【Centrinoノート速攻レビュー(4)】
MOBILITY RADEON 9000搭載のハイスペックモバイルノート
NEC「LaVie M LM550/5E」



 NECのLaVie Mは、Pentium Mを搭載した2スピンドルモバイルノートである。2002年10月に登場したLaVie M LM500/4E(以下LM500/4E)の後継となる製品で、ボディサイズはほぼ同じだが、ボディのデザインは一新されている。

 新LaVie Mは、IEEE 802.11a/bデュアル無線LAN機能とDVDマルチドライブを搭載した上位モデルのLM550/5Eと、IEEE 802.11b無線LAN機能とDVD-ROM/CD-RWコンボドライブを搭載した下位モデルのLM500/5Dという2モデルが用意されている。

 なお、LM550/5Eは、Intelの無線LANモジュール「Intel PRO/Wireless 2100」を利用していないため、Centrinoブランドを名乗ることはできないが、LM500/5Dは、Centrinoモバイルテクノロジ採用マシンとして販売されることになる。

 ここでは、上位モデルのLM550/5Eをレビューするが、無線LAN機能と標準搭載ドライブ、プリインストールOS以外のスペックについてはLM500/5Dも同一である。



●MOBILITY RADEON 9000搭載で高い3D描画性能を実現

 新LaVie Mのボディは、直線を基調とした比較的オーソドックスなデザインだが、ヘアライン処理が施されたアルミパネルを貼ることで、高級感を演出している。LM550/5Eでは、CPUとしてPentium M 1.30GHzを搭載しており、旧モデルのLM500/4E(モバイルPentium III 1.13GHz-M搭載)に比べて、大幅なパフォーマンス向上を実現している(なお、Web通販専用モデルLaVie GタイプMでは、CPUとしてPentium M 1.50GHzやPentium M 1.60GHzも選択できる)。

 メモリ(PC2100 DDR SDRAM)は標準で256MB実装しており、最大1GBまで増設が可能だ。SO-DIMMソケットは2基用意されているが、そのうち1基に256MB SO-DIMMが装着されているので、1GBまで増設する場合は、標準で装着されている256MB SO-DIMMを取り外して、512MB SO-DIMMを2基装着する必要がある。

 ビデオチップとして、MOBILITY RADEON 9000を搭載し、32MBのビデオメモリを装備していることも評価できる。MOBILITY RADEON 9000は、Pixel Shader/Vertex Shaderを装備したDirectX 8.1世代のビデオチップであり、高い3D描画性能を実現している。

 ベンチマーク結果については後述するが、最新3Dゲームも快適にプレイできるだろう。液晶ディスプレイとしては、12.1型XGA液晶パネルが採用されている。輝度やコントラストも高く、表示品位は満足できる。

液晶裏面(ボディ上面)には、ヘアライン加工されたアルミパネルが貼られている 本体底面。2基のSO-DIMMソケットを装備。無線LAN機能はminiPCIモジュールによって実現されている 標準で256MBのSO-DIMMが装着されている。メモリを最大容量の1GBまで増設するには、標準で装着されている256MB SO-DIMMを取り外す必要がある

DOS/V POWER REPORT誌とのサイズ比較。横幅はほぼ同じで、奥行きは大きい 「コンピュータの電源を切る」ダイアログボックスに並ぶアイコンの横の長さは約9mmである


●IEEE 802.11a/bデュアル無線LAN機能とDVDマルチドライブを装備

 LM550/5Eでは、IEEE 802.11a/bデュアル無線LAN機能を内蔵していることもウリだ。IEEE 802.11a/bデュアル無線機能は、Atheros製のチップによって実現されている。無線LAN機能のオンオフの切り替えは、左側面に用意されているハードウェアスイッチによって行なう。

 右側面にデバイスの着脱が可能な拡張ベイを装備しており、標準でDVDマルチドライブ(DVD-RAM/R/RWドライブ)が装着されている。

 書き込み速度は、DVD-RAMが2倍速、DVD-RとDVD-RWが1倍速となっており、DVD-Videoの作成や大容量データのバックアップを気軽に行なえる(カートリッジ入りのDVD-RAMメディアには非対応)。なお、下位モデルのLM500/5Dでは、DVD-ROM/CD-RWコンボドライブが装着されている。

 拡張ベイ用のオプションとしては、セカンドHDD(40GB)やセカンドバッテリパックが用意されている。また、ドライブなどの代わりに、標準で付属している拡張ベイカバーを装着することで、本体重量が約2.1kgに軽量化される。

 HDD容量は40GBで、容量的にも十分であろう。また、USB経由で接続する外付けFDDも付属している。

 キーボードのキーピッチは19mm、ストロークは2.5mmと十分だが、上から2段目の数字キーの縦方向のピッチがかなり狭いため、慣れないと数字キーとファンクションキーを間違えて押してしまう可能性がありそうだ。

 「む」や「ろ」などの右側の一部のキーのピッチが狭くなっているほか、「全角/半角」キーがAltキーの横に配置されているのも、人によっては気になるだろう。また、キーボードの右上には、CD/DVDプレーヤーボタンやワンタッチスタートボタンが用意されている。

 ポインティングデバイスとしては、パッドタイプのNXパッドが採用されている。操作性は良好で、左右クリックボタンの間に上下スクロール用のボタンが用意されているのも便利だ。

miniPCIスロットにはAtheros社製のチップを採用した無線LANモジュールが装着されている 右側面に拡張ベイを装備しており、標準でDVDマルチドライブが装着されている 松下製のDVDマルチドライブ「UJ-810B」が採用されている

オプションのセカンドハードディスク。容量は40GBで、本体に内蔵されているHDDと同容量である 標準で付属する拡張ベイカバー。ドライブの代わりに装着することで、重量を軽減できる USB経由で接続できる外付けFDDユニットも標準で付属している

上から2段目の数字キーの縦方向のピッチがかなり狭いことが気になる。また、右側の一部のキーピッチが狭くなっているほか、「半角/全角」キーの位置も変則的だ ポインティングデバイスとしては、パッドタイプのNXパッドが採用されている。左右クリックボタンの中央に上下スクロール用のボタンが用意されている


●4in1メモリーカードアダプタが付属

 LaVie Mは、インタフェース類も充実している。USB 2.0×3やIEEE 1394(4ピン)、LAN、モデム、外部ディスプレイ、マイク入力、光デジタルオーディオ/ヘッドホン出力といった各種ポートに加えて、新たにSビデオ出力も追加されており、テレビやプロジェクターに接続できるようになった。PCカードスロットもType 2×2であり、同時に2枚のPCカードを利用できる。ただし、PCカードスロットのフタはダミーカード方式になっているので、紛失しないように注意する必要がある。

 さらに、4in1メモリーカードアダプタが標準で付属していることも嬉しい。4in1メモリーカードアダプタは、1枚でメモリースティック、SDメモリーカード、MMC、スマートメディアの4種類のメモリカードに対応しているので、デジカメなどとの連携に便利だ。なお、付属の4in1メモリーカードアダプタはLaVie M専用品であり、一般のノートPCで利用することはできない(LaVie Mで利用する場合でも、下のPCカードスロット専用となる)。

 標準で付属するバッテリパック(M)は11.1V、4,400mAhという仕様で、公称駆動時間は約4.7時間となっている。MobileMark2002のテスト(後述)においても、3時間40分を超える駆動時間を実現しており、バッテリ駆動時間に関しても優秀だといえるだろう。

 旧モデルのLM500/4Eの標準バッテリでの公称駆動時間は約3.1時間なので、駆動時間は1時間半以上延びていることになる。LM500/4Eの標準バッテリの容量は4,000mAhであり、新LaVie Mのほうがバッテリ容量は1割ほど増えているが、駆動時間の延びはそれ以上であり、低消費電力かつ高性能というPentium Mの利点が十分発揮されていることがわかる。

 さらに、オプションとしてバッテリパック(L)やセカンドバッテリパック(拡張ベイ内蔵型)が用意されている。バッテリパック(L)の容量は6,600mAhで、装着すると手前に多少はみ出すが、本体の厚さは変わらない。

 バッテリパック(L)を装着すると、公称駆動時間は約7.3時間となる。また、拡張ベイに内蔵するセカンドバッテリパックの容量は3,600mAhで、バッテリパック(L)と併用することによって、最大約11.3時間という長時間駆動を実現できる。

 ACアダプタも比較的コンパクトで、携帯性は優秀である。

左側面には、無線LANスイッチやIEEE 1394、マイク入力、光デジタルオーディオ/ヘッドホン出力、ボリュームが用意されている 左側面のアップ。左から、無線LANスイッチ(製品版ではアイコンが印刷される)、IEEE 1394、マイク入力、光デジタルオーディオ/ヘッドホン出力、ボリュームの順に並んでいる 右側面には、PCカードスロット(Type 2×2)と拡張ベイが用意されている

背面には、USB 2.0×3、モデム、LAN、Sビデオ出力、外部ディスプレイの各ポートが並んでいる メモリースティック、SDメモリーカード、MMC、スマートメディアの4種類のメモリカードに対応した4in1メモリーカードアダプタが付属 下が標準で付属するバッテリパック(M)で、上がオプションのバッテリパック(L)。容量はそれぞれ4,400mAh(6セル)、6,600mAh(9セル)で、重量は約350g、約505gとなっている

拡張ベイに装着するオプションのセカンドバッテリパック。容量は3,600mAhで、重量は約320gである バッテリパック(L)を装着すると手前に少しはみ出すが、あまり目立たないようにデザイン的に工夫されている。また、本体の厚さも変わらない ACアダプタのサイズも比較的コンパクトである(左はVHSビデオテープ)


●ベンチマーク結果も高速

 ここでは、BAPCoのMobileMark2002、SYSmark2002、Futuremarkの3DMark2001 SE、id softwareのQuake III Arena、スクウェアのFINAL FANTASY XI Official Benchmarkの5つを利用して、LM550/5Eのベンチマークテストを行なってみた。

 MobileMark2002は、バッテリ駆動時のパフォーマンスとバッテリ駆動時間を計測するベンチマークであり、SYSmark2002は、PCのトータルパフォーマンスを計測するベンチマークである。また、3DMark2001 SEやQuake III Arena、FINAL FANTASY XI Offical Benchmarkでは、3D描画性能を計測する。MobileMark2002以外のベンチマークについては、AC駆動時に計測を行なっている。

 結果は下の表にまとめたとおりであり、パフォーマンスは全体的に高い。中でも優れているのは3D描画性能である。従来のノートでは、ビデオチップの3D描画性能が低く、最新の3Dゲームを快適にプレイすることはできなかったが、LM550/5Eでは、ビデオチップとしてMOBILITY RADEON 9000を搭載し、デスクトップに匹敵する3D描画性能を実現している。

 例えば、スクウェアでは、FINAL FANTASY XI Official Benchmarkのスコアが3,000を超えればFINAL FANTASY XIが快適に動作し、4,000を超えれば最も快適に動作すると公表している。LM550/5Eのスコアは4,000を上回っており、FINAL FANTASY XIをプレイするのに十分な性能を持っているといえるだろう。ちなみに、新LaVie Mは、スクウェアのFINAL FANTASY XI推奨モデルとしての認定も取得している。

 また、参考のために、バッテリパック(L)を装着してMobileMark2002を走らせてみたところ、Battery life ratingの値は341となった。Battery life ratingの単位は分なので、6時間41分の駆動が行なえたということである。公称駆動時間には及ばないものの、これだけの長時間駆動が可能なら、十分満足できるだろう。

【ベンチマーク結果】
機種名LaVie M LM550/5E
CPUPentium M 1.30GHz
MobileMark2002
Performance rating134
Battery life rating224
SYSmark2002
Internet Content Creation153
Office Productivity112
3DMark2001 SE
1,024×768ドット32bitカラー(3Dmarks)5,280
Quake III Arena
640×480ドット32bitカラー192.6
800×600ドット32bitカラー144.8
1,024×768ドット32bitカラー94.7
FINAL FANTASY XI Official BenchMark
 4,002


●現時点トップクラスの性能を実現したモバイルノート

 LM550/5Eは、B5ファイルサイズのモバイルノートとしてはトップクラスの性能・機能を誇る製品であり、パワフルかつ気軽に持ち運べるノートが欲しいという人には有力な選択肢となる。キーボードの配列などについてはやや不満もあるが、DVDマルチドライブを装備しながら、実売24万円前後という価格を実現しており、コストパフォーマンスも高い。3D描画性能が高いので、モバイルノートでも最新ゲームを楽しみたいという人には特にお勧めしたい製品だ。

□関連記事
【3月12日】NEC、Pentium M 1.30GHz、DVDマルチ搭載の「LaVie M」
〜FF XIベンチマークで4,000台のスコア
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0312/nec.htm

バックナンバー

(2003年3月18日)

[Reported by 石井英男@ユービック・コンピューティング]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.