ニュース

マウス、クアッドコアCeleron搭載の低価格ノートPC

〜BTO対応でSSD搭載可、バッテリ駆動7.2時間

 株式会社マウスコンピューターは24日、低価格ノートPC「LuvBook B」シリーズの新製品を発売した。

 旧LuvBook Bとの主な違いはCPU、ディスプレイ、バッテリ駆動時間。CPUにはCeleron N2940(1.83GHz、ブースト時2.25GHz、ビデオ機能内蔵)を採用し、ディスプレイは旧モデルの15.6型から14型に変更した。ディスプレイ解像度は1,366×768ドットで変更はなく、液晶はノングレアを採用。バッテリ駆動時間は旧モデルの4.5時間から7.2時間に延長した。

 標準構成は、メモリ4GB、HDD 320GB。インターフェイスはUSB 3.0×1、USB 2.0×2、ミニD-Sub15ピン×1、HDMI出力×1、IEEE 802.11 b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、音声出入力、100万画素Webカメラ、SDカードスロット、Ethernetなど。OSはWindows 8.1(64bit)。税別価格は45,800円。BTOに対応し、メモリ2GBモデルは37,800円。SSDへの換装も可能。128GB SSD、メモリ4GBモデルが47,800円、256GB SSD、メモリ8GBモデルが57,800円。オプションでDVDスーパーマルチドライブも搭載可。

 本体サイズは約340×241×12〜24.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.7kg(光学ドライブを搭載する場合は約1.8kg)。

(関根 慎一)