.biz

PC Watch .bizでは、法人向けの製品やサービスを取り上げます。

マウス、Samsung製データセンター向けSSDを採用するハイエンドNAS

「MousePro SV220SW」シリーズ

 株式会社マウスコンピューターは29日、Samsungの高信頼性SSD「845DC EVO」を搭載するビジネス向けNAS「MousePro SV220SW」シリーズを発売した。

 ビジネス向けのMouseProブランドで発売されるNASで、Samsungがデータセンター用と位置付け、リアルタイムエラー訂正や電源喪失保護、異常高温を検知してデータ喪失を防ぐ機能などを備えるSSD「845DC EVO」を採用。このSSDは内蔵の2.5インチベイに1〜2基搭載され、このほかに3.5インチHDDなどを搭載できる4スロットのホットスワップベイを搭載する。

 ラインナップは3モデル。メモリ4GB、SSD 240GBを搭載する「SV220SWSV2」は109,800円(税別)。メモリ4GB、SSD 480GB、HDD 2TB構成の「SV220SW2NSV4」は147,800円(同)。メモリ8GB、SSD 1.92TB(960GB×2/RAID 0)、HDD 3TB構成の「SV220SW3NSR0V9」は327,800円(同)

 そのほかの仕様は共通で、プロセッサはPentium G3240(3.1GHzデュアルコア)、チップセットはIntel C222、GPUはAspeedのAST1300、OSはWindows Storage Server 2012 R2 Workgroup Editionを搭載。インターフェイスはミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet×2(Intel 210AT)、eSATA、USB 3.0×2、USB 2.0×2を備える。

 本体サイズは200×337×273mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約8.2kg。

「MousePro SV220SW」シリーズ
「Samsung 845DC EVO」

(多和田 新也)