ニュース

7/8/8.1のプロダクトキーでWindows 10のアクティベーションが可能に

〜Insider Preview Build 10565が配布

 Windows 10 Insider Preview Build 10565が配布開始。Edgeでタブのプレビューを表示できるようになった

 米Microsoftは13日、Windows 10 Insider Preview Build 10565の提供をFast ring向けに開始した。

 Build 10565の注目は、Windows 7/8/8.1のプロダクトキーが利用できるようになった点だ。Windows 7/8/8.1からのアップグレード時に、元のWindowsでアクティベーションがされていなくても、Windows 10をインストールした後で、設定→更新とセキュリティ→ライセンス認証の画面でWindows 7/8/8.1のプロダクトキーを入力すれば、Windows 10のアクティベーションができるようになる。

 また、同じデバイスにWindows 10のメディアを用いてクリーンインストールする際も、インストーラでWindows 7/8/8.1のプロダクトキーを受け付けるようになった。これにより、Windows 7/8/8.1のライセンスを用いたアップグレードでも、一旦旧Windowsをインストールする必要がなくなった。

 MicrosoftはWindows 7/8/8.1ユーザーに対し、1年間のWindows 10無料アップグレードを提供しているが、もっとアップグレードを容易にして欲しいというフィードバックが多くあり、それを受け盛り込んだ。ただし、現時点ではクリーンインストールをするための該当BuildのISO入手方法は不明。

 Build 10565の主な変更点は下記の通り。

・Edgeのタブ上にWebサイトのプレビューを表示
・Edge間でのお気に入りとリーディングリストを共有可能に
・Cortanaが手書きメモ上に書かれた場所や時間、数字といった注釈を理解可能に
・タイトルバーの設定色がフルカラーに対応
・スタートのタイル上に表示される各種アイコンが「Small」もしくは「Medium」だけでなく、「Wide」と「Large」に設定可能に
・レジストリエディタなどのいくつかのアイコンが新しくなった
・最後に使用したプリンタをデフォルトのプリンタとして設定可能に

 そのほか、細かなバグフィックスなどが行なわれている。

(中村 真司)