【Macworld | iWorldレポート】
iPhoneやMac対応の新製品を写真で紹介

会期:1月26日〜28日(現地時間)

会場:米国 San Francisco The Moscone Center (モスコーニセンター)



展示ホールの様子。Moscone CenterのWestホール一階ほぼすべてが展示エリアになっている

 米国サンフランシスコのThe Moscone Centerを会場として「Macworld|iWorld」が1月26日(現地時間)、開幕した。展示ホールでは先日開催されたInternational CESで発表されたiOSデバイス向け、あるはMac向け製品に加えて、この会場で初見となる製品を見ることができる。

 各製品の詳細は別稿で追ってお伝えすることにして、本稿は速報として展示ホールで見つけた新製品などを写真で紹介する。

Western DigitalによるThunderbolt対応ストレージの展示。3.5インチの3TB HDDを2基搭載する製品「MyBook Thunderbolt Duo」を4台デイジーチェーンで接続。理論上24TBの単一ボリュームとしてデータ転送を行ない、理論値にかなり近いリード約750MB/sec、ライト約640MB/secを達成 SeagateはInternational CESでも展示されていたGoFlex用のThunderboltアダプタとそのパッケージなどを展示した
世界最薄というiPhone 4/4Sケース型の財布「iLID MK-1」。写真のとおりプラスチックのクレジットカード2枚、ドル紙幣数枚、カギなどが収納できる 書類をとめるクリップを利用したiPhone 4/4S対応のカーマウントアダプター 主に幼児から低学年の教育市場をターゲットにしたタブレット用のバンパー「iBallz」。角のボールはゴム紐で連結されている
USB給電を強化してデバイスへの急速充電を可能にするアダプタ「KUDOS POWER QUICK CHARGER for iPad and iPhone」 SRSの「iWOW-U」。音質補正アダプタ「iWOW 3D」のユニバーサル版で、Android端末をはじめとする通常のステレオミニプラグに対応する製品 iPhone 4/4Sに対応するマウントシステム「QUAD LOCK」。写真は自転車に取り付けるユニットで、他に車載用や室内用のアダプタもある
ペン先がブラシ状になっているスタイラス「nomadbrush」。対応appを使うと筆のような入力が可能 iPadの英語キーボード配列に対応するキーボードカバー「iKeyboard」。装着してタイピングするとクリック感のある入力が可能になる バッテリパックが交換できるiPhone 4/4S用のパワージャケット「ibattz」。1個あたり1,500mAhの容量を2個パッケージにすることで計3,000mAhになるとのこと
各社から出ているウォールコンセントからUSB出力をとるパネル。コンセントにUSBポートを追加するタイプに加えて、USBポートだけの製品も登場した 30ピンコネクタ接続のケーブルと紛失防止のコードリールを兼ねる「iKeep」。Chargerタイプはコンセントに差し込んで充電が可能 現行のMacBook Airに対応するドック「LANDING ZONE」。4ポートのUSB HubとLAN端子、Mini Dispayport、Kensingtonロックを拡張できる。
iPhone 4/4Sのスライド式キーパッド「SLIDE&TYPE 2.0」。接続はBluetooth。初期製品よりはデザインが向上した。角度を付きは新しいが、角度をつけた際は最上段のキーが打ちにくい Apple純正のApple Wireless KeyboardとMagic TrackPadを一体化する「Bluefin」 iPhone 4/4S対応の三脚座「Grif」に追加アイテムが登場。しっかりした固定に使える「Serif」と、ネジ穴に付けてキーホルダーにする「Ligature」
CasePowerによるiPad2対応のパワージャケット。容量は9,000mAh OWCが出展した最大8台のiPad充電・同期に対応するNewerTechnologyブランドのドック「GripStand Station」 iPhone 4/4S対応のワイド、魚眼のコンバータレンズユニット「The iPro Lens」。使わないコンバータレンズは雲台部分に収納できる

(2012年 1月 27日)

[Reported by 矢作 晃]