やじうまPC Watch

FacebookがVR HMDのOculusを20億ドルで電撃買収

〜GTC 2014でのOculus CTOによる講演は急遽キャンセルに

新型Oculus Rift
3月25日(現地時間)発表

 米Facebookは25日(現地時間)、バーチャルリアリティ(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を手がける米Oculus VRを約20億ドルで買収すると発表した。

 Oculusは頭の動きに合わせて映像の方向が変化するVR HMDである「Oculus Rift」を開発。現在はまだ開発者向けキットの段階だが、すでにゲーム開発メーカーなどから75,000台の受注を受けるほどの注目を集め、各社はOculus Riftに対応したコンテンツ開発にしのぎを削っている。同社は先だって米国で開催されたGame Developers Conference 2014では、解像度や遅延を改善した新モデルを発表。また、この分野ではソニーも、PS4向けにGDCにて独自のVR HMDを発表している。

 FacebookはVR HMDについて、スマートフォンなどのモバイルの次に来るプラットフォームになると考えており、Oculusを買収することで、その技術をゲームだけでなく、コミュニケーションやエンターテイメント、教育などの分野にも発展させていく狙い。

【10時20分追記】

 なお、OculusのCTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)である、Michael Antonov氏は、NVIDIA主催のGPU Technology Conferenceにて25日(同)に講演を行なう予定だったが、急病のため講演は急遽キャンセルされた。これが買収と関連するかどうかは不明。

(若杉 紀彦)