ニュース

パナソニック、伸縮自在で透明な「ストレッチャブル樹脂フィルム」を開発

〜ストレッチャブル電極素材と組み合わせ、衣服への組み込みなどが可能

導電ペーストで配線を形成したストレッチャブル樹脂フィルム

 パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、伸縮自在の「ストレッチャブル樹脂フィルム」の開発を発表した。

 同樹脂フィルムは、熱硬化性樹脂でありながら伸縮する絶縁材料を実現する、独自の樹脂設計技術を採用したフィルム。従来のフレキシブル材料では難しかった、2.5倍以上の伸張性と60%の応力緩和率、元の形状への復元性(復元率98%以上)を持ち、折り曲げやさまざまな曲面への適応が可能。これにより従来設計の制約を大きく改善し、ウェアラブル、センサー、ディスプレイ、ロボット幅広い分野での展開が見込まれるとしている。

 またパナソニックでは、ストレッチャブル樹脂フィルムと同時に、同樹脂をベース基材として、基材上にカーボンナノチューブによる薄い導電層を形成することで、繰り返しの伸縮でも導電性が維持できる透明電極材料のほか、同樹脂をバインダとして銀フィラーと複合化することで、同様の特性を実現した配線用導電ペーストも開発。

 これらを組み合わせることで、衣服や体に付けるなど、あらゆる形に追従できる、柔らかくしなやかなエレクトロニクスデバイスが実現できるとしている。

(佐藤 岳大)