最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

IBMのBlueGene/Lがスパコン性能1位を堅持、
地球シミュレータはトップ10落ち
〜東工大のTSUBAMEは性能を伸ばすも9位にダウン

11月14日(米国時間) 発表



 スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」の2006年11月版の結果が14日(米国時間)、公開された。TOP500ランキングは毎年6月、11月に発表され、今回で28回目。

 1位はIBMの「BlueGene/L」で、7期連続の1位。Linpackのベンチマーク結果は280.6T(Tera) FLOPSで、2位以下に大差をつけている。ベンチマーク数値は6月の結果から変わらない。

 2位はOpteronを搭載したCrayの「Red Storm」で、前回の9位から大幅にランクアップ。ベンチマーク結果は101.4T FLOPS。3位は前回2位だったIBMの「BlueGene」で、ベンチマーク結果は91.20T FLOPS。

 国内のスパコンでは、東京工業大学のTSUBAMEが9位にランクイン。6月の38.18T FLOPSから、今回、47.38T FLOPSまで性能を伸ばしたが、ランキングは7位から9位へ下がった。Red Stormの性能向上や、欧州のMareNostrum(スペイン)などが上位にランクインしたため。NECの地球シミュレータは前回の10位から14位に下がり、トップ10から消えた。

 今回は、AMDのOpteron、IBMのPowerを搭載したシステムが増加しており、Opteronベースは1年前の55システムから113システムへ2倍以上に躍進。Powerベースは、1年前の73システムから93システムに増加している。Intel CPUは261システムで全体の52.2%を占めるのものの、1年前の333システムから大幅に減少した。デュアルコアCPUの採用も増加しており、デュアルコアOpteronは75システム、Woodcrest(Xeon 5100シリーズ)は31システムとなった。

□TOP500のホームページ(英文)
http://www.top500.org/
□ニュースリリース(英文)
http://www.top500.org/lists/2006/11
□関連記事
【11月6日】東大、1チップで512G FLOPSを達成する512コアプロセッサ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1106/tokyou.htm
【9月7日】IBM、1万6千個のCellと8,000個のOpteronを搭載したスパコン
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0907/ibm.htm
【7月4日】東工大、世界7位のスパコン「TSUBAME」を公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0704/titech.htm
【6月29日】IBM BlueGene/LがTOP500リストで3年連続1位
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0629/top500.htm

(2006年11月14日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.