ニュース

ASUS、Adobe RGB対応24.1型WUXGA液晶や3万円台の27型IPS液晶など

〜計7モデルを一挙リリース

PA249Q
6月21日より順次発売

価格:オープンプライス

 ASUSは、Adobe RGB対応の24型WUXGA対応液晶などIPSパネル採用製品5モデルを含む、計7モデルの液晶ディスプレイを6月21日から順次発売する。価格はいずれもオープンプライス。

 「PA249Q」は、WUXGA(1,920×1,200ドット)表示に対応する24.1型のプロフェッショナルモデル。発売は7月上旬以降。店頭予想価格は69,800円前後の見込み。

 Adobe RGB 99%、sRGB 100%カバーの広色域対応で、対応表示色数は約10億7,374万色。階調は12bit LUTに対応する。また、全個体にキャリブレーションレポートを添付し、工場出荷時の最大色差(僞)は3以下。RGB/CMYの6色調整機能なども備える。

 また、複数入力系統のピクチャ・イン・ピクチャ表示やピクチャ・バイ・ピクチャ表示、画面上にグリッドを表示する「Quick Fit」機能などを備える。

 パネルはAH-IPSで視野角は上下/左右各178度。表面処理は非光沢。最大輝度は350cd/平方m、コントラスト比は1,000:1(最大8,000万:1)、応答速度は6ms(中間色)。インターフェイスはDVI-D、HDMI、DisplayPort、音声出力。4ポートのUSB 3.0 Hub機能も搭載する。

 スタンドは上20度/下5度のチルト調整、左右60度のスイベル調整、100mmの高さ調整、90度ピボットに対応。本体サイズは557.2×235×416.3mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約6.6kg。

 「VX279H」および「VX239H」は、いずれもフルHD(1,920×1,080ドット)表示対応で、前者が27型モデル、後者が23型モデルとなる。店頭予想価格は前者が35,800円前後、後者が22,800円前後。発売は6月21日。

 ベゼルとフレームの間が0.8mmという“フレームレスデザイン”を採用し、27型モデルで最薄部14.5mmの省スペースデザインなどを特徴とする。画面上にAimポインタやタイマーを表示する「GamePlus」機能なども搭載する。

 主なスペックは両モデル共通で、パネルはAH-IPSで視野角は上下/左右各178度。表面処理は非光沢。輝度は350cd/平方mm、コントラスト比は1,000:1(最大8,000万:1)、最大表示色数は約1,677万色、応答速度は5ms(中間色)。インターフェイスはミニD-Sub15ピン、HDMI×2(MHL対応)、音声入出力。VX279Hには1.5W×2、VX239Hには1W×2のスピーカーを内蔵する。スタンドは上20度/下5度のチルト調整に対応。

 本体サイズ/重量はVX279Hが622.6×210.1×441.3mm(同)/約4.6kg、VX239Hが532.9×210.1×389.8mm(同)/約3.8kg。

VX279H
VX239H

 このほか、6月21日に27型フルHD対応のTN液晶「VS279Q」を店頭予想価格32,800円前後、24.1型WUXGA対応IPS液晶「VS24AH」を同29,800円前後で発売。また、7月上旬以降にフルHD対応23型IPS液晶「VS239H-J」を同19,800円前後、フルHD対応21.5型TN液晶「VS228N」を同17,800前後で発売する。

(多和田 新也)