最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

東芝、世界最小の携帯電子機器向け燃料電池
〜2005年に実用化

6月24日発表



 株式会社東芝は、小型オーディオプレーヤーなどの携帯電子機器向けに、22×56×4.5〜9.1mm(幅×奥行き×高さ)、燃料を含む重量8.5gのダイレクトメタノール燃料電池(DMFC)を開発した。同社では世界最小としている。

 DMFCには燃料供給にポンプやファンを使用する「アクティブ型」と、濃度勾配や対流を使用する「パッシブ型」があるが、発表された燃料電池では、小型化に有利なパッシブ型を採用。

 パッシブ型は得られる電力が小さく、希釈されたメタノールを燃料とするために燃料タンクが大きくなるという欠点がある。発表された燃料電池では、電極の材料/構造を改善し、同社従来品の約5倍の出力を実現。また、希釈していない高濃度なメタノールを使用できるようにして燃料タンクを従来の1/10以下に小型化したほか、電極内の触媒を高密度に配置することで、セルの小型化も図った。

 この結果、内蔵する燃料タンク容量は2mlだが、小型オーディオプレーヤーなら最大約20時間の駆動が可能になったとしている。

発表された小型燃料電池 DMFCの原理

 今後は用途に応じた最適化や、信頼性の向上などを図り、2005年の実用化を目指す。同社では、小型オーディオプレーヤーやワイヤレスヘッドセットをはじめとした、携帯用の小型電子機器全般への搭載を目指すとしている。

 なお同社は、3月にノートPC用のアクティブ型DMFCを発表している。

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2004_06/pr_j2401.htm
□関連記事
【6月16日】日立、モバイル用途の燃料電池の国際標準化に着手
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0616/hitachi.htm
【6月4日】NEDO、次世代ロボットの委託・助成先を決定、
愛知万博で公開へ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0604/nedo.htm
【3月18日】東芝、ノートPC用のメタノール燃料電池ユニットを試作
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0318/toshiba.htm

(2004年6月24日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.