元麻布春男の週刊PCホットライン

バッファローの“3倍速い”「TeraStation Pro」を試す




●大容量NAS市場を作ったTeraStation

初代TeraStationこと、「HD-HTGL/R5」シリーズ

 内蔵した4台のHDDによる1TB近い容量、容量と冗長性のバランスのとれたRAID 5のサポート、Gigabit Ethernet対応、個人でも手を出せる約10万円という価格。これらはみな、2004年暮れに登場したバッファローの初代TeraStation、「HD-HTGL/R5」シリーズが備えていた特徴だ。

 このうちのどれが決め手になったのか、それとも全てを満たしていたからなのか、TeraStationは売れ、発売当初はなかなか入手できない状況にさえなった。1年あまりで3万台以上が売れたというから、PC周辺機器としてはかなり高額な部類に入る価格を考え合わせると、大ヒット商品と言っても言い過ぎではないだろう。

 しかも、これだけ売れ、注目されたにもかかわらず、1年半あまりの間、他社の追随を許さなかった。これはヒット商品にはすぐに追随者が出る業界において、かなり希有なこと。まさにこの市場を作ったのは、TeraStationだといっていい。

 TeraStation自体は、登場から1年後の2005年末に最初のモデルチェンジを行なった。このモデルチェンジでTeraStationは、内蔵ドライブをパラレルATAからシリアルATAに変更すると同時に、2系統に分かれている。初代の外観を継承しつつDLNAに対応したコンシューマモデルの「HS-DTGL/R5」と、ブラック筐体に変更し開閉式のフロントパネルでドライブへのアクセスを容易にするなど保守性を向上させたビジネスモデルの「TS-TGL/R5」だ。

 そしてこの2代目(新TeraStation)から約1年、ビジネスモデルのモデルチェンジが9月末に発表された。「TeraStation Pro」の愛称がつけられた3代目(TS-HTGL/R5シリーズ)の最大の特徴はデータ転送速度の向上。特に複数ユーザーからの同時アクセス時のデータ転送速度が向上しているという。またWindows ServerのActiveDirectoryと連携する機能も強化された。この3代目のリリースは12月上旬あたりが予定されているが、その試作機を借用することができたので、簡単に紹介することにしよう。

初代のデザインを受け継いだ2代目のコンシューマ向け「HS-DTGL/R5」(左)とビジネスモデルの「TS-TGL/R5」 発売が予告されている3代目「TeraStation Pro」

●TeraStation Proを試す

 3代目改め「TS-HTGL/R5」シリーズとして発売されるのは、容量1TB(250GB×4)、1.6TB(400GB×4)、2TB(500GB×4)の3モデル。今回試用したのは1TBモデルの「TS-H1.0TGL/R5」だ。外観をパッと見たところ2代目のビジネスモデルから変わったところはないように思われるが、若干のマイナーチェンジはあり、ファン交換が可能になった。また、ドライブ交換時のケーブルの引き回しが改善された。

 ただ、機構的な部分には大きな変更はない。キーロック可能で開閉式のフロントパネル、ラック式のHDDマウント(ただしホットスワップ非対応)、内蔵式の電源ユニットなどは共通だろう。2代目とほぼ同じ筐体を使うということは、アイ・オー・データ機器やロジテックの同種製品に比べ、サイズがかなり大きいということを意味する。実際、ほんの数日前まで筆者の手元にアイ・オー・データ機器の製品があったのだが、見た目で比べても容積比で2倍近いのではないかと感じられる。

 外観の変化が少ないのに対し、中身、特に基板はフルチェンジしている。主要なパーツの提供ベンダの変遷を表1にまとめておいたが、中身的には今回のモデルチェンジはフルモデルチェンジと言って間違いない。CPUについてはファン付きのヒートシンクが接着されていたため型番を読むことはできなかったが、メモリが直結されたSOCチップであること、Marvell製のPCI-Xバス接続タイプのシリアルATAコントローラが使われていることなどから考えて、同社のOrionシリーズのチップが使われているのではないかと考えられる。

本機のメインボード。CPUにはファン付ヒートシンクが取り付けられていた Marvell製のシリアルATAコントローラチップ。この88SX6042を搭載したPCI-X対応のシリアルATAホストアダプタカードが秋葉原で売られたことがあった

【表1】主要チップのベンダ変遷
 2代目3代目(TeraStation Pro)
CPUFreescale MPC8241Marvell Orion (推定)
Gigabit EthernetRealtekMarvell
SATASilicon Image *1Marvell
USBNECNEC(パッケージ小型化)
LCD ControllerNECNEC
DRAMMicronElpida
FlashSTST
*1 初代TeraStationはITE Tech製のATA133コントローラ

 CPUのアーキテクチャがPowerPC系(MPC8241)からARM11系(Orionは、ARM11コアのFeroceonベース)に変わったわけで、ソフトウェア的にもバイナリは別物ということになる。実際、ファームウェアのバージョン表示は0.01で、かなり初期段階のソフトウェアが使われているようだ。全く未使用であるにもかかわらず、RAIDアレイ1の空き容量が少なくなっている旨の注意が表示されるなど、おかしな部分がなくもない。

ブラウザベースの設定画面(トップ)。ネットワーク上の本機を探し出し、そのIPアドレスをブラウザに引き渡すユーティリティ(NasNavi.exe)が添付される。未使用にもかかわらず、容量が少なくなっていると表示されるのが、試用機で最も目立つ問題であった 本機のネットワーク(IPアドレス)設定。ジャンボフレームは3種から選択できる
ワークグループ設定ではActiveDirectoryドメインへの参加や、ドメインコントローラによる認証を設定できる システム状態でファームウェアのバージョンは0.01と表示されるが、思った以上に動作は安定している

●ベンチマーク結果

 ただ、今回限られたテストをし、利用する分には、動作そのものは極めて安定しており、特に不安を感じる部分はなかったため、前回前々回と同じテストを行なってみた。本機はジャンボフレームとして、4,102bytes、7,422bytes、9,694bytesの3種をサポートしていたので、それぞれ実施している。

【表2】クライアントPCの構成
CPUCore 2 Extreme X6800(2.93GHz)
MotherboardIntel D975XBX
Memory2GB DDR2-800
HDDHGST HDS722580VLSA80(80GB)
NetworkIntel PRO/1000 PL (Onboard)
Frame Size9,014bytes
OSWindows XP SP2

 その結果だが、FDBenchのスコアはそれほど良くないものの、実際にファイルをコピーしてみると読み出しも書き込みもそれなりに速い。筆者は個人的に初代TeraStationを現用中だが、50%〜100%近く速い結果が出ている。今後のチューニングでさらに向上する可能性を考えれば、かなり良好な結果ではないかと思う。

【表3】ベンチマーク結果(パワーマネージメント無効)
バッファロー TS-H1.0TGL/R5
構成RAID 5
ジャンボフレーム無効有効有効有効
1,518bytes4,102bytes7,422bytes9,694bytes
FDBench 1.01
KB/sec
ReadWrite12538136221454814662
Read23073268552835727645
Write3355332634693429
Random Read19976203492252023742
Random Write3748395738453834
Copy3846398440744137
2K175195192197
32K2214247026262638
256K6482626863506646
Variable6512700371287068
831MBのファイル
(871,774,212bytes)
NASへ書き込み1分3秒52秒53秒56秒
NASから読み出し42秒37秒36秒35秒

 使ってみてそれ以上に好ましかったのは、本機もUTF-8のサポートが行なわれ、WindowsとMacの両方で日本語フォルダ名/ファイル名が利用できることだ。初代TeraStationを使っていて、最もフラストレーションを感じる部分だっただけに、素直に喜ばしい。製品リリースまでに、どのようなブラッシュアップが行なわれるのかは分からないが、期待して待ちたいところだ。

□バッファローのホームページ
http://buffalo.jp/
□関連記事
【9月27日】バッファロー、3倍高速な「TeraStation Pro」を予告
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0927/buffalo1.htm
【10月23日】【元麻布】アイ・オーのNAS「LANDISK Tera」を試す
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1023/hot453.htm
【10月17日】【元麻布】ネットワーク接続型ストレージ「ロジテック TERAGATE」を試す
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1017/hot452.htm
【2005年1月28日】【元麻布】バッファローの1TB ネットワークHDDを試す
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0128/hot353.htm

バックナンバー

(2006年10月30日)

[Reported by 元麻布春男]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.