イベントレポート

GalaxyブランドのWindowsタブレットが遂に登場

〜初のLTE Cat 6対応、Super AMOLED採用12型2in1

「Galaxy TabPro S」

 韓国Samsung Electronicsは5日(米国時間)、CES 2016で発表会を開催し、Windows 10を搭載する2in1「Galaxy TabPro S」を発表した。全世界で2月より発売する。

 Microsoftとの協業により誕生したという本製品は、「Surface Pro 4」と競合するプレミアムクラスの2in1だが、タブレット本体の厚さが6.3mm、重量が693gで、発表会では12型Windows 2in1として世界最薄最軽量であるとされ、加えてSamsungのモバイルデバイスで培ったノウハウを活かし、Windowsマシンとして初めてLTE Cat 6の通信に対応するなど洗練された仕様となっている。

 ディスプレイ解像度は2,160×1,440ドットとSurface Pro 4より低いが、縦横比が3:2である点は同じで、別売だがペン入力にも対応する。また、Super AMOLEDを採用するのもWindows機として初としている。

 CPUはCore m(2.2GHz/デュアルコア)、メモリは4GBで、ストレージは128/256GB SSD。インターフェイスとして、500万画素前面/背面カメラ、IEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN(MIMO)、NFC、Bluetooth 4.1、GPS、GLONASSなどを装備。

 本体サイズは290.3×198.8×6.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量はWi-Fiモデルが693g、LTEモデルが696g。本体色はホワイトとブラック。バッテリ容量は5,200mAh。急速充電に対応し2.5時間で充電可能。駆動時間は約10.5時間。

 ポゴピン接続のキーボードカバーが付属。オプションで、HDMI、USB、USB Type-Cを備えるマルチポートアダプタを用意。

ブラックモデル前面
背面
側面
キーボードカバーを装着したところ
2段階で角度調節できる
側面
ホワイトモデル

(若杉 紀彦)