ニュース

USB 3.0 Promoter Group、転送レートを2倍の10Gbpsへ拡張

〜2013年半ばの規格策定を予定

1月6日(米国時間) 発表

 USB 3.0の技術開発と普及活動を行なう業界団体であるUSB 3.0 Promoter Groupは6日(米国時間)、USB 3.0(SuperSpeed USB)の規格拡張を行ない、転送レートを10Gbpsへ向上させる予定であることを発表した。

 現在、5GbpsとなっているUSB 3.0の最高転送レートを2倍の10Gbpsへ高速化する。また、データ符号化の改良でより高効率な転送が行なえることも目指すほか、コネクタ形状やプロトコルなどについては、従来のUSB 3.0やUSB 2.0と互換性を持つ。

 2013年第1四半期に業界内で調査/検討を行ない、2013年半ばには規格策定を完了する見込みとしている。

(多和田 新也)