ニュース

日本HP、AMD A4 Micro-6400T搭載のファンレス14型ノート

〜32GBのeMMCとOffice搭載で5万台

HP Stream 14

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、AMDのA4 Micro-6400T APU(1GHz、ビデオ機能内蔵)を搭載した14型ノートPC「HP Stream 14」シリーズを24日に発売する。

 直販モデルはOfficeなしで、税別価格39,800円、量販店モデルはOffice Personal 2013が付属し、価格はオープンプライス、税別店頭予想価格は5万円前後の見込み。

 クラウドサービスを多用する学生向けに、デザインやエンターテイメント性を盛り込みつつ、低価格を実現したコンセプトの製品。APUにAMDのタブレットA4 Micro-6400T、ストレージに32GB eMMCを採用するなど、タブレットのアーキテクチャを14型ノートに盛り込んだ。少ないストレージを補うために、100GB分のOneDriveの2年間利用権が添付する。

 A4 Micro-6400Tは定格1GHz、最大1.6GHzで駆動するクアッドコアSoC。日本HPによると同価格帯の製品(A4-1200/Celeron N2830など)と比較してプロセッサ性能/グラフィックス性能ともに高いとしている。本製品はこのSoCを採用することで、14型では珍しいファンレスを実現している。

 最薄部は17mm、重量は1.6kgと14型ノートとしては比較的薄型軽量。アルミニウム製の天板やパームレストを採用して質感を高めるとともに、店頭モデルではPCとしては珍しいネオンパープル色を底面に採用したモデルを用意するなど、デザインにこだわった。

 またBeatsAudioブランドのクアッドスピーカーを内蔵し、一人暮らしの学生が家で音楽や動画を楽しむといった用途も想定している。

 Officeの有無と本体色以外の仕様は直販/店頭モデルともに共通で、メモリ2GB、1,366×768ドット表示対応14型ワイド液晶ディスプレイ、OSにWindows 8.1 Update(64bit)を搭載する。

 インターフェイスは、USB 3.0、USB 2.0×2、HDMI出力、microSDカードスロット、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、92万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリは3セルリチウムポリマーで、駆動時間は約6.5時間。本体サイズは約346×240×17〜20.5mm(幅×奥行き×高さ)。

14型ノートPCとしては比較的薄型軽量
ネオンパープルモデルは底面が鮮やかな紫色となっている
ネオンパープルモデルでは、HPのロゴも紫がアクセントとなる
キーボードはテンキーがないものの、PageUp/Down/Home/Endなどが1列に並ぶ
14型ノートとしては珍しくmicroSDカードスロットを装備。これはタブレットアーキテクチャのためだろう
APUはクアッドコアで、GPUはRadeon R3グラフィックスを装備

(劉 尭)