やじうまPC Watch

脳の外にある末梢神経の刺激で、なぜか外国語学習能力などが向上

〜米DARPAが研究を開始

 体内に張り巡らされた末梢神経は、脊髄を通じて臓器や皮膚、筋肉などと脳のニューロンを繋ぎ、消化や、触覚、運動といった生物学的機能を統制している。しかし、米国防高等研究計画局(DARPA)の研究によると、これまで脳の領分だと思われていた学習の促進が、末梢神経を刺激することで実現されるらしいことが分かってきた。

 まだ、その正確なメカニズムは把握できていないが、皮膚から特定の末梢神経に刺激を与えると、脳内にある学習に関する部分を活性化させる。また、それによって、特定の経験に対応して神経接続を再編成する脳内神経化学物質を放出させる。皮膚への刺激は非侵襲的に行なわれ、痛みなどは伴わない。

 この結果、脳内ニューロン接続を促進、強化し、例えば外国語の学習、情報分析、暗号解析などの学習をより短期間で、より効果的に行なうことができるようになる可能性があるという。

(若杉 紀彦)