最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、Vistaの数々の新機能を総括

11月21日 実施



 Windows Vistaの開発が終了し、一般販売まで2カ月あまりとなり、マイクロソフトによるWindows Vista露出の機会が増えてきた。実際、21日に行なわれたVistaの新施策に関する発表会でも、3時間近い時間を取ってVistaの新機能についての統括的な説明が行なわれた。

 大部分はこれまでのイベントや発表会でも紹介されてきたものだが、おさらいと予習の意味でここに紹介する。なお、一部の機能は、下位のエディションでは省かれている。エディションごとの機能の違いは、最後の表を参照して欲しい。

●わかりやすさと性能

 Windows Vistaのもっとも特徴的な部分は「Windows Aero」と呼ばれるユーザーインターフェイス(UI)だろう。ウィンドウが透過的になったり、3D表示されたりと、見た目の派手さに目がいくが、Vistaでは、このUIを含め、より直感的でわかりやすいようにとの配慮がなされている。

 Windows Vistaは、デスクトップ検索機能を標準搭載しており、もっとも頻繁に利用されるであろう「Explorer」にも検索フォームがついた。これにより、フォルダをたどっていかずとも、目的のファイルにたどり着ける。検索条件は保存できるので、複数の検索条件を保存しておくことで、ファイル自体を複数のフォルダにコピーしたりしないでも、任意のファイルを一覧表示できる。

 ファイルの表示ペインでは、アイコンの大きさが変更でき、1ページ目のサムネールを表示できるので、ファイル名から中身が分からない場合も、アプリケーションを開くことなく中身を知ることができる。また、オーディオファイルについても、ジャケット画像データを表示できるようになったので、視覚的に把握できる。加えて言うなら、日本語フォントとして初めてClearTypeに対応するメイリオを搭載したことで、日本語の視認性が向上している。

Vistaの起動音も披露された クイック検索機能による検索結果の表示
右ペインのアイコンは「表示」メニューから大きさを変更できる 従来のMSゴシック(左)とメイリオ(右)

 性能向上についてもいくつかの新機能が搭載されている。1つは「Windows SuperFetch」と呼ばれる、プリロード機能。Windows XPでは、使用した順番にアプリケーションやデータをキャッシュ内に保持していたが、Vistaでは利用頻度に応じてキャッシュにプリロードするようになったため、利用頻度が高いアプリケーションはHDDからの読み込みが減り、起動時間を短縮できる。また、Vistaでは、ウイルススキャンなどのアイドルタスクがキャッシュされても、そのタスクが終了次第キャッシュから取り除かれ、頻度の高いものが再キャッシュされる。

 さらに、バックグラウンドプロセスはユーザープロセスより低優先度のI/Oとして実行されるため、ウイルススキャンが発生しても、フォアグラウンドのアプリケーションをストレスなく利用できる。

 メインメモリの増設が難しいノートPC向けに、「Windows ReadyBoost」と呼ばれる、USBメモリの活用技術が搭載されている。この機能を利用すると、USBメモリをリードキャッシュとして使えるようになる。ライトキャッシュにはならないので、いつでもUSBメモリを抜き差しできる。

USBメモリを挿すと、自動再生のオプションとして「Windows ReadyBoost」が表示 選択すると、プロパティ画面が開き、詳細を設定できる

 どちらかというとシャットダウンに関する機能だが、Vistaでは電源のOFFを実行すると標準でスリープモードに移行する。そのため、起動(復帰)時間が大幅に短縮されている。ノートPCでは、スリープから18時間が経過するか、バッテリレベルが一定以下になると、自動的にハイバネーションが行なわれ、デスクトップではスリープとハイバネーションが同時実行される。

 性能についておもしろいのが、Vistaでは、「Windowsエクスペリエンスインデックス」という性能指標を確認できる。これは、プロセッサや、メモリ、グラフィックス、HDDなどの性能を5.9点満点で表示するもので、自分のPCのおよその性能を知ることができる。また、Vista対応ゲームでは、推奨スコアが表示され、そのゲームを自分のPCで実行できるか、そのゲームを動かすには何をアップグレードすれば良いかを把握できるようになっている。

Windowsエクスペリエンスインデックスの画面 Vista対応ゲーム(ここでは標準付属のChess Titans)でも、エクスペリエンスインデックスが表示され、自分のPCが必要要件を満たしているか確認できる

 実はWindows Aeroも性能向上に寄与している。Vista以前のOSでは、ウィンドウを動かすと画面全体を再描画するため、CPU負荷がかかるが、Windows AeroではGPUの3D機能を用いて、各ウィンドウを別レイヤーで描画しているので、ウィンドウを動かしても、全体の再描画が不要となっている。

 バックアップも利便性が向上している。新たに自社エンジンを搭載し、バックアップ時間が短縮されたほか、差分バックアップや、過去のバックアップからのファイルの復元機能が追加された。ファイルの復元については、HDD容量の許す限り履歴が保存され、ゴミ箱から削除した場合でも、任意のバージョンのファイルを復元できる。

 このほか、XP搭載機からの移行を助ける手段として、サードパーティから「転送ツールケーブル」と呼ばれるUSBケーブルが発売される。このケーブルをXP機とVista機に挿すことで、ウィザードに従って各種ユーザーデータや設定を新PCに移行できる。

ファイルをゴミ箱から完全に削除しても…… 過去のファイル履歴から任意のバージョンを指定して復元できる バックアップは1つファイルではなく、小さいサイズのZIPファイルが多数作成されるようになれ、高速化とファイルサイズの縮小を実現
Windows転送ツールケーブルを紹介する同社Windows本部ビジネスWindows製品部シニアプロダクトマネージャの飯島圭一氏 Vista PCでは転送ツールケーブルを接続すると、このようなダイアログが表示され…… 希望する情報/設定/ファイルを新PCに転送できる

●セキュリティ

 Vistaは、当初からセキュリティの向上を念頭に開発されていることがアピールされてきた。この成果の1つとして、ユーザーアカウントの制御方法が変更されている。

 XPの場合、個人PCでは普通、利用者アカウントが管理者権限を持つ。そのため、知らず知らずのうちに重要な設定を変更してしまったり、Webを通じて悪意のあるプログラムをインストールしてしまうことがある。

 これに対しVistaでは、管理者のアカウントであっても、ログオン時はスタンダードユーザー権限が付与される。プログラムのインストールなど管理者権限が必要なタスクでは、ダイアログの表示とともに、管理者権限が一時的に与えられ、そのタスクの実行について明示的な判断が求められ、不用意なインストール等を防ぐ。また、ゲストアカウントでログオンしたが、Internet Explorer (IE)を使うと、管理者権限が与えられるというXPの脆弱性にも対策した(IE 7の保護モード時)。

Vistaではユーザーアカウント制御が一新された 管理者アカウントでもプログラムのインストールを行なうと 実行について明示的な判断が求められる

 家族のための安全設定も標準で実装され、子供のアカウントに対して、保護者がPCの利用時間や、ゲームプレイの許可、好ましくないサイトへのアクセスブロックなどを設定できる。

 このほか、XPでも利用できるが、アンチスパイウェアソフト「Windows Defender」や、フィッシング詐欺への対策機能などを搭載した「IE 7」が標準で搭載されている。

 なお、同社ではこれらの機能は基礎的なものであり、ユーザーの用途やニーズによっては他社製のものを含め、標準機能以外のセキュリティソリューションを組み合わせて使っていく必要があるとしている。特に、アンチウイルスソフトは標準搭載されていないので、ユーザーが用意する必要があるだろう。

ユーザーアカウントの設定画面から、保護者による制限を実行可能 子供がアクセスできるプログラムやサイトの指定のほか…… 曜日ごとに利用時間も指定できる
Windows Defenderにより、スパイウェアなどが検知されると、即座に通知され、削除などができる IE 7はフィッシング対策を施し、怪しいサイトでは警告のポップアップを出す すでにフィッシングサイトであると報告済みの場合は、サイトの画面を出す前に、警告を表示する

●エンターテイメント

 Vistaは、「Windows Presentation Foundation」(WPF)と呼ばれる複合型メディアエンジンを実装している。開発者にとってのWPFの特徴は、プログラムコードとUIを分離した点にあるが、ユーザーにとっては、よりリッチなUIのアプリケーションを楽しめるというメリットがある。WPFの詳細は、関連記事に譲るが、Webコンテンツ/アプリケーションでも、動画なども含むWeb情報を3Dインターフェイスに載せて表示といったことが容易になる。

 デモでは、カーレースにおける異なる視点/ドライバーからのストリーミング映像を立体的に表示し、クリックで視点やドライバーを変更したりしてみせた。これはパワーのあるPCならではのコンテンツといえ、TVやセットトップボックス、ネット対応端末では不可能な能力をPCにもたらす技術といえる。

WPFの利用例。視点の違う3つのストリーミング映像を3Dを使ってブラウザ内でリアルタイム表示。視点やドライバーの変更は新しい画面に切り替えずに行なえる こちらもWPFを使って、テキストを段組表示しているが、段組が何段になるかは、ウィンドウの横幅、フォントの大きさによって、動的に変化する テキストだけでなく、画像も段落の幅に合わせて大きさが変わる

 Windows Home PremiumとUltimateのみの搭載となるが、Media Center機能もVistaの機能の1つ。10フィートGUIと呼ばれる、大きなアイコンと文字による画面をリモコンで操作し、各種メディアファイルやオンラインコンテンツを表示できる。このMedia Center機能もWPFを活用しており、3D効果をうまく使ったインパクトのあるコンテンツが開発されている。

 なお、WPFは、「.NET Framework 3.0」上で動作するようになっており、今後XPでも.NET Framework 3.0のランタイムをインストールすることで利用できるようになる。また、ブラウザについても、標準サポートはIE 6以降だが、他社製ブラウザ用にサブセット版ランタイムが提供される予定。

Media CenterでもWPFを利用することで、よりインパクトのあるコンテンツが作れるようになった

 写真、音楽、映像といったメディアファイルの扱いも洗練された。「Windowsフォトギャラリー」では、写真のサムネールサイズを多段階に調整したり、タグ付けして、特定の条件のものだけを表示といったことが簡単にできる。また、RAW画像の表示に対応し、「Windows DVDメーカー」とシームレスに連動して、DVDを作成できる。動画は「Windowsムービーメーカー」が1080pまでのHDデータに対応した。

 Windows Media Playerもバージョンが11になり、取り込み、再生、CDへの書き込みなどの画面の統一性が向上しているが、これはWindows XP用がすでにリリースされている(日本語版は2007年1月の予定)。

Windowsフォトギャラリーではサムネールサイズを多段階に調整でき、タグによる分類表示も出来る Windows DVDメーカーと連動してDVDの作成も簡単に行なえる

●モビリティ

 同社はこれまでのOSで、ホームとビジネスという2つの面における利用価値を提案してきたが、Vistaでは新たに、モビリティにおける価値も訴求している。

 モビリティ機能を解説したこちらの記事に詳しいが、小型ディスプレイにスケジュールやメールなどの情報を表示する「Windows SideShow」、オンライン会議ツール「Windowsミーティングスペース」、より簡単でパワフルな電源管理機能、モビリティ周りの設定を集約的に行なえる「Windowsモビリティセンター」などが搭載されている。

 また、HDD暗号化機能「BitLocker Drive Encryption」を利用することで、ノートPCを紛失しても、情報の漏洩を防げる。

Windowsでファイルを削除しても、特殊なツールなどを使ってHDDをスキャンすると、データの痕跡からデータを復元することも出来る BitLockerを使うと、スキャンを行なってもデータは読み出せない

【表】エディションによる機能の違い

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□Windows Vistaのページ
http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/
□関連記事
【11月16日】マイクロソフト、Vistaのライセンス/アクティベーションについて解説
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1116/ms.htm
【11月2日】マイクロソフト、Internet Explorer 7日本語版を公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1102/ms.htm
【10月31日】Microsoft、メディアプレーヤーソフト「Windows Media Player 11」を公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1031/ms.htm
【9月12日】マイクロソフト、Windows Vista RC1の改善点を紹介
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0912/ms.htm
【9月4日】マイクロソフト、Windows Vistaのモビリティ機能を解説
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0904/ms.htm
【8月7日】「Windows Vistaは史上最強のセキュリティを実現」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0807/ms.htm
【4月21日】マイクロソフト、Windows Vista記者説明会を開催
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0421/ms1.htm
【2005年10月27日】【笠原】Windows Vistaにみる“メディアセンター”の可能性
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1027/ubiq130.htm
【2005年9月18日】【本田】Avalonがもたらすユーザー環境への変化
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0918/mobile309.htm
【2005年9月15日】【本田】Windows VistaとOffice 12がもたらす新体験
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0915/mobile306.htm

(2006年11月22日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.