【COMPUTEX 2011レポート】
ASUSTeK、次世代ソケットを備えるR.O.G.シリーズのコンセプトモデルを披露

ASUSTeK Global Corporate Vice PresidentのJoe Hsieh氏(左から2番目)ら、新製品発表会の登壇者

会期:5月31日〜6月4日(現地時間)

会場:Taipei World Trade Center Nangang Exhibition Hall
   Taipei World Trade Center Exhibition Hall 1/3
   Taipei International Convention Center



●次世代ソケットとLGA1366のデュアルソケットマザー

 ASUSTeKは5月31日(台湾時間)、COMPUTEX会場近くでゲーマー向けブランドR.O.G.(Republic Of Gamers)シリーズの新製品発表会を開催。この場において、Intelの次期CPU「SandyBridge-E」対応のCPUソケットである「LGA2011」を搭載したマザーボードのコンセプトモデルを披露した。

 「Danshui Bay(淡水湾:台北市北部にある湾の名前、淡水は周辺の地名)」と呼ばれるコンセプトモデルは、Enhanced ATXと見られるマザーボード上にLGA1366とLGA2011を搭載。本モデルは基本的にはLGA2011対応マザーとなる製品で、LGA1366ソケットはLGA2011対応CPUへ接続されており、チップセットへは接続されていない。よって、LGA2011を搭載せずにLGA1366対応CPUを利用することはできない仕組みとなっている。

 このLGA1366ソケットの役割は、LGA2011環境にLGA1366対応CPUを追加搭載するためのもの。並列動作が可能なセカンダリCPUとして利用し、LGA2011環境へと移行しても手持ちのLGA1366対応CPUを処理強化に活用できる、というのが本コンセプトモデルの発想となる。

【お詫びと訂正】初出時、LGA1366を単独で利用できる旨を記載しておりましたが、後の取材の結果、LGA1366を単独で使用することはできない設計であることが判明したので、当該部分を修正しました。お詫びして訂正いたします。

 LGA1366側には6DIMM、LGA2011側には8DIMMを接続。電源端子は24ピンのメイン端子の脇に、4ピンの12V電源、ペリフェラル用の4ピン端子を確認できる。

 SATAポートの数が非常に多いのも印象的で、L字型に6ポート、垂直に16ポートの計22ポートが搭載されている。I/Oパネルは空きパターンが多く、現状ではPS/2×2、USB×2、LANのみとなっている。

 あくまでコンセプトモデルであり、このままの姿で登場すると決定したわけではないが、そのコンセプトも受け来場した報道関係者の注目度も高かった。

ASUSTeKが展示したコンセプトモデル「Danshui Bay」。上側の小さめのソケットがLGA1366、下側の大きいソケットが次世代CPU対応のLGA2011 LGA2011のソケット周り。Sandy Bridge-E対応のソケットとされており、両脇にメモリスロットを備えるのが特徴的なレイアウト
SATAポートは非常に多い。赤色のL字型が6ポート、黒・グレーの垂直型が16ポートとなっている IOリアパネル部はシンプルで、ボード上に空きパターンが多い

 このほかのマザーボードとしては、Socket AM3+に対応する「Crosshair V Formula」、「SABERTOOTH 990FX」や、Intel Z68搭載のmicroATXマザー「MAXIMUS IV GENE-Z」が紹介された。

 Crosshair V Formulaは、COMPUTEX開幕に合わせて発表されたAMD 9シリーズの最上位モデル「AMD 990FX」を搭載するマザーボードで、事実上「Crosshair IV Formula」の後継になると見られる製品。AMD 9シリーズはすでにNVIDIAが発表済みであるとおり、NVIDIA SLIをサポートすることが可能になっており、会場では同社のGeForce GTX 580搭載製品を2枚用いたSLI環境でのデモも行なわれた。なお、Socket AM3+は次世代CPUにも対応するソケットであるが、現状ではCPUがリリースされておらず、デモではPhenom II X6が用いられていた。また、LANカードとサウンド機能のコンボカードであるThunderBoltも付属する。

 SABETHOOTH 990FXについては多くが語られていないが、同社のTUF(The Ultimate Force)シリーズにラインナップ製品として、初めてAMDプラットフォームを採用。チップセットはAMD 990FXで、Socket AM3+に対応するものとなる。

 MAXIMUS IV GENE-Zは、GENEの名前が示すとおりmicroATXフォームファクターのマザーボードで、Intel Z68を搭載。こちらはデモ機のみの展示となっており、Core i7-2600K、Radeon HD 6970搭載カードを搭載し稼働デモを行なっていた。このほか製品発表会では触れられなかったが、ATXマザーとなる「MAXIMUS IV Extreme-Z」の存在も公表されている。

AMD 990FX搭載のハイエンドマザーボード「Crosshair V Formula」 Crosshair V FormulaのIOリアパネル部
Crosshair V FormulaにはLANコントローラとサウンド機能のコンボカード「ThunderBolt」が付属 Crosshair V Formulaのデモ機。2枚のGeForce GTX 580搭載ビデオカードでSLIを構築し、その間のスロットにThunderBoltを装着した構成となっている
TUFシリーズ初のAMDプラットフォーム製品となる「SABERTOOTH 990FX」 SABERTOOTH 990FXのIOリアパネル部 Intel Z68搭載のmicroATXマザー「MAXIMUS IV GENE-Z」のデモ機

●デュアルGTX580の「MARS II」

 ビデオカードの話題としては、カンファレンス終了後の短時間のみではあったが、GeForce GTX 580を2基搭載する「MARS II」が披露された。

 GeForce GTX 580が2基ということはCUDAコアなどの仕様はGeForce GTX 590と同一になり、特徴は動作クロックはより高いという点になる。メモリ容量は3GBで、各種Tweak機能を備えるとしている。

 製品はスロット3基分を占有する大型クーラーおよびブラケット、8ピン×3基という構成で、同社のファンをフル回転させるためのボタンが設けられている。

 このほか、オーバークロックユーザー向けビデオカードブランドの「MATRIX」シリーズのGeForce GTX 580搭載製品が登場。3スロットを占有するDirectCUIIクーラー、ボード上のTweakボタン、ソフトウェアのTweakツールなどの特徴は、過去のMATRIXシリーズを引き継いでいる。

デュアルGeForce GTX 580ビデオカードとなる「MARS II」 3スロットを占有するブラケットで、DirectCU IIテクノロジをベースとしたビデオカードクーラーを搭載する 電源端子は8ピン×3の構成となっている
MATRIX GeForce GTX 580のデモ機。同製品を2枚用いたSLI構成でのデモとなっている やはりカード1枚当たりで3スロットを占有。OC設定をデフォルトへ戻して起動するためのSafe Modeボタンも備える 電源端子は8ピン×2の構成

●R.O.G.ブランドのデスクトップPCも登場

 このほか、R.O.G.ブランドのデスクトップPCやノートPCも紹介された。

 デスクトップPCは、ステルス機のデザインをコンセプトに作られた「CG8565」が披露された。Core i7-2600K、Intel Z68、GeForce GTX 590といった構成の製品。

 ウォータークーリングを採用しており、前面下部の吸気口から取り込んだ空気によってラジエータを冷却。両側面下部から排気するエアフローになっている。

 またOCボタンによってボタン1つでオーバークロックが行えるようになるほか、サウンドカードには同社のXonarを搭載することになるとしている。

 ノートPCでは、17型液晶ノート「G74Sシリーズ」を紹介。会期中に発表されたNVIDIAのGeForce GTX 560MをGPUに搭載。Core i7/i5、2基のHDDを搭載可能な製品となっている。デザイン面でも、背面に近い部分のエアフローのみでの冷却や、キーボード部の角度など随所に工夫を凝らした製品であるとしている。

 このほかに3月にドイツで開催されたCeBITでも展示された、裸眼3D表示対応の「G53DX 3D」もデモが行なわれている。

R.O.G.シリーズのデスクトップPC「CG8565」 デザインコンセプトはステルス機のようなデザインで、プレゼンにはシー・シャドウの写真が使われている クーラーは水冷で、本体下部底面から吸気を行い、側面下部から排気するエアフローとなる
こちらは後ろよりから撮影したもの。側面下部に排気のためのスリットが確認できる フロントカバーは上下方向へのスライド式になっている フロントインターフェイスにはUSB 3.0も装備。左側面部にOCスイッチを備えている
GeForce GTX 560M搭載の17型ノート「G74Sシリーズ」。キーボードはカーソル位置などの工夫で押し間違いを防いでいるとする クーラーは空冷で、排気はすべて背面方向へ行う。ノイズの発生が液晶後方となるので静音性が高まるというコンセプトだ
こちらはキーボードの角度を紹介したスライド。人間工学に基づき4.428度という傾斜が設けられている ケース底面の主要パーツへのアクセスは、コインを用いてネジを回す仕組みとなっている こちらは15型モデルの「G54SX 3D」で、裸眼3D表示に対応したモデルとなる

(2011年 6月 1日)

[Reported by 多和田 新也]