ニュース

300ppiに解像度が向上したKindle Paperwhite

〜上位モデルと同等のディスプレイ、バッテリ駆動時間も維持

新「Kindle Paperwhite」

 Amazon.co.jpは、6型E-Ink電子ペーパー採用の電子書籍端末「Kindle Paperwhite」の新モデルを6月30日より発売する。現在予約受付中で、価格はキャンペーン情報付きのWi-Fiモデルが14,280円、3Gモデルが19,480円で、キャンペーン情報無しモデルはそれぞれ+2,000円となっており、現在4,000円引きのキャンペーンを行なっている。

 Kindle Paperwhiteは、台湾E-Inkの電子ペーパー技術「Carta」を採用する電子書籍端末。新モデルでは、ディスプレイ解像度が前モデルの212ppiから300ppiへ向上し、上位モデルの「Kindle Voyage」と同等になった。また高解像度化しても、バッテリ駆動で数週間使用できるという。

 そのほかの仕様は前モデルを継承しており、読んでいるページを開いたままポップアップウィンドウでページ/章ごとにめくれる「PageFlip」機能や、単語を登録して後から調べられる「単語帳機能」、ブックマークや読書の進捗を異なるデバイス間で共有する「Whispersync」機能、読書スピードを計算して残り時間を表示するリーディングタイム機能などを備える。ディスプレイにライトを搭載し、夜間でも読書を楽しめる。

 ストレージ容量は4GBで、IEEE 802.11b/g/n対応無線LANなどを搭載。対応フォーマットはKindle(AZW3)/TXT/PDF/MOBI(非保護)/PRCで、変換すればHTML/DOC/DOCX/JPG/GIF/PNG/BMPも表示可能。本体サイズは117×169×9.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量はWi-Fiモデルが205g、3Gモデルが217g。

Amazon.co.jpで購入

(佐藤 岳大)