ニュース

シャープ、液晶が360度回転する電子辞書

Brain(生活・教養/ブラックモデル)

 シャープ株式会社は、液晶が360度回転する電子辞書「Brain」シリーズ4機種11モデルを2016年1月22日より順次発売する。価格は全てオープンプライス。

 液晶が360度回転し、辞書を調べる時などはキーボードを使って入力し、暗記カードや青空文庫の読書の時などはスマートフォンのように使えるモデル。発売中のモデルからユーザーの声をフィードバックし機能改善を図った。

 画面は従来の5.2型から5.5型に大型化。これに伴いホームのアイコンは、従来教科ごとに分かれていたが、新モデルではこれを継承しつつ、「お気に入り」、「暗記学習」、「受験対策」など、よく使う機能を目的別に分けすぐにアクセスできるようにした。お気に入りではよく使うコンテンツを8つまで登録できる。

 クラムシェル時で画面右側に配置されるタッチボタンは、新モデルでは液晶による表示の「フレキシブルタッチキー」となった。従来のアイコンは機能固定で印刷だったため、縦持ちし画面を90度回転してた時に印刷も90度回転し操作に違和感が残ったが、これが払拭された。また、場面にあった最適なキーを表示するようになった。

 文部科学省は現在、英語教育改革の検討段階に入っており、英語学習の高度化や低年齢化が進むことが予想される。これを見込み英語学習のコンテンツを充実させた。難易度別多読用読本「Oxford Bookworms」を収録するほか、TTSの連続読み上げ機能をサポートし、“聞く力”や“読む力”が身につけられるという。

 ラインナップは4つ。高校生モデルの「PW-SH3」は2016年1月22日発売で、税別店頭予想価格は38,000円前後の見込み。「ジーニアス英和辞典」、「Oxford Advanced Learner's Dictionary」、「新明解国語辞典」など150コンテンツ、60動画、3,000の文学作品(青空文庫)を収録する。カラーはホワイト、ブラック、ピンク、ブルー、ネイビーの5色。

 中学生モデルの「PW-SJ3」は2016年2月22日発売で、税別店頭予想価格は34,000円前後の見込み。「一問一答5科」、「でる順ターゲット」、「キクタン・キクジュク」、「百科事典」など100コンテンツ、65動画、1,006漢字筆順動画、3,000の青空文庫を収録する。カラーはホワイトとブルーの2色。

 大学生・ビジネスモデル「PW-SB3」は2016年1月22日発売で、税別店頭予想価格は38,000円前後の見込み。「リーダーズ英和辞典」、「新和英大辞典」、「英語表現集」、「合格実例集&セオリー」など100コンテンツと3,000の青空文庫を収録する。カラーはホワイトとネイビーの2色。

 生活・教養モデル「PW-SA3」は2016年2月22日発売で、税別店頭予想価格は34,000円前後の見込み。「NHKラジオ講座基礎英語」、「カタカナ外来語略語辞典」、「病院で受ける検査がわかる本」など100コンテンツと3,000の青空文庫を収録する。カラーはホワイトとブラックの2色。

 そのほかの仕様は共通で、液晶は854×480ドット表示対応の5.5型、内蔵メモリは約500MB。microSDカードスロットを備える。電池はリチウムイオンで、駆動時間は約40時間。本体サイズは152.4×96.5×18.2〜18.7mm(幅×奥行き×高さ、最薄部)、重量は約300g。

高校生/ホワイトモデル
大学生・ビジネス/ネイビーモデル
中学生/ブルーモデル
高校生/ピンクモデル(液晶を回転させた状態)

(劉 尭)