ASUSTeK 「Eee PC 1002HA」、「Eee PC S101H」
〜160GB HDD搭載のEee PC新モデルが登場




ASUSTeK 「Eee PC 1002HA」

発売中

価格:52,800〜64,800円



 ASUSTeKのネットブック「Eee PC」シリーズの中で、日本向け初のHDD搭載モデルとして昨年10月末に発売された「Eee PC 1000H-X」に続き、「Eee PC 1002HA」が登場。またそれに合わせ、薄型ボディが特徴のEee PC S101にも、HDD搭載モデル「Eee PC S101H」が追加された。今回は、この最新2機種を紹介しよう。

●Eee PC 1002HAでは薄型・軽量化を実現

 ではまず、Eee PC 1002HA(以下1002HA)から見ていこう。Eee PC 1000H-Xは、初期Eee PCである「Eee PC 4G-X」や「Eee PC 901-X」のデザインを踏襲しつつ、液晶画面の大型化やHDDの搭載を実現したモデルであった。それに対し、1002HAは、1000H-Xと同じ2008年11月末に発売された「Eee PC S101」(以下S101)に近いデザインへと変更されている。例えば、従来モデルでは円柱形に近いバッテリ形状に合わせたヒンジ部付近の曲線的なデザインが特徴だったが、バッテリが底面搭載型へと変更され、直線的でシャープなデザインへと変更されている。

 また、本体の厚さが、従来モデルの28.5〜38mmから27.6〜27.8mmへと、かなり薄型化されている。本体重量も約1.45kgから約1.25kg(実測値では1,241g)と200gほど軽量化されている。従来モデルは、10型ワイド液晶と160GB HDDを搭載する使いやすさが特徴だったが、本体が分厚くやや重かったこともあり、ネットブックとしての魅力が少々失われていたのも事実。しかし、1002HAでは薄型化と軽量化が実現されたことで、モバイルノートとしての魅力が大きく向上している。

 また、本体カラーにメタルグレーおよびダークブルーと、落ち着いた色合いが採用されるとともに、ヘアライン仕上げが施されたことで、見た目のイメージも一新され、これまでのEee PCシリーズにはない高級感が感じられるようになった。個人的には、S101で採用されている光沢感が強くラメ入りの塗装よりも、1002HAのヘアライン仕上げの方が好印象で、今後はこちらを広く採用してもらいたいと感じる。

本体正面。厚さが27.6mm〜27.8mmと薄型化を実現 左側面。手前から奥までほぼ均一の厚さだ。USB 2.0が2ポート用意されている 背面。バッテリが底面に移動したことで、ポート類が配置されるようになった
左から、SDカードスロット、ミニD-Sub15ピン、Ethernet、電源の各コネクタ 右側面。USB 2.0が1ポートと、マイク、ヘッドフォン端子がある 天板。表面はヘアライン仕上げが施され、落ち着いた中にも高級感が感じられる。カラーはメタルグレーとダークブルーが用意される
フットプリントは264×181mm。S101と同じサイズだ 重量は実測値で1,241g。1000H-Xよりも200gほど軽量化された 専用のポーチが付属
ACアダプタは、他のEee PCシリーズでも採用されている小型のものが付属する ACケーブル込みで214.5g(実測値)と非常に軽量で、持ち運びも楽だ 小型のUSBマウスも付属する

●Eee PC S101Hは、HDD搭載の代わりに本体が厚くなった

 次にEee PC S101H(以下S101H)だ。こちらは、10.2型液晶搭載かつ薄型ボディで人気の高いS101をベースに、160GB HDDを搭載したモデルだ。本体デザインは、天板の光沢感が強くラメ入りの塗装や、ヒンジ部にスワロフスキー製のクリスタルガラスが埋め込まれている点なども含め、S101がほぼそのまま踏襲されている。

 しかし、HDDを搭載するために、本体底面部分の形状が変更されるとともに、本体の厚さが若干増えている。S101では厚さが18〜25mmだったのが、S101Hでは25〜27.5mmと、最大7mmほど厚くなっている。加えて、前方から後方にかけて均一に近い厚さとなっており、S101の非常に薄いというイメージがほぼなくなっている。構造的には、キーボードから下のボディ部分を、2.5インチHDDを収納できるよう厚くしたといった感じだ。それでも、Eee PC 4G-X系列のデザインのボディと比較すると十分薄い。

 また、本体重量も増加している。これは、HDDを搭載していることを考えると仕方のない部分ではある。それでも、従来モデルの約1.06kgから約1.1kg(実測値では1,164g)と増加の幅は少ない。HDDを搭載しながら重量増が少ないという点には理由があるが、それは後ほど説明する。

本体正面。見た目にはわかりづらいが、1002HAよりも若干薄い。とはいえほぼ同じ形状だ 左側面。前方が薄く、後方が厚いが、その差は少ない。ポートはUSB 2.0×2と1002HAと同じだ 背面。ポートの配置も含めて1002HAとほとんど同じだ
左側面。こちらのポートも、1002HAと同じで、USB 2.0×1とマイク、ヘッドフォン端子だ ヒンジ部にスワロフスキー製クリスタルガラスが埋め込まれている点はS101譲り
天板が、光沢感の強いラメ入り仕上げとなっている点もS101と同じだ 重量は実測値で1,164gと、本体が厚くなり、HDDを搭載した割にはそれほど重くなっていない

●基本スペックに違いはほとんどない

 1002HAおよびS101Hは、異なる系列のモデルのため、本体デザインは異なっているものの、スペック面にはほとんど差が見られない。

 液晶は1002HAが10型、S101Hが10.2型と発表されているが、実際には全く同じ大きさだ。表示解像度はどちらも1,024×600ドット。側面や背面に用意されているポート類も同じ。また、基本スペックも、CPUがAtom N270、チップセットがIntel 945GSE Express+ICH7M、メインメモリが標準1GB、160GBのHDDと10GBのWebストレージ、IEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN、Bluetooth 2.0+EDR、OSがWindows XP Home Edition SP3と全く同じだ。

 さらに、キーボードおよびポインティングデバイスも全く同じものだ。キーボードは、双方ともS101に搭載されていたものと同じで、キーピッチが約17.5mmとゆったりしており、非常に扱いやすい。また、ポインティングデバイスも面積が広く、スムーズなカーソル操作が可能だ。

 唯一異なる点は、液晶上部に取り付けられているWebカメラの解像度(1002HAが130万画素、S101Hが30万画素)ぐらいで、基本的にスペックに違いは無いと考えていい。

1002HAの液晶。1,024×600ドット表示対応の10型ワイド液晶を採用する こちらはS101Hの液晶。解像度は1,024×600ドットと同じだが、サイズは10.2型とされている 左が1002HA、右がS101Hだが、液晶のサイズは全く同じだった
1002HAのキーボードは、S101に搭載されていたものと全く同じものが採用されている ピッチは約17.5mm。Enterキー付近の一部のキーでピッチが狭くなっているが、タッチタイプも余裕で扱いやすい タッチパッドもS101と同じもの。カーソル操作は扱いやすいが、クリックボタンが左右一体になっている点は少々気になる
こちらはS101Hのキーボード面。キーボード、タッチパッドともに全く同じだ 1002HAには、130万画素のWebカメラが搭載される S101Hでは30万画素のWebカメラと搭載。ここがスペック面で唯一大きく異なる点だ
本体の厚さ比較。左の1002HAのほうが若干分厚いが、ほとんど差はない フットプリントは、双方とも264×181mm

●底面の構造や内部の基板も全く同じ

 次に底面の構造だ。こちらもスペック面同様、双方とも全く同じとなっている。前方左側にリチウムポリマーバッテリが取り付けられ、その右には2.5インチHDDが搭載されている。また、バッテリ上部にはメインメモリ用のSO-DIMMスロットにアクセスするフタが用意されている。底面を見ただけでは、どっちがどっちだかわからない。それもそのはずで、底面はボディを含めて双方全く同じパーツが利用されているのだ。

 S101では本体底面前方に、両端まで届くほどの大型リチウムポリマーバッテリが搭載されていたが、1002HAおよびS101Hでは、HDDの搭載に伴って、やや幅の狭いリチウムポリマーバッテリが採用されている。S101Hが、HDDを搭載しながら大きな重量増になっていないのはこのためだ。なお、バッテリ容量は従来の4,900mAhから4,100mAhへとそれほど大きな減少とはなっていないが、HDDを搭載しているために駆動時間はS101の約6時間から約4時間へと大きく短縮している。

 ちなみに1002HAのバッテリ駆動時間は約4.1時間となっている。スペック面がほとんど同じなので、差がない。

 バッテリスロットの右のフタを外すと、内蔵されている2.5インチHDDに簡単にアクセスできる。搭載されているHDDは、厚さ9.5mmの2.5インチHDDで、接続インターフェイスはSATAだ。HDDはラバークッションで覆われており、ある程度の耐衝撃性が確保されている。これだけ簡単にHDDにアクセスできるなら、換装も容易だ。

■■ 注意 ■■

・分解/改造を行なった場合、メーカーの保証は受けられなくなります。
・この記事を読んで行なった行為(分解など)によって、生じた損害は筆者および、PC Watch編集部、メーカー、購入したショップもその責を負いません。
・内部構造などに関する記述は記事作成に使用した個体に関してのものであり、すべての製品について共通であるとは限りません
・筆者およびPC Watch編集部では、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 基本スペックや本体の構造などにほとんど違いのない両機種だが、内蔵されている基板も全く同じものであった。この基板は、S101の基板からSSD用のMini PCI Expressコネクタを省き、HDD接続用ケーブルを接続するコネクタを取り付けたもの。同じパーツを多用するのは、コストダウンを実現するためだろう。とはいえ、ここまで同じだと、わざわざ機種を分ける意味があるのか、少々疑問に思えてくる。

1002HAの底面。手前左がバッテリ、手前右がHDDベイ、バッテリの上がSO-DIMMスロットとなる バッテリは、容量4,100mAhのリチウムポリマーバッテリを採用。S101のバッテリよりも幅が狭い 内蔵のHDDは、9mm厚の2.5インチドライブを採用。フタを開けるだけで簡単に取り出せる
HDDはラバークッションで覆われ、外部の衝撃から守られている メインメモリ用のSO-DIMMスロット。標準で1GBのSO-DIMMが取り付けられている。左は無線LANモジュールだ こちらはS101Hの底面。1002HAの底面と全く同じ構造で、バッテリやHDDも同じものが利用されている
分解手順は、従来モデルとほぼ同じ。まずキーボードを外して見えるネジを全て外せば分解できる。キーボード下にはおなじみの封印シールもある キーボード面を外した状態。基板の形状はS101の基板そっくりだ パームレスト右下には、Bluetoothモジュールが埋め込まれている
基板を取り出した状態。SSDを取り付けるMini PCI Expressコネクタがなく、HDD接続用のケーブルが伸びているが、それ以外はS101の基板と全く同じ構造だ こちらは、S101Hの基板。1002HAの基板と全く同じことがわかる

●軽量さで選ぶならS101H、デザインで選ぶなら1002HA

 では、ベンチマークテストの結果をチェックしていこう。利用したベンチマークソフトは、Futuremarkの「PCMark05 (Build 1.2.0)」と、HDBENCH.NETの「HDBENCH Ver3.40beta6」、スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」の3種類。比較用として、Eee PC S101およびEee PC 901-Xの結果も加えてある。

 結果を見ると一目瞭然だが、ディスクまわりの結果以外は、完全に横並びとなっている。各機種の基本スペックの違いが、HDDを搭載するかSSDを搭載するかだけなので、それも当然の結果だろう。ちなみに、HDDとSSDの違いは、さすがに読み出し速度ではSSDが勝っているが、その差はそれほど大きなものではなく、逆に書き込み速度ではHDDが勝っており、実際に使う上では、HDDの方が快適に利用できる場面が多そうだ。もちろん、容量面でもかなりの余裕があり、残り容量を気にせず気楽に使えるという意味でも、HDDの搭載は嬉しい。


Eee PC 1002HA Eee PC S101H Eee PC S101 Eee PC 901-X
CPU Atom N270(1.6GHz動作) Atom N270(1.6GHz動作) Atom N270(1.6GHz動作) Atom N270(1.6GHz動作)
GPU Intel 945 GSE Express Intel 945 GSE Express Intel 945 GSE Express Intel 945 GSE Express
メモリ 1GB 1GB 1GB 1GB
OS Windows XP Home Edition SP3 Windows XP Home Edition SP3 Windows XP Home Edition SP3 Windows XP Home Edition SP3
PCMark05 Build 1.2.0
PCMark Score 1532 1531 1759 1280
CPU Score 1495 1493 1492 1499
Memory Score 2447 2432 2414 2278
Graphics Score 577 577 545 534
HDD Score 4091 4047 7755 1526
HDBENCH Ver3.40beta6
All 39886 40380 45668 28863
CPU:Integer 99174 98968 98124 98229
CPU:Float 67997 68006 67228 67426
MEMORY:Read 50611 50698 49495 49817
MEMORY:Write 51077 51056 50243 50493
MEMORY:Read&Write 89879 89976 88536 88100
VIDEO:Recitangle 17559 17387 17759 16933
VIDEO:Text 10575 10534 9164 10327
VIDEO:Ellipse 4456 4480 4436 4453
VIDEO:BitBlt 253 255 269 208
VIDEO:DirectDraw 29 29 35 30
DRIVE:Read 62976 63602 83934 32435
DRIVE:Write 51979 54584 46800 7038
DRIVE:RandomRead 19331 19976 62326 26743
DRIVE:RandomWrite 24818 24444 14151 6277
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
LOW 1502 1543 1541 1478

 ただし、HDDの搭載によってバッテリ駆動時間は当然短くなる。ただ、従来より行なっているのと同じように、液晶輝度を最大に設定し、無線LANおよびBluetoothも動作させた状態で、動画ファイル(WMV9/ビットレート1,156kbps/640×480ドット)をWindows Media Player 11で連続再生させてバッテリ駆動時間を計測してみたところ、S101H、1002HAとも約2時間であった。S101の2時間40分弱からは短くなっているが、HDDを搭載し、さらにバッテリ容量も減っていることを考えると、がんばっているという印象が強い。液晶輝度を落とし、無線機能を切ったり省電力機能を有効にすれば、3時間は余裕で持つと思われるため、HDDを搭載したとはいえ、満足できるバッテリ駆動時間が確保されていると考えていいだろう。

バッテリ駆動時間
Eee PC 1002H 2時間02分
Eee PC S101H 2時間00分
Eee PC S101 2時間38分
Eee PC 901-X 3時間26分

 今回、1002HAとS101Hの2機種を取り上げたが、見た目のデザインが異なってはいるものの、仕様面は全くといっていいほど同じで、先述したように、モデルを分けて展開する意味もあまりないと感じるほどだ。ただ、価格は1002HAの52,800円に対し、S101Hは64,800円とかなりの開きがある。S101Hは、S101の高級路線を引き継いでいることもあって、この値付けになっているのだろう。ほとんど同じ仕様で12,000円の価格差があるとなると、S101Hよりも1002HAの方が魅力が大きいのは間違いない。

 あえて差をあげるとすると、本体重量だろう。S101Hのほうが1002HAよりも80gほど軽い。そのため、軽さを追求したいならS101Hだろう。とはいえ、80gの違いはほぼ無視できる範囲とも言える。

 趣味もあるため一概には決められないが、デザイン的にもシンプルな1002HAの方が好印象。個人的には、安価に購入できる1002HAを断然お勧めしたい。

□関連記事
【2月4日】ASUSTeK、160GB HDD搭載の薄型ネットブック「Eee PC S101H」
〜同じく薄型の「Eee PC 1002HA」も新発売
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0204/asus.htm
【2008年11月14日】ASUSTeK「Eee PC S101」製品版詳細レビュー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1114/asus.htm
【2008年10月27日】【西川】Eee PC 1000H-X速攻レビュー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1027/nishikawa.htm

バックナンバー

(2009年2月13日)

[Reported by 平澤寿康]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.