を搭載しており、状況に応じて利用できる。

 センサー類も充実しており、加速度センサーやジャイロセンサー、地磁気センサーに加えて、GPSも搭載しているため、地図アプリを使ってナビゲーションなども可能だ。

左側面には、ミニD-Sub15ピン、メモリースティックデュオ/SDメモリーカードスロット、ヘッドフォン出力が用意されている 左側面のコネクタ部分のアップ 右側面には、USB 3.0×2とHDMI出力が用意されている。右側のUSB 3.0ポートは、電源オフ時にも給電が可能だ
右側面のコネクタ部分のアップ 後面には、有線LANが用意されている 後面のコネクタ部分のアップ。有線LANコネクタのカバーは、利用時に下側に開くようになっている
背面の左側にはNFCが搭載されている 背面後ろ側のゴム脚は、立てられるように設計されている ゴム脚を起こして立てたところ
ゴム脚を立てると、このように後ろが少し持ち上がる ゴム脚を立てると、有線LANコネクタのカバーを開くためのスペースができる ノイズキャンセリングヘッドフォンが付属する

●オプションのシートバッテリにより最大14時間駆動が可能

 バッテリは交換できないが、公称約7時間駆動が可能だ。さらに、オプションのシートバッテリを背面に装着することで、最大14時間という長時間駆動が可能になる。シートバッテリには、ACアダプタを接続するためのコネクタが用意されており、単体で充電できるのも便利だ。また、シートバッテリにはペンを収納するための穴も用意されている。シートバッテリは7.4V/4,830mAhという仕様で、本体に内蔵されているバッテリもほぼ同容量だ。

 実際に、バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとに無線LAN経由でのWebアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、内蔵バッテリのみでは5時間18分、シートバッテリ装着時は9時間57分の駆動が可能であった(電源プランは「バランス」、液晶輝度は「中」)。Ultrabookとしては合格点をつけられるだろう。ACアダプタもコンパクトで軽く、携帯しやすい。

 オプションとして専用のキャリングケースも用意されている。キャリングケースには、ペンを収納するためのホルダーが用意されており、ペンを一緒に持ち歩けるようになっている。また、シートバッテリを装着した状態でも、問題なくキャリングケースに収納できる。

オプションのシートバッテリ。背面に装着する シートバッテリの背面 シートバッテリには、ACアダプタ接続端子が用意されており、単体で充電が可能
ACアダプタを接続して、シートバッテリを充電しているところ。充電中は、中央のCHARGEランプが点灯する シートバッテリは、7.4V/4,830mAhという仕様になっている シートバッテリを背面に装着したところ
シートバッテリにはペンを差し込む穴が用意されており、ペンを収納することができる シートバッテリ装着時の左側面。ペンはこちら側に差し込む シートバッテリ装着時の右側面
シートバッテリ装着時の重量は公称1.65kgだが、試用機の実測では1607gと多少軽かった ACアダプタもコンパクトで軽い CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較
ACアダプタの重量は、ケーブル込みで225gであった オプションのキャリングケース キャリングケースに本体を収納したところ
キャリングケースの側面には、ペンを収納するホルダーが用意されている キャリングケースに本体を収納した状態の側面 シートバッテリを装着した状態でも、キャリングケースに収納できる

●SSD搭載で高いパフォーマンスを実現

 参考のためにベンチマークテストを行なってみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」、「PCMark Vantage」、「PCMark 7」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」だ。

 比較用として、東芝「dynabook R542」、ソニー「VAIO T SVT13119FJS」、富士通「LIFEBOOK UH75/H」の値も掲載したが、これらの3機種のOSはWindows 7なので、あくまで参考程度にしてほしい。

 PCMark05のCPU Scoreの値は、同じCPUを搭載した他機種とほぼ同じで、妥当な結果となっているが、HDD Scoreの値が48050と非常に高い。比較用の3機種は、ストレージがすべてHDD+キャッシュ用SSDという構成になっているのに対し、VAIO Duo 11は、純粋なSSDを搭載していることの差が出ているのであろう。ストレージが高速なため、PCMark 7の総合値であるPCMark scoreも、他の3機種の値を大きく上回っている。実際の使用感も、十分に快適であり、パフォーマンスについては満足できる。

  VAIO Duo 11 dynabook R542 VAIO T SVT13119FJS LIFEBOOK UH75/H
CPU Core i5-3317U (1.70GHz) Core i5-3317U (1.70GHz) Core i5-3317U (1.70GHz) Core i5-3317U (1.70GHz)
ビデオチップ Intel HD Graphics 4000 Intel HD Graphics 4000 Intel HD Graphics 4000 Intel HD Graphics 4000
PCMark05
PCMarks N/A N/A N/A 6993
CPU Score 7885 7228 7937 7658
Memory Score 7825 8528 5940 6463
Graphics Score 2527 5779 4007 4807
HDD Score 48050 20204 12710 12899
PCMark Vantage 64bit
PCMark Score N/A 8577 8270 9300
Memories Score 7951 5591 5156 6776
TV and Movie Score Failed 3814 3844 4300
Gaming Score 10248 7599 6975 7224
Music Score 14890 9837 10643 10739
Communications Score N/A 9475 9643 9438
Productivity Score N/A 9393 10298 9147
HDD Score 45577 16308 18159 21564
PCMark Vantage 32bit
PCMark Score N/A 8130 7961 8811
Memories Score 7609 5428 4954 6773
TV and Movie Score Failed 4142 3776 4328
Gaming Score 9199 6754 6341 6041
Music Score 14047 9528 9305 9775
Communications Score N/A 9390 9173 9452
Productivity Score N/A 8576 9887 8295
HDD Score 45380 15478 18091 22010
PCMark 7
PCMark score 4648 4298 3294 3119
Lightweight score 2818 3242 3193 2061
Productivity score 1977 2972 2963 1672
Creativity score 9178 6605 5095 5912
Entertainment score 3232 3658 2698 3020
Computation score 16495 14449 8866 15749
System storage score 5171 4051 3944 2018
3DMark03
1,024×768ドット32bitカラー(3Dmarks) 12635 12607 7929 9565
CPU Score 1658 1615 1468 1544
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 4206 3786 3699 3685
LOW 6190 5736 5685 5688
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 100 100 100 99.97
HP 100 100 99.97 99.97
SP/LP 99.97 100 100 100
LLP 100 100 99.97 100
DP(CPU負荷) 14 17 23 20
HP(CPU負荷) 6 9 11 8
SP/LP(CPU負荷) 3 6 8 5
LLP(CPU負荷) 2 5 7 4
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 458.0MB/s 268.3MB/s 274.4MB/s 77.87MB/s
シーケンシャルライト 260.3MB/s 85.28MB/s 86.87MB/s 81.50MB/s
512Kランダムリード 315.3MB/s 239.0MB/s 244.3MB/s 41.99MB/s
512Kランダムライト 240.1MB/s 30.62MB/s 34.19MB/s 33.52MB/s
4Kランダムリード 19.67MB/s 18.22MB/s 19.32MB/s 0.635MB/s
4Kランダムライト 40.69MB/s 0.925MB/s 1.105MB/s 0.834MB/s
BBench
Sバッテリ(標準バッテリ) 5時間18分 6時間30分 6時間14分 6時間12分
Lバッテリ 9時間57分 なし なし なし

●Windows 8を積極的に活用したい人にお勧め

 VAIO Duo 11は、Surf Slider機構の採用により、キーボードモードとタブレットモードの2つのスタイルで利用できるコンバーチブルタイプの製品だ。こうした製品は、他社からも発表されているが、フルHD液晶の採用や筆圧検知対応の電磁誘導式ペンが使えることなど、本製品ならではのアドバンテージは多い。また、GPSをはじめとするセンサー類も充実しており、Windows 8で提案されている、センサーを活用した新たなアプリケーションにも対応できる。店頭モデルの実売価格は、15万円前後と予想されており、Ultrabookとしてはやや高めだが、それだけの価値はある製品といえる。Windows 8の新機能をフルに活用したいという人にお勧めしたい製品だ。

バックナンバー

(2012年 10月 29日)

[Text by 石井 英男]