ニュース

Windows 10に当面アップグレードしないが興味あるユーザーは約4割

〜ジャストシステム調べ

 株式会社ジャストシステムは20日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年7月度)」の調査結果を公開した。調査対象は全国15〜69歳の男女1,100人で、調査期間は2015年7月30日〜8月4日。

 これによると、Windows 10が7月29日に公開された数日後の調査で、「Windows 10にアップグレードした」と回答した人は3.8%で、「アップグレードする予定」は21.1%、「興味はあるが、当面はアップグレードしない」は39%、「Windows 10にはアップグレードしない」は17.1%という結果で、もう少し様子見という人が多いようだ。

 SIMフリー端末については、「既に所有している」が9.1%、「所有していないが、その言葉は知っており、他の人に詳しく説明できる」が16.8%、「言葉は知っているが、それほど説明できない」が24.3%、「格安スマホと区別がつかない」が5.6%、「言葉は知っているが、よく分からない」が20.3%。また、所有していない人のうち、使ってみたい人は9.1%、興味がある人は38.8%だった。

 これまでに利用したことがあるネット通販サイトのトップ3は、Amazon(78.8%)、楽天(76.8%)、Yahoo!ショッピング(50.5%)で、このうち最も利用頻度が高いのは楽天が48%でトップ、Amazonは47.2%で2位だった。

 参考までに、PC WatchのPC版サイトを閲覧している人のうち、82.72%がWindowsユーザーで、主な内訳は7が63.39%、8.1が18.23%、XPが2.39%、10が1.34%と、10はまだXPよりもシェアが低い状況となっている(調査期間2015年8月1〜19日)。

(若杉 紀彦)