日本HP「HP Pavilion Notebook PC dm3a」
〜AMD Congoプラットフォームを採用した13.3型ノート



HP Pavilion Notebook PC dm3a

発売中

価格:オープンプライス(実売89,800円前後)



 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)から登場した「HP Pavilion Notebook PC dm3a」(以下、dm3a)は、13.3型ワイド液晶を搭載したノートPCだ。同時に発表された「HP Pavilion Notebook PC dm3i」(以下、dm3i)の兄弟機であり、ボディなどはdm3iと共通である。dm3iでは、Intel製プラットフォームを採用しているのに対し、dm3aは、AMD製プラットフォームを採用していることが特徴だ。

 dm3aに採用されているプラットフォームは、AMD Congo(コンゴ)プラットフォームと呼ばれるもので、CPUにデュアルコアのAthlon Neo、チップセットにAMD M780Gを採用し、Yukonの上位となるプラットフォームだ。現在、AMD製プラットフォームを採用したノートPCはあまり多くないが、日本HPはYukonをはじめ、AMD製プラットフォームを採用したノートPCを積極的にリリースしている数少ないメーカーの1つだ。

●量販店などで発売される店頭モデル

 dm3iは、日本HPの直販サイト「HP Directplus」でのみ販売される直販限定モデルであったが、dm3aは逆に店頭でのみ発売される量販店モデルであり、製品バリエーションも1モデルしか用意されていない。液晶サイズは13.3型ワイド、重量は約1.9kgであり、日本人の感覚ではモバイルノートと呼ぶにはやや重いが、部屋から部屋への移動などは気軽に行なえるし、持ち歩こうと思えば可能なレベルだ。ボディにアルミニウムやマグネシウム合金が使われており、高級感と堅牢性を両立させている。

 dm3aは、CPUとしてAthlon Neo X2 L335(1.6GHz)を搭載する。Athlon Neo X2は、薄型ノートPC向けとして開発された低消費電力デュアルコアCPUであり、日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dv2」の秋モデルにも搭載されている。チップセットは、グラフィックス統合型のAMD M780Gが採用されている。AMD M780Gは、ATI Mobility Radeon HD 3200グラフィックスコアを集積しており、統合型チップセットとしては高い描画性能を実現している。メモリは、標準で2GB実装されており、SO-DIMMスロットを2基備えているので、最大8GBまでの増設が可能だ。ストレージとして2.5インチ250GB HDDを搭載する。容量は標準的だが、回転数7,200rpmの高速タイプが搭載されており、ディスクパフォーマンスは高い。

dm3aの上面。トップカバーには、アルマイト処理とヘアライン加工が施されたアルミニウムが使われており、高級感を演出。ボディはIntel製CPU搭載のdm3iと同じだ 「DOS/V POWER REPORT」誌とのサイズ比較。奥行きはほぼ同じだが、横幅はdm3aのほうがかなり長い
dm3aの底面。底面には軽くて剛性の高いマグネシウム合金が使われている。右下にメモリスロットカバーが、左下にHDDベイカバーがある メモリスロットカバーとHDDベイカバーを外したところ。SO-DIMMスロットが2基用意されている。HDDの上にはMini PCI Expressスロットの空きがある

●16:9仕様の光沢液晶パネルを搭載

 液晶のサイズは、13.3型ワイドで、解像度は1,366×768ドットの16:9仕様だ。最近のノートPCでは一般的な解像度であり、解像度不足は感じられない。ウルトラクリアビューカラー液晶と呼ばれる光沢タイプの液晶が採用されており、発色やコントラストについては合格点をつけられる。ただし、光沢タイプなので、利用環境によっては外光の映り込みが気になることがある。液晶上部には、640×480ドット(VGA)のWebカメラとマイクが用意されており、ビデオチャットなどに利用できる。

 キーボードは全87キーで、キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.7mmだ。キータッチはやや軽めだが、キートップがぐらつくようなことはなく快適にタイピングが可能だ。不等キーピッチもなく、キー配列も標準的だが、上下カーソルキーがやや小さいことが気になった。また、Fnキーと最上段のキーの扱いが一般的なノートPCとは反対であり、単独で最上段のキーを押すことで、バックライトの輝度や音量調整などが行なえ、Fnキーを押しながら最上段のキーを押すことで、F1〜F12キーとして利用できるようになっている。

 ポインティングデバイスとしては、マルチタッチ操作やジェスチャー操作に対応したタッチパッドを採用。なお、タッチパッドの表面がツルツルの鏡面仕上げになっているため、指がパッドに吸着される感じがあり、個人的にはやや違和感を思えた。パッドの上部に、パッドの有効/無効を切り替えるボタンとインジケータが用意されているのは便利だ。

液晶は13.3型ワイドで、解像度は1,366×768ドットだ。光沢タイプの液晶なので、外光が映り込みやすい 液晶上部にVGA解像度のWebカメラを搭載している
dm3aのキーボードは全87キーで、キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.7mmである。アイソレーションタイプで、不等キーピッチもなく、快適にタイピングが可能だ。配列も標準的だが、上下カーソルキーがやや小さいことが気になる ポインティングデバイスとしてタッチパッドを採用。タッチパッドの表面が鏡面仕上げになっているので、指がパッドに吸い付く感じがしてやや違和感がある。パッドの上部に、パッドの有効/無効を切り替えるボタンが用意されているのは便利だ

●USB接続の外付けDVDスーパーマルチドライブが付属

 dm3aでは、インターフェイスとして、USB 2.0×4とミニD-Sub15ピン、HDMI出力、マイク入力、ヘッドフォン出力、LANの各端子を備えている。USB 2.0ポートの数が4基と比較的大きく、左右に2基ずつ配置されているので便利だ。また、メモリカードスロットして、5in1メディアスロットを搭載。SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/MMC/メモリースティックPro/xD-Picture Cardの読み書きが可能だ。ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN機能をサポートしている。右側面にワイヤレス機能のON/OFFボタンが付いているのも便利だ。

 dm3aは、dm3iと同じく1スピンドルノートPCだが、USB経由で接続する外付けDVDスーパーマルチドライブが付属しており、アプリケーションのインストールやDVDソフトの再生などが可能だ。

 公称バッテリ駆動時間は約6時間であり、兄弟機のdm3iの約8時間には及ばないものの、このクラスの製品としては十分であろう。ACアダプタのサイズや重量は、このクラスの製品としては一般的だが、ACケーブルのプラグは、2ピンのメガネタイプではなく3ピンのミッキータイプになっている。

左側面には、LAN、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、USB 2.0×2、5in1メディアスロット、マイク入力、ヘッドフォン出力が用意されている 右側面には、電源スイッチ、ワイヤレス機能ON/OFFボタン、USB 2.0×2が用意されている
USB経由で接続する外付けDVDスーパーマルチドライブが付属する 外付けDVDスーパーマルチドライブを取り付けたところ
dm3aのバッテリ。薄型のリチウムポリマーバッテリを採用 dm3aのバッテリは、11.1V/57Whの6セル仕様だ CDケース(左)とバッテリのサイズ比較
ACアダプタのサイズはこのクラスの製品としては標準的。ACケーブルのプラグは3ピンのミッキータイプだ ACケーブルの代わりに装着するACプラグが付属している CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較

●CULVノートPCと同程度の性能

 参考ためにベンチマークを計測してみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較対照用に日本HP「HP Pavilion Notebook PC dm3iハイパフォーマンスモデル」、レノボ「ThinkPad T400s」、NEC「LaVie M」、ソニー「VAIO X」、日本HP「HP Mini 2140 Notebook PC」の値も掲載した。

 PCMark05のCPU Scoreの値は3114で、Atom搭載ネットブックの約1.5倍以上で、CULVノートPCの「LaVie M」をもやや上回っている。しかし、標準電圧版のCore 2 Duoを搭載するdm3iハイパフォーマンスモデルやThinkPad T400sと比べると半分程度しかない。

 3DMark03のスコアは、Intelの最新グラフィックス統合型チップセットを採用したThinkPad T400sやLaVie Mを上回っており、内蔵グラフィックスコアの描画性能が優れていることがよくわかる。7,200rpmの高速HDDを搭載しているため、CrystalDiskMarkのスコアも優秀だ。

 総合的に見て、ネットブックよりは高性能だが、A4フルサイズノートよりは下であり、CULVノートPCと同程度のパフォーマンスと考えてよい。また、BBenchによるバッテリ駆動時間のベンチマーク結果は4時間18分であり、ときどき持ち歩いて使うといった用途なら十分であろう。

  dm3a dm3iハイパフォーマンスモデル ThinkPad T400s LaVie M VAIO X HP Mini 2140 Notebook PC
(1,366×768ドット液晶)
CPU Athlon Neo X2 L335(1.6GHz) Core 2 Duo SP9300(2.26GHz) Core 2 Duo SP9400(2.4GHz) Celeon SU2300(1.2GHz) Atom Z540(1.86GHz) Atom N270(1.6GHz)
ビデオチップ M780G内蔵コア GeForce G105M Intel GS45内蔵コア Intel GS45内蔵コア US15W内蔵コア Intel 945GSE内蔵コア
PCMark05
PCMarks 2781 5042 4454 2826 1248 1566
CPU Score 3114 5604 6204 2966 1583 1482
Memory Score 2614 5016 5323 3066 2421 2350
Graphics Score 1355 3448 1802 1397 245 546
HDD Score 4563 5051 4471 4948 3526 5713
3DMark03
1,024×768ドット32bitカラー(3Dmarks) 2484 8478 2186 2048 365 718
CPU Score 648 1535 計測不可 495 207 242
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 2173 5676 3945 1995 436 1010
LOW 3976 8660 計測不可 1367 766 1386
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 62.47 99.97 99.97 76.43 36.17 36.9
HP 99.97 99.97 99.97 99.97 85.5 75.97
SP/LP 99.97 99.93 100 99.97 100 99.97
LLP 99.97 99.97 100 99.97 100 99.97
DP(CPU負荷) 70 50 49 68 78 68
HP(CPU負荷) 54 27 22 42 78 68
SP/LP(CPU負荷) 39 19 14 28 59 42
LLP(CPU負荷) 35 17 11 22 39 32
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 92.55MB/s 76.27MB/s 43.89MB/s 60.31MB/s 65.90MB/s 未計測
シーケンシャルライト 85.19MB/s 72.82MB/s 41.44MB/s 66.25MB/s 38.42MB/s 未計測
512Kランダムリード 36.64MB/s 34.69MB/s 22.17MB/s 27.50MB/s 63.23MB/s 未計測
512Kランダムライト 47.96MB/s 32.72MB/s 24.77MB/s 31.19MB/s 3.108MB/s 未計測
4Kランダムリード 0.489MB/s 0.516MB/s 0.329MB/s 0.369MB/s 4.135MB/s 未計測
4Kランダムライト 1.004MB/s 1.025MB/s 0.811MB/s 0.984MB/s 1.523MB/s 未計測
BBench
Sバッテリ なし なし なし 3時間39分 2時間57分 未計測
Lバッテリ(標準バッテリ) 4時間18分 5時間1分 4時間2分 7時間26分 6時間2分
Xバッテリ なし なし なし なし 12時間56分

●製品としての出来はよいが、dm3iとの性能差が気になる

 dm3aはオープンプライスだが、実売価格は9万円前後であり、CULVノートPC(ネットノート)と同じ価格帯となる。ベンチマーク結果から判断して、性能はCeleron SU2300搭載CULVノートPCと同程度であり、ノートPCとしての出来も優秀だ。しかし、兄弟機のdm3iハイパフォーマンスモデルは直販価格99,750円と約1万円高くなるが、通常電圧版Core 2 DuoとGeForce G 105Mを搭載しており、性能はかなり上だ。一般的な用途ならdm3aでも十分なパフォーマンスだが、プラス1万円で、より快適なdm3iハイパフォーマンスモデルが購入できることを考えると、どちらを選ぶか迷うところだ。ポータブルDVDスーパーマルチドライブが付属していることや、量販店のポイント還元などを差し引いても、もう1万円安くなれば、コストパフォーマンス的にも魅力が増すであろう。

バックナンバー

(2009年 11月 30日)

[Text by 石井 英男]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.