レビュー

【本日発売】最高4GHzで動作する「Core i7-4790」をテスト

 Intelは5月11日、Haswell Refreshと呼ばれていたLGA1150向けの新CPUを発表した。その最上位モデル「Core i7-4790」を借用する機会を得たので、同CPUのパフォーマンスをベンチマークテストでチェックした。

Haswell Refresh最上位モデル、Core i7-4790

 今回借用したCore i7-4790(以下i7-4790)は、Haswell-Refreshとして新たにラインナップされる製品の最上位にあたる製品だ。CPUソケットは従来のHaswellアーキテクチャ採用CPUと同じくLGA1150をサポートし、新たに用意されたIntel 9 シリーズチップセットと、対応UEFIにアップデートされたIntel 8 シリーズチップセットを搭載したマザーボードで動作する。

 i7-4790は、Hyper-Threading Technologyに対応した4つのCPUコアを備えており、定格時のCPUクロックは3.6GHz、Turbo Boost動作時は4.0GHzで動作する。これは従来のHaswellアーキテクチャ採用のCore i7の最高クロック(3.5GHz/3.9GHz)を100MHz上回る。

 CPUに統合されたGPUコアは「Intel HD Graphics 4600」で、GPUクロックは最大1,200MHzに設定されている。その他、8MBのL3キャッシュを備え、TDPは84W、製造プロセスは22nmを採用している。CPUの動作クロックが向上したことを除き、従来のHaswellアーキテクチャCPUと目立った違いは見られない。

Core i7-4790
Core i7-4770K(左)との比較
【表1】主な仕様
Core i7-4790 Core i7-4771 Core i7-4770K
製造プロセス 22nm 22nm 22nm
アーキテクチャ Haswell Refresh Haswell Haswell
コア数 4 4 4
スレッド数 8 8 8
CPUクロック(定格時) 3.6GHz 3.5GHz 3.5GHz
CPUクロック(Turbo Boost時・最大) 4.0GHz 3.9GHz 3.9GHz
L3キャッシュ 8MB 8MB 8MB
内蔵GPUコア Intel HD Graphics 4600 Intel HD Graphics 4600 Intel HD Graphics 4600
GPUコアクロック(最大) 1200MHz 1200MHz 1250MHz
TDP 84W 84W 84W
倍率アンロック × ×
対応ソケット LGA1150 LGA1150 LGA1150

 今回、i7-4790のテストには、Intel 9シリーズチップセットの1つ「Intel Z97 Express チップセット」を搭載した、MSI製マザーボード「Z97 MPOWER MAX AC」を利用した。

 新チップセットを採用したとは言え、CPUソケットの変更が無いこともあって、基本的な機能はIntel Z87 Express チップセット搭載マザーボードを踏襲している。目新しい要素としては、Intel Z97 Express チップセットに直結されたM.2スロットが用意されたことが挙げられる。

 MSIの資料によれば、Z97 MPOWER MAX ACのM.2スロットは、M.2 SATA対応機器接続時は6Gbps、M.2 PCI Express対応機器接続時は10Gbpsの転送速度をサポートしており、42mm、60mm、80mm長のM.2対応機器を取り付けられる。なお、M.2ポートは、Intel Z97 Expressチップセットが提供している6Gbps対応SATAポートのうち、5番および6番と排他利用となっている。

MSI Z97 MPOWER MAX AC
CPUソケットはLGA1150。CPUクーラー固定穴の位置にも変更は無い
M.2スロット。42mm、60mm、80mm長のM.2対応機器を搭載可能
8基のSATA 6Gbpsポートを搭載。チップセット直結の6ポートのうち、5番と6番ポート(写真左から2列目)は、M.2ポートと排他利用

テスト環境

 今回、i7-4790の比較用には、Haswellアーキテクチャ採用のIntel Core i7-4770Kを用意した。両CPUともLGA1150ソケットに対応しているため、CPU以外のパーツ構成はまったく同じものとなっている。

【表2】テスト環境
CPU Core i7-4790 Core i7-4770K
マザーボード MSI Z97 MPOWER MAX AC
メモリ DDR3-1600 8GB×2(10-10-10-30、1.50V)
ストレージ Intel SSD 510 シリーズ 120GB
グラフィックスドライバ 10.18.10.3412
電源 Antec HCP-1200(1,200W 80PLUS GOLD)
OS Windows 8.1 Pro Update 64bit

ベンチマーク結果

 それでは、CPUとメモリ回りのベンチマークテスト結果から確認していく。実施したテストは、「SiSoftware Sandra 2014」(グラフ1、2、7、8、9、10)、「CINEBENCH R15」(グラフ4)、「x264 FHD Benchmark 1.01」(グラフ5)、「Super PI」(グラフ6)、PCMark 8(グラフ11)、PCMark7(グラフ12)。

 CPU系のベンチマークテスト結果を見ていくと、Sandra 2014のProcessor Arithmetic/Multi-Mediaをはじめ、CHINEBENCH R15、x264 FHD Benchmarkでも、i7-4790がi7-4770Kを3%弱上回る結果となっている。このスコア差は、両CPUのクロック差とほぼ合致しており、純粋にCPUのクロック差がスコア差に繋がった結果と見てよいだろう。

 メモリ周りの結果では、CPUクロック差と同程度i7-4790のキャッシュ転送速度が向上していることをSandra 2014 Cache Bandwidthで確認できるが、CPUクロックの差を超えるようなスコア差は確認できない。PCMarkのスコア差も1%程度となっており、HaswellとHaswell Refreshの性能差は、純粋にCPUクロックの向上によるものと言える。

【グラフ1】Sandra 2014 20.28(Processor Arithmetic)
【グラフ2】Sandra 2014 20.28(Processor Multi-Media)
【グラフ3】Sandra 2014 20.28(Cryptography)
【グラフ4】CINEBENCH R15
【グラフ5】x264 FHD Benchmark 1.01
【グラフ6】Super PI
【グラフ7】Sandra 2014 20.28(Memory Bandwidth)
【グラフ8】Sandra 2014 20.28(Cache Bandwidth)
【グラフ9】Sandra 2014 20.28(Cache/Memory Latency - Clock)
【グラフ10】Sandra 2014 20.28(Cache/Memory Latency - nsec)
【グラフ11】PCMark8
【グラフ12】PCMark7

 続いて、CPU内蔵GPUを用いて実施した3Dベンチマークテストの結果を確認する。実施したベンチマークテストは、「3DMark」(グラフ13、14、15)、「3DMark11」(グラフ16)、「3DMark Vantage」(グラフ17)、「3DMark06」(グラフ18)、「MHFベンチマーク【大討伐】」(グラフ19)「ファイナルファンタジーXIV」(グラフ20)。

 GPUの性能を問う3Dベンチマークテストでは、CPU系ベンチマークテストの結果とは優劣が逆転しており、3DMarkシリーズのCPUテストを除き、i7-4770Kがi7-4790を3%弱上回っている。

 両CPUが備える内蔵GPUは、ともにIntel HD Graphics 4600だが、i7-4790の最大GPUクロックが1200MHzなのに対し、i7-4770Kは最大1250MHzとなっており、この4%程度のGPUクロック差が、3D系ベンチマークでi7-4790がi7-4770Kの後塵を拝した原因となっているようだ。

 もっとも、i7-4770Kに若干劣るとはいえ、Intel HD Graphics 4600のパフォーマンスを考えれば、この程度の差は、プレイできるゲームタイトルや設定が変わる程ではない。同程度であると考えて差し支えない。

【グラフ13】3DMark - Fire Strike[Default/1,920×1,080ドット]
【グラフ14】3DMark - Cloud Gate[Default/1,280×720ドット]
【グラフ15】3DMark - Ice Storm Extreme[1,280×720ドット]
【グラフ16】3DMark11[Default/1,280×720ドット]
【グラフ17】3DMark Vantage[Default/1,280×1,024ドット]
【グラフ18】3DMark06[Default/1,280×1,024ドット]
【グラフ19】MHFベンチマーク【大討伐】[フルスクリーン]
【グラフ20】ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編[フルスクリーン]

消費電力比較

 最後に、ベンチマークテストを実行した際の消費電力を比較した結果を紹介する。消費電力は、サンワサプライのワットチェッカー「TAP-TST5」を用いて、アイドル時の消費電力と、各テスト実行中の最大消費電力を測定している。

【グラフ21】 システム全体の消費電力

 アイドル時と、CPU系ベンチマークテストであるCHINEBENCH R15、x264 FHD Benchmark実行中の消費電力については、i7-4790とi7-4770Kの差が1W以下という、ほぼ完全に横並びとなっている。クロック差やパフォーマンス差を考えれば、i7-4790の方が優秀な結果であるとも言える。

 一方、3Dベンチマークテストや、GPUに高負荷を掛けるGPU-ZのRender Test実行中の消費電力については、i7-4790がi7-4770Kを7〜12W下回る結果となった。GPUクロック差や3D系ベンチマークテストの結果と合わせれば、i7-4790の方がワットパフォーマンスに優れていると言える結果だ。

Haswellのラインナップを増強するHaswell Refresh

 以上のように、Haswell Refresh最上位モデルi7-4790のパフォーマンスをi7-4770Kと比較してきた。結果から言えば、HaswellからHaswell Refreshのパフォーマンス差は、動作クロック差と合致していた。つまり、動作クロックなどのスペックをそのまま比較することで、HaswellとHaswell Refreshの優劣を判断できる。

 性能面での改善は見られないものの、ワットパフォーマンスに関しては若干の改善が確認できた。ワットパフォーマンスの向上によって生まれた余裕を生かして、CPUクロックを従来モデルより向上させたCPUがHaswell Refreshであると言えるだろう。

 Intel 8シリーズチップセットとの組み合わせる場合、マザーボード側のUEFIがHaswell Refreshに対応していることが必須となるため、マザーボード側のUEFIや対応CPUに注意が必要となる。それを除けば、Haswell Refreshの登場は、Haswellのラインナップに上位製品が追加されたという考えで良さそうだ。

(三門 修太)