ニュース

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ

〜手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

「iSense 3D Scanner」
6月25日(現地時間)発表

価格:499ドル

 米3D Systemsは25日(現地時間)、「iPad」に取り付ける事で、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表した。すでに予約を受け付けており、米国での価格は499ドル。出荷は7月下旬。なお、日本への出荷を受け付けているかは不明だが、サイトでは「55,900円」という日本円が表示され、日本対応ACコードも選択できる。

 iPadの背面に装着して使う外部カメラの構造となっており、専用のアプリを使って、被写体を取り囲むように全方位から撮影すると、被写体の3Dモデリングデータが生成される。撮影時には、被写体と背景を自動的に区別するようになっており、特に高度な編集を行なうことなく、対象物だけをスキャンできる。スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、その場からクラウド経由の3D印刷もできる。

 被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応し、靴などの小物から、自動車までスキャン可能としている。被写体までの距離は0.4〜3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。

 対応するのはiOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retina。本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3〜4時間の連続スキャンが可能。

(若杉 紀彦)